HOME 国内、特集、世界陸上、日本代表
【高平慎士の視点】パリ五輪への兆しを感じた男子4×100mR 世界の水準向上の中でメダルを取る戦略を/世界陸上
【高平慎士の視点】パリ五輪への兆しを感じた男子4×100mR 世界の水準向上の中でメダルを取る戦略を/世界陸上

5位に入賞した男子4×100mRの4走サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)

ハンガリー・ブダペストで開催されている第19回世界選手権(8月19日~27日)で行われた男子4×100mリレー。日本は坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)、小池祐貴(住友電工)、サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)のオーダーで予選を37秒71で3着通過し、決勝は37秒83で5位入賞を果たした。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、そのレースを振り返ってもらった。

◇ ◇ ◇

広告の下にコンテンツが続きます

まずは、2021年東京五輪の決勝途中棄権、22年オレゴン世界選手権の予選失格を経て、ファイナル、そして入賞に復帰することができました。これは大事にしないといけないと思います。

7月のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会でタイムを出せないと、この大会に出場することすらできませんでした。そういういった崖っぷちの状況から、メダル争いができるまでになったことは、評価できます。

そのうえで、世界の上位国が固まりながらも、新しい国も出てきて、出場16ヵ国のどこにもメダルのチャンスがあるというレベルの中では、やはり失敗は許されません。3走の小池選手から4走のサニブラウン選手へのバトンパスでミスが出たこと、予選3着から9レーンになったことなど、この結果からパリ五輪にどうつなげていくのか。日本として考えていく必要があるでしょう。

全体としては、今の力を発揮したレースになったと思います。サニブラウン選手が、今大会5本目をしっかりと走り切りました。バトンパスさえ問題なければ銅メダルは確実、銀メダルの可能性も十分にあったでしょう。ということは、3走までにいい位置でもってくればメダル争いができるということです。

広告の下にコンテンツが続きます

1走の坂井選手も、今の状態の中ではやるべきことはやれたと思います。後半の失速はありましたが、コンディションがもっと上がれば改善できる部分です。

栁田選手が、日本の2走を任せられる存在になったのは一番の収穫でしょう。私の時代の末續慎吾さんのような安定感をさらに見せられるようになれば、しばらく2走を任せられる選手の有力候補。米国のフレッド・カーリー、イタリアのラモント・マルセル・ジェイコブスら世界トップスプリンターを相手に、「自分がどうにかしよう」と思っても簡単にはできない区間です。2走は「耐える」ことが必要。その役割を十分に果たせたのではないかと感じました。

小池選手も、しっかりとつないだと思います。内側から攻められたといった印象はそこまでありませんでした。接触があったとのことですが、東京五輪も含め、近年はそういったことを想定した準備が必要になっていることは否めません。アクシデントに対して対応する力も求められます。

5位を「悔しい」と言える位置まで、戻ることができました。そして、「十分に戦える」こともわかりました。とはいえ、世界のレベルも前述のように上がっています。

広告の下にコンテンツが続きます

米国は個々の走力では手が付けられないレベルですし、昨年は落ち込んだ東京五輪王者のイタリアも、銀メダルまで持ち直してきました。若手が育つジャマイカや、英国、フランス、南アフリカ、ブラジル、今回は予選落ちでしたが実績のあるカナダ、トリニダードトバゴらを相手に、メダル争いを続けていくためには、なにをすべきか。やはり、世界の情勢を把握して戦略を立て、それを実行していくことが求められます。

もちろん、個々の走力アップが欠かせないことは間違いありません。それに加えて、バトンパスの“実行力”をさらに追及する必要があるでしょう。大事な場面で「当たり前のことを当たり前にやる」ことの大切さは、今回も改めて感じさせられました。

パリ五輪の出場権は、出場16ヵ国中の14ヵ国が来年5月の世界リレー(バハマ・ナッソー)で決まります。個人での代表争いの中で、リレーにどれだけの価値を示し、チームジャパンが一丸となって同じ方向を目指していけるのか。その構想をどのように練っていくのか。

若手が世界の経験を積み、これまで日本の4×100mリレーを牽引してきた桐生祥秀選手(日本生命)、山縣亮太選手(セイコー)、多田修平選手(住友電工)らがメンバー争いに加われば、さらに戦力に厚みを増します。さらなる若手の台頭もあるでしょう。

