HOME 国内、世界陸上、日本代表
田中希実5000m8位入賞!「世界トップの仲間入りできた」記録、結果以上に得た確かな自信/世界陸上
田中希実5000m8位入賞!「世界トップの仲間入りできた」記録、結果以上に得た確かな自信/世界陸上

女子5000m8位の田中希実。世界の名だたるランナーたちに引けを取らない走りを見せた

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)8日目

ブダペスト世界陸上8日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子5000mで田中希実(New Balance)が8位入賞。この種目の入賞は1997年アテネ五輪の弘山晴美以来、26年ぶりとなった。

14分37秒98の日本記録を樹立した予選とは、また違った“凄み”が凝縮された5000mだった。「予選のように最初から誰かがハイペースで行くかもしれないし、去年のオレゴンのように超スローペースかもしれない」。その両方を想定したが、実際には「こんなに変化に富んだ展開になるとは思わなかった」と苦笑いする。

上がったと思ったら一気にスローに下がる。そうしたなか、「本当に動くのはラスト」とじっくり様子をうかがいながら、「団子になったら消耗になる」と、1500mで準決勝敗退の教訓を生かしてレースを進める。

アフリカ勢の揺さぶりにもしっかり対応すると、常に入賞ラインを見据える田中。ラスト勝負でメダル争いにはつけなかったが、磨いてきたスパートは世界に通用した。一時は6位にまで浮上。ラストかわされたことに「抜かれながら何とか……というのは東京五輪と似たシチュエーション。もっと最後まで追い上げていくようなラストの上がり方をしたかった」と言うものの、最後まで粘り切って8位入賞を死守した。

1500m準決勝敗退の後は「むなしい」気持ちばかりが募った。「5000mを走っても無駄なんじゃないか」とさえ思ったという。そんな田中に対し、父の健智コーチとも衝突し、「チームを解散する」と突き放された。「雰囲気も悪かったと思いますし、その発端は自分。自業自得を繰り返した」。

ただ、同行してくれたマネージャーやチームスタッフ、日本にいる友人に連絡しながら消化していき、「最後は父が手を差し伸べてくれた」。そこから、覚醒し、予選の日本新、そして決勝の熱走へ。

「実力を自分で信じられないことが続いていましたが、今回はそこを乗り越えての結果。本当の意味で世界トップの仲間入りができたんじゃないかなと思います。2度と忘れられない経験。本当に自分が成長するきっかけになった大会になりました」

田中の競技人生にとって、この数日間は大きなターニングポイントになりそうだ。

「パリ五輪でも2種目で狙いたいと思っているので、今度こそ2種目とも決勝に残って、自分でレースを動かしていけるような強さを持って戻ってきたい」

あれほど走ることが好きで、「昨日の自分より速くなりたい」と駆け抜けてきた田中が、昨年のオレゴン、そして今年の春は、何度も「楽しめていない」とこぼしていた。

記録も、結果も得たブダペスト。「今日はすごく楽しめました」。少しの悔しさと充実感たっぷりの表情で2023年の夏は幕を閉じた。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)8日目 ブダペスト世界陸上8日目のアフタヌーンセッションが行われ、女子5000mで田中希実(New Balance)が8位入賞。この種目の入賞は1997年アテネ五輪の弘山晴美以来、26年ぶりとなった。 14分37秒98の日本記録を樹立した予選とは、また違った“凄み”が凝縮された5000mだった。「予選のように最初から誰かがハイペースで行くかもしれないし、去年のオレゴンのように超スローペースかもしれない」。その両方を想定したが、実際には「こんなに変化に富んだ展開になるとは思わなかった」と苦笑いする。 上がったと思ったら一気にスローに下がる。そうしたなか、「本当に動くのはラスト」とじっくり様子をうかがいながら、「団子になったら消耗になる」と、1500mで準決勝敗退の教訓を生かしてレースを進める。 アフリカ勢の揺さぶりにもしっかり対応すると、常に入賞ラインを見据える田中。ラスト勝負でメダル争いにはつけなかったが、磨いてきたスパートは世界に通用した。一時は6位にまで浮上。ラストかわされたことに「抜かれながら何とか……というのは東京五輪と似たシチュエーション。もっと最後まで追い上げていくようなラストの上がり方をしたかった」と言うものの、最後まで粘り切って8位入賞を死守した。 1500m準決勝敗退の後は「むなしい」気持ちばかりが募った。「5000mを走っても無駄なんじゃないか」とさえ思ったという。そんな田中に対し、父の健智コーチとも衝突し、「チームを解散する」と突き放された。「雰囲気も悪かったと思いますし、その発端は自分。自業自得を繰り返した」。 ただ、同行してくれたマネージャーやチームスタッフ、日本にいる友人に連絡しながら消化していき、「最後は父が手を差し伸べてくれた」。そこから、覚醒し、予選の日本新、そして決勝の熱走へ。 「実力を自分で信じられないことが続いていましたが、今回はそこを乗り越えての結果。本当の意味で世界トップの仲間入りができたんじゃないかなと思います。2度と忘れられない経験。本当に自分が成長するきっかけになった大会になりました」 田中の競技人生にとって、この数日間は大きなターニングポイントになりそうだ。 「パリ五輪でも2種目で狙いたいと思っているので、今度こそ2種目とも決勝に残って、自分でレースを動かしていけるような強さを持って戻ってきたい」 あれほど走ることが好きで、「昨日の自分より速くなりたい」と駆け抜けてきた田中が、昨年のオレゴン、そして今年の春は、何度も「楽しめていない」とこぼしていた。 記録も、結果も得たブダペスト。「今日はすごく楽しめました」。少しの悔しさと充実感たっぷりの表情で2023年の夏は幕を閉じた。

【動画】田中希実 日本人26年ぶりの入賞!女子5000mダイジェスト

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

110mH村竹ラシッド パリ五輪の決勝で勝負!DLなど経験し「実力を発揮できるようになってきた」

男子110mハードルの日本記録保持者でパリ五輪代表の村竹ラシッド(JAL)が、練習拠点としている母校・順大で練習を公開した。 日本選手権を初優勝して初五輪を決めた村竹。その後はダイヤモンドリーグ(DL)パリ大会に出場し、 […]

NEWS 三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top