HOME 特集

2023.09.20

【全日本実業団みどころ】桐生祥秀、山縣亮太、多田修平が激突!泉谷駿介が走幅跳、田中希実800mへ、前回快走の福部真子、児玉芽生ら参戦
【全日本実業団みどころ】桐生祥秀、山縣亮太、多田修平が激突!泉谷駿介が走幅跳、田中希実800mへ、前回快走の福部真子、児玉芽生ら参戦

全日本実業団選手権男子100mに出場する山縣亮太、桐生祥秀、多田修平

9月22日から24日まで、第71回全日本実業団対抗選手権が岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。今夏のブダペスト世界選手権、そしてこの後に控える杭州アジア大会の代表も多く参戦。注目選手をピックアップする。

男子/100mに桐生、多田、山縣、飯塚が登録

100mにはアジア大会代表の桐生祥秀(日本生命)が5月のケガから本格復帰。復調してきた東京五輪代表の多田修平(住友電工)、予備予選からとなるが日本記録9秒95を持つ山縣亮太(セイコー)も出場を予定している。さらに200mでブダペスト世界選手権に出場した飯塚翔太(ミズノ)も100mへ。豪華な顔ぶれがそろう。

200mにはブダペストのリレー代表に選出された水久保漱至(第一酒造)のほか、山下潤(ANA)、デーデー・ブルーノ(セイコー)、そして山縣もエントリーしている。また、ブダペスト世界選手権400mで44秒77の日本記録を樹立した佐藤拳太郎(富士通)も200mに登録した。

110mハードルにはパリ五輪の参加標準記録(13秒27)を突破済みの野本周成(愛媛陸協)、オレゴン世界選手権代表の石川周平(富士通)らが登場。10000m競歩には20km競歩で東京五輪&オレゴン世界選手権銀メダルの池田向希(旭化成)が参戦する。同種目にはブダペスト世界選手権代表の古賀友太(大塚製薬)、丸尾知司(愛知製鋼)も登録。リオ五輪入賞の松永大介(富士通)は今大会がラストウォークとなる。

走高跳はオレゴン世界選手権8位でブダペストにも出場した真野友博(九電工)、同じくブダペスト世界選手権代表の長谷川直人(新潟アルビレックスRC)が参戦。棒高跳は5m60の資格記録を持つ澤慎吾(きらぼし銀行)、石川拓磨(東京海上日動CS)、江島雅紀(富士通)らがエントリー。江島が出場するれば昨年の日本選手権以来の復帰戦となる。

走幅跳にはブダペストに出場した吉田弘道(Gulliver/神崎郡陸協)、東京五輪代表の津波響樹(大塚製薬)、小田大樹(ヤマダホールディングス)らがエントリー。注目なのが110mハードルで世界選手権5位、ダイヤモンドリーグ・ファイナル4位の泉谷駿介(住友電工)が今年も参戦すること。昨年は久々の走幅跳ながら自己新となる8m00(+0.3)で優勝を飾った。1年ぶりのロングジャンプでどんなパフォーマンスを見せるか。

ブダペスト世界選手権に出場した三段跳の池畠旭佳瑠(駿河台大AC)も好調。砲丸投はアジア選手権代表の奥村仁志(センコー)、岩佐隆時(Team SPP)、円盤投は幸長慎一(四国大職)、堤雄司(ALSOK群馬)、湯上剛輝(トヨタ自動車)は好記録の可能性を秘める。

オレゴン世界選手権9位、ブダペスト世界選手権代表のディーン元気(ミズノ)が出場。両大会代表の小椋健司(エイジェックスポーツ)、ブダペストに出場の﨑山雄太(愛媛県陸協)と現役トップ3が出場するやり投も見逃せない。

9月22日から24日まで、第71回全日本実業団対抗選手権が岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。今夏のブダペスト世界選手権、そしてこの後に控える杭州アジア大会の代表も多く参戦。注目選手をピックアップする。