広告の下にコンテンツが続きます

パリ五輪に向けて、いい形で進んでいってほしいと願います。

ハンガリー・ブダペストで開催されている第19回世界選手権(8月19日~27日)で行われた男子4×100mリレー。日本は坂井隆一郎(大阪ガス)、栁田大輝(東洋大)、小池祐貴(住友電工)、サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)のオーダーで予選を37秒71で3着通過し、決勝は37秒83で5位入賞を果たした。2008年北京五輪4×100mリレー銀メダリストの高平慎士さん(富士通一般種目ブロック長)に、そのレースを振り返ってもらった。 ◇ ◇ ◇ まずは、2021年東京五輪の決勝途中棄権、22年オレゴン世界選手権の予選失格を経て、ファイナル、そして入賞に復帰することができました。これは大事にしないといけないと思います。 7月のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会でタイムを出せないと、この大会に出場することすらできませんでした。そういういった崖っぷちの状況から、メダル争いができるまでになったことは、評価できます。 そのうえで、世界の上位国が固まりながらも、新しい国も出てきて、出場16ヵ国のどこにもメダルのチャンスがあるというレベルの中では、やはり失敗は許されません。3走の小池選手から4走のサニブラウン選手へのバトンパスでミスが出たこと、予選3着から9レーンになったことなど、この結果からパリ五輪にどうつなげていくのか。日本として考えていく必要があるでしょう。 全体としては、今の力を発揮したレースになったと思います。サニブラウン選手が、今大会5本目をしっかりと走り切りました。バトンパスさえ問題なければ銅メダルは確実、銀メダルの可能性も十分にあったでしょう。ということは、3走までにいい位置でもってくればメダル争いができるということです。 1走の坂井選手も、今の状態の中ではやるべきことはやれたと思います。後半の失速はありましたが、コンディションがもっと上がれば改善できる部分です。 栁田選手が、日本の2走を任せられる存在になったのは一番の収穫でしょう。私の時代の末續慎吾さんのような安定感をさらに見せられるようになれば、しばらく2走を任せられる選手の有力候補。米国のフレッド・カーリー、イタリアのラモント・マルセル・ジェイコブスら世界トップスプリンターを相手に、「自分がどうにかしよう」と思っても簡単にはできない区間です。2走は「耐える」ことが必要。その役割を十分に果たせたのではないかと感じました。 小池選手も、しっかりとつないだと思います。内側から攻められたといった印象はそこまでありませんでした。接触があったとのことですが、東京五輪も含め、近年はそういったことを想定した準備が必要になっていることは否めません。アクシデントに対して対応する力も求められます。 5位を「悔しい」と言える位置まで、戻ることができました。そして、「十分に戦える」こともわかりました。とはいえ、世界のレベルも前述のように上がっています。 米国は個々の走力では手が付けられないレベルですし、昨年は落ち込んだ東京五輪王者のイタリアも、銀メダルまで持ち直してきました。若手が育つジャマイカや、英国、フランス、南アフリカ、ブラジル、今回は予選落ちでしたが実績のあるカナダ、トリニダードトバゴらを相手に、メダル争いを続けていくためには、なにをすべきか。やはり、世界の情勢を把握して戦略を立て、それを実行していくことが求められます。 もちろん、個々の走力アップが欠かせないことは間違いありません。それに加えて、バトンパスの“実行力”をさらに追及する必要があるでしょう。大事な場面で「当たり前のことを当たり前にやる」ことの大切さは、今回も改めて感じさせられました。 パリ五輪の出場権は、出場16ヵ国中の14ヵ国が来年5月の世界リレー(バハマ・ナッソー)で決まります。個人での代表争いの中で、リレーにどれだけの価値を示し、チームジャパンが一丸となって同じ方向を目指していけるのか。その構想をどのように練っていくのか。 若手が世界の経験を積み、これまで日本の4×100mリレーを牽引してきた桐生祥秀選手(日本生命)、山縣亮太選手(セイコー)、多田修平選手(住友電工)らがメンバー争いに加われば、さらに戦力に厚みを増します。さらなる若手の台頭もあるでしょう。 パリ五輪に向けて、いい形で進んでいってほしいと願います。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top