HOME お役立ち情報、スキル
【パパママ応援団】西敬祐さん「自分の現役時代と比べないようにしています」
【パパママ応援団】西敬祐さん「自分の現役時代と比べないようにしています」

「子供のがんばりを応援したい!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。

そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう!

第15回目は、お子さんとは別の中学校で陸上コーチを務める西敬祐さんと息子の啓太君にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第15回 西敬祐さん/啓太君(中3)「自分の現役時代と比べないようにしています」

家族メモ
父の敬祐さんは啓太君が通う学校とは違う中学でコーチをしている陸上一家。試合の時はライバルでありながら、部活が休みの時はたまに一緒に練習しているとのこと。

Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと

親子で共通の話題が増えました。陸上競技を通して他校の友人や先輩、指導者の方と出会い、さまざまな考えに触れることで、人間的に成長したように思います。

Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは?

普段はなるべく好きなものを中心に、バランス良く食べさせるようにしています。幸い好き嫌いはあまりありませんし、お菓子はあまり食べません。好物は母親の作った宮崎の郷土料理「チキン南蛮」です。試合前は炭水化物を多めに摂取できるように、パスタやうどんを作っています。

息子の好物「チキン南蛮」です

Q.洗濯でのこだわり、気をつけていることは?

洗う回数が多く、すぐ傷むのでTシャツもネットに入れて洗うように息子から指示があります。特にお気に入りのウェアは丁寧に洗っています。

Q.陸上ならではの大変なこと、悩み

宮崎県内で大きな大会は遠方の競技場で行われることが多いので、朝が早いのが大変です。また2日間開催の大会だと宿泊になるのですが、最近は身体も大きくなりツインの部屋でないとゆっくり寝られません(小学生~中学2年生までは一緒に寝られていたのですが……)。

Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。

陸上関連の雑誌を定期購読しています。私がコーチをしている関係で、自宅に簡単なものから少し専門的な書籍を置いているので、子供もたまに読んでいるようです。最近は動画やSNSでも情報を得ています。

Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか

今のところできていると思います。学校の成績も良いとは言えませんが、1年生の頃から大きく下がることはありませんでした。兄と同じ部屋で気を遣うようなので、受験に向けて勉強に集中できるスペースを新たに用意しました。

Q.陸上のシューズやウェアはどこで購入していますか。

主にインターネットでの購入です。宮崎県は専門的なショップがあまりないので、たまに隣県まで行くこともあります。

Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?

私が他校のコーチをしているので、なかなか時間が合いませんが、休みの日に一緒に練習をすることはあります。どうしても自分が現役の時と比べがちになるので、なるべく言わないようにしていますが、なかなか難しいです。

Q.陸上初心者パパママへのアドバイスをお願いします!

試合の結果に対して、過度なダメ出しは避けたほうが良いと思います。多分言われている本人が一番わかっていると思うので。まずは、楽しむことを第一にし、陸上を好きになってもらってください。

西啓太(土々呂中3宮崎)

種目&自己記録
110mH 16秒28
100m  12秒21

Q.陸上を始めたきっかけ
6歳上の兄が、父親がコーチをしている陸上クラブに通っていたので、幼稚園生の頃から一緒についていってグラウンドで遊んでいるうちに、自然な流れで入部したのがきっかけです。

Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと
陸上を通して、県の合宿や合同練習会などでたくさんの友達ができたことです。また、小学生の頃のチームメイトとも男女問わず今でも仲良くしています。

Q.好きな選手、あこがれの選手は?
ジャマイカのアサファ・パウエル選手が大好きです。特にスタートの速さにあこがれます。ハードルの劉翔選手(中国)も大好きで、日本人選手では山縣亮太選手(セイコー)のファンです。

Q.今後の目標
まずは中学生のうちに100mで12秒を切ることです。そして今後競技を続けるために、ケガをしない身体作りをしていきたいです。

※情報は2023年9月20日時点

「子供のがんばりを応援したい!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。 そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう! 第15回目は、お子さんとは別の中学校で陸上コーチを務める西敬祐さんと息子の啓太君にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第15回 西敬祐さん/啓太君(中3)「自分の現役時代と比べないようにしています」

家族メモ 父の敬祐さんは啓太君が通う学校とは違う中学でコーチをしている陸上一家。試合の時はライバルでありながら、部活が休みの時はたまに一緒に練習しているとのこと。
Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと 親子で共通の話題が増えました。陸上競技を通して他校の友人や先輩、指導者の方と出会い、さまざまな考えに触れることで、人間的に成長したように思います。 Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは? 普段はなるべく好きなものを中心に、バランス良く食べさせるようにしています。幸い好き嫌いはあまりありませんし、お菓子はあまり食べません。好物は母親の作った宮崎の郷土料理「チキン南蛮」です。試合前は炭水化物を多めに摂取できるように、パスタやうどんを作っています。 [caption id="attachment_114730" align="alignnone" width="1024"] 息子の好物「チキン南蛮」です[/caption] Q.洗濯でのこだわり、気をつけていることは? 洗う回数が多く、すぐ傷むのでTシャツもネットに入れて洗うように息子から指示があります。特にお気に入りのウェアは丁寧に洗っています。 Q.陸上ならではの大変なこと、悩み 宮崎県内で大きな大会は遠方の競技場で行われることが多いので、朝が早いのが大変です。また2日間開催の大会だと宿泊になるのですが、最近は身体も大きくなりツインの部屋でないとゆっくり寝られません(小学生~中学2年生までは一緒に寝られていたのですが……)。 Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。 陸上関連の雑誌を定期購読しています。私がコーチをしている関係で、自宅に簡単なものから少し専門的な書籍を置いているので、子供もたまに読んでいるようです。最近は動画やSNSでも情報を得ています。 Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか 今のところできていると思います。学校の成績も良いとは言えませんが、1年生の頃から大きく下がることはありませんでした。兄と同じ部屋で気を遣うようなので、受験に向けて勉強に集中できるスペースを新たに用意しました。 Q.陸上のシューズやウェアはどこで購入していますか。 主にインターネットでの購入です。宮崎県は専門的なショップがあまりないので、たまに隣県まで行くこともあります。 Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか? 私が他校のコーチをしているので、なかなか時間が合いませんが、休みの日に一緒に練習をすることはあります。どうしても自分が現役の時と比べがちになるので、なるべく言わないようにしていますが、なかなか難しいです。 Q.陸上初心者パパママへのアドバイスをお願いします! 試合の結果に対して、過度なダメ出しは避けたほうが良いと思います。多分言われている本人が一番わかっていると思うので。まずは、楽しむことを第一にし、陸上を好きになってもらってください。

西啓太(土々呂中3宮崎)

種目&自己記録 110mH 16秒28 100m  12秒21 Q.陸上を始めたきっかけ 6歳上の兄が、父親がコーチをしている陸上クラブに通っていたので、幼稚園生の頃から一緒についていってグラウンドで遊んでいるうちに、自然な流れで入部したのがきっかけです。 Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと 陸上を通して、県の合宿や合同練習会などでたくさんの友達ができたことです。また、小学生の頃のチームメイトとも男女問わず今でも仲良くしています。 Q.好きな選手、あこがれの選手は? ジャマイカのアサファ・パウエル選手が大好きです。特にスタートの速さにあこがれます。ハードルの劉翔選手(中国)も大好きで、日本人選手では山縣亮太選手(セイコー)のファンです。 Q.今後の目標 まずは中学生のうちに100mで12秒を切ることです。そして今後競技を続けるために、ケガをしない身体作りをしていきたいです。 ※情報は2023年9月20日時点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top