HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子4×100mRの日本は悔しい5位 サニブラウン「五輪、東京で金メダルが取れるように」/世界陸上
男子4×100mRの日本は悔しい5位 サニブラウン「五輪、東京で金メダルが取れるように」/世界陸上

男子4×100mRで5位入賞となった日本。3走の小池から4走のサニブラウンへのパスがわずかに乱れた

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)8日目

目指していたものに届かなかった。男子4×100mリレー決勝で、日本は37秒83で5位。1走の坂井隆一郎(大阪ガス)は「メダルを狙っていたので悔しいレース」と肩を落とした。

日本にとって上位進出にもっとも重要なバトンパスが乱れた。3走・小池祐貴(住友電工)からアンカーのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)にバトンが渡るところで距離が遠くなり、サニブラウンが後ろを振り返って受けた。

その間に米国やイタリア、ジャマイカ、英国との差が広がる。予選で出した37秒71からタイムを落とし、2019年ドーハ大会の銅メダル以来となる表彰台とはならなかった。

ただ、体調不良者が出るなどしてベストメンバーが組めず、さらにバトンパスのミスで予選失格に終わった前回のオレゴン大会と比べれば、入賞というかたちは残した。小池は「攻めたところでうまくいかないこともあって悔しい気持ちもあるけど、チームとしてピークを持ってくることはできた。それは良かったのではないかと思う」と語った。サニブラウンも「みんなやるべきことをやって臨んだ」と言う。

結果は実らず、出直しを誓う。前回の100m金メダルのカーリー(米国)や21年東京五輪100m金のジェイコブス(イタリア)、今大会100m銅メダルのヒューズ(英国)、同4位のセヴィル(ジャマイカ)と同じ2走を務めた栁田大輝(東洋大)は「まだまだ力をつけたい」と前を向いた。

「この悔しい気持ちを生かして、オリンピックや東京世界陸上もあるので、次は金メダルを取れるように頑張りたい」とサニブラウン。今大会の個人種目を含めて「まだまだ満足していない。やるべきことは多い」と総括した。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)8日目 目指していたものに届かなかった。男子4×100mリレー決勝で、日本は37秒83で5位。1走の坂井隆一郎(大阪ガス)は「メダルを狙っていたので悔しいレース」と肩を落とした。 日本にとって上位進出にもっとも重要なバトンパスが乱れた。3走・小池祐貴(住友電工)からアンカーのサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)にバトンが渡るところで距離が遠くなり、サニブラウンが後ろを振り返って受けた。 その間に米国やイタリア、ジャマイカ、英国との差が広がる。予選で出した37秒71からタイムを落とし、2019年ドーハ大会の銅メダル以来となる表彰台とはならなかった。 ただ、体調不良者が出るなどしてベストメンバーが組めず、さらにバトンパスのミスで予選失格に終わった前回のオレゴン大会と比べれば、入賞というかたちは残した。小池は「攻めたところでうまくいかないこともあって悔しい気持ちもあるけど、チームとしてピークを持ってくることはできた。それは良かったのではないかと思う」と語った。サニブラウンも「みんなやるべきことをやって臨んだ」と言う。 結果は実らず、出直しを誓う。前回の100m金メダルのカーリー(米国)や21年東京五輪100m金のジェイコブス(イタリア)、今大会100m銅メダルのヒューズ(英国)、同4位のセヴィル(ジャマイカ)と同じ2走を務めた栁田大輝(東洋大)は「まだまだ力をつけたい」と前を向いた。 「この悔しい気持ちを生かして、オリンピックや東京世界陸上もあるので、次は金メダルを取れるように頑張りたい」とサニブラウン。今大会の個人種目を含めて「まだまだ満足していない。やるべきことは多い」と総括した。

【動画】日本は悔しい5位!米国のライルズは3冠!男子4×100mRをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top