男子/100mに桐生、多田、山縣、飯塚が登録

100mにはアジア大会代表の桐生祥秀(日本生命)が5月のケガから本格復帰。復調してきた東京五輪代表の多田修平(住友電工)、予備予選からとなるが日本記録9秒95を持つ山縣亮太(セイコー)も出場を予定している。さらに200mでブダペスト世界選手権に出場した飯塚翔太(ミズノ)も100mへ。豪華な顔ぶれがそろう。 200mにはブダペストのリレー代表に選出された水久保漱至(第一酒造)のほか、山下潤(ANA)、デーデー・ブルーノ(セイコー)、そして山縣もエントリーしている。また、ブダペスト世界選手権400mで44秒77の日本記録を樹立した佐藤拳太郎(富士通)も200mに登録した。 110mハードルにはパリ五輪の参加標準記録(13秒27)を突破済みの野本周成(愛媛陸協)、オレゴン世界選手権代表の石川周平(富士通)らが登場。10000m競歩には20km競歩で東京五輪&オレゴン世界選手権銀メダルの池田向希(旭化成)が参戦する。同種目にはブダペスト世界選手権代表の古賀友太(大塚製薬)、丸尾知司(愛知製鋼)も登録。リオ五輪入賞の松永大介(富士通)は今大会がラストウォークとなる。 走高跳はオレゴン世界選手権8位でブダペストにも出場した真野友博(九電工)、同じくブダペスト世界選手権代表の長谷川直人(新潟アルビレックスRC)が参戦。棒高跳は5m60の資格記録を持つ澤慎吾(きらぼし銀行)、石川拓磨(東京海上日動CS)、江島雅紀(富士通)らがエントリー。江島が出場するれば昨年の日本選手権以来の復帰戦となる。 走幅跳にはブダペストに出場した吉田弘道(Gulliver/神崎郡陸協)、東京五輪代表の津波響樹(大塚製薬)、小田大樹(ヤマダホールディングス)らがエントリー。注目なのが110mハードルで世界選手権5位、ダイヤモンドリーグ・ファイナル4位の泉谷駿介(住友電工)が今年も参戦すること。昨年は久々の走幅跳ながら自己新となる8m00(+0.3)で優勝を飾った。1年ぶりのロングジャンプでどんなパフォーマンスを見せるか。 ブダペスト世界選手権に出場した三段跳の池畠旭佳瑠(駿河台大AC)も好調。砲丸投はアジア選手権代表の奥村仁志(センコー)、岩佐隆時(Team SPP)、円盤投は幸長慎一(四国大職)、堤雄司(ALSOK群馬)、湯上剛輝(トヨタ自動車)は好記録の可能性を秘める。 オレゴン世界選手権9位、ブダペスト世界選手権代表のディーン元気(ミズノ)が出場。両大会代表の小椋健司(エイジェックスポーツ)、ブダペストに出場の﨑山雄太(愛媛県陸協)と現役トップ3が出場するやり投も見逃せない。

女子/福部、寺田、田中ら豪華100mH陣に注目

最も注目を集めるのは100mハードル。昨年のこの大会で12秒73の日本記録を樹立した福部真子(日本建設工業)のほか、ブダペスト世界選手権に出場した寺田明日香(ジャパンクリエイト)、田中佑美(富士通)が出場予定だ。さらに今季12秒台に突入した清山ちさと(いちご)も登録。なお、青木益未(七十七銀行)は100mと4×100mリレーに出場を予定している。 100m、200mは兒玉芽生(ミズノ)が登録。春はケガで日本選手権も欠場するなどしたが、9月に11秒67、200m23秒83と復調してきた。前回、100mで日本歴代2位となる11秒24をマーク。験の良い競技場で復活の走りが見られるか。 200mでブダペスト世界選手権にも出場した鶴田玲美(南九州ファミリーマート)、社会人ルーキーの青野朱李(NDソフト)、齋藤愛美(大阪成蹊AC)らも有力。200mと400mに出る久保山晴菜(今村病院)、松本奈菜子(東邦銀行)にも注目だ。 1500mと5000mの日本記録保持者・田中希実(New Balance)は800mにエントリー。5000mでブダペスト世界選手権、ダイヤモンドリーグと昨年までの日本記録を上回る快走を見せ、14分29秒18の日本新を樹立した。800mでは日本歴代5位の2分02秒36がベスト。日本人初の1分台も視野に入る。日本選手権優勝の池崎愛里(ダイソー)、川田朱夏(ニコニコのり)ら“本職”も黙ってはいられない。 1500mにはブダペスト世界選手権代表の後藤夢(ユニクロ)、ブダペスト世界選手権代表の卜部蘭(積水化学)らがエントリーしている。10000mにはオレゴン・ブダペストと2大会で世界選手権代表となった五島莉乃(資生堂)が出場する。 昨年のオレゴン世界選手権に3000m障害で出場した山中柚乃(愛媛銀行)が、久しぶりに3000m障害にエントリー。この種目での記録向上を見据えて前半シーズンはフラットレースに注力した。その成果がどう現われるか注目が集まる。 走高跳は今季好調の髙橋渚(メイスンワーク)の一強状態だが、津田シェリアイ(築地銀だこ)が復活すればさらに高くバーは上がるかもしれない。棒高跳は今年4m41の日本記録を樹立した諸田実咲(アットホーム)にさらなる記録更新が期待できる。 走幅跳は社会人ルーキーの髙良彩花(JAL)に注目。三段跳にはブダペスト世界選手権代表の髙島真織子(九電工)がエントリーしている。 円盤投で59m03の日本記録を持つ郡菜々佳(新潟アルビレックスRC)は円盤投と砲丸投に登録。やり投にはブダペスト世界選手権代表の上田百寧(ゼンリン)、オレゴン代表の武本紗栄(Team SPP)、ドーハ世界選手権代表の佐藤友佳(ニコニコのり)と日本代表経験者がズラリ。61m10を持つ長麻尋(国士舘クラブ)も含めてビッグアーチが見られるか。 大会の模様は3日間ともYouTube「TBS陸上ちゃんねる」でライブ配信。観戦チケットはチケットぴあ、または当日券として購入できる。 来年のパリ五輪も見据えた重要な一戦。シーズンラストとも言える大一番に注目だ。 大会公式サイト youtube「TBS陸上ちゃんねる」

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top