HOME 国内、世界陸上、日本代表、海外
リチャードソンが逆境乗り越え女子100m制覇 男子円盤投はストールが劇的大会新V/世界陸上Day3
リチャードソンが逆境乗り越え女子100m制覇 男子円盤投はストールが劇的大会新V/世界陸上Day3

世界選手権初出場で初優勝を飾った女子100mのリチャードソン

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)3日目

ブダペスト世界選手権3日目が行われ、女子100m決勝はシャカリ・リチャードソン(米国)が世界歴代5位タイの10秒65(-0.2)で優勝を果たし、初のスプリント女王の座についた。

7月の全米選手権予選で10秒71の今季最高を出し、優勝候補としてブダペストに乗り込んでいたリチャードソン。準決勝ではスタートで出遅れてしまうアクシデントもあったが、後半に猛烈な追い込みでなんとか10秒84(-0.4)の3着で決勝に滑り込んだ。

迎えた決勝は大外の9レーンからのスタート。序盤は、6度目の優勝を目指したシェリー・アン・フレイザー・プライスと、前回2位のシェリカ・ジャクソンのジャマイカ勢が先行した。しかし、準決勝同様に60m付近からトップスピードに乗ったリチャードソンがフィニッシュ手前で2人をかわしてフィニッシュ。金メダル確定を知ると飛び跳ねて喜びを表した。

リチャードソンは23歳。19歳だった19年に200mでU20世界記録(当時)となる22秒17を樹立し、100mも10秒75(U20記録としては非公認)をマークして注目を浴びた。

順調なスター街道を歩むかに思われたが、21年の全米選手権100mで初優勝を飾った際のドーピング検査でマリファナの使用が発覚。大会は失格扱いとなり、東京五輪の代表資格も失った。

マリファナもドーピングの対象薬物だが、リチャードソンは競技力向上ではなく、生母の死去の悲しみを紛らわすために使用したと告白。全米反ドーピング機関(USADA)のカウンセリングプログラムを受けて、資格停止期間が1ヵ月に短縮された。それでも、昨年の全米選手権でも予選で敗退。オレゴン世界選手権の出場も逃したため、その実力を疑う声も少なくなかった。

だが、今季はダイヤモンドリーグで2勝を果たし、全米選手権では予選で10秒71のベストと着実に成長。初のシニア世界大会となった今大会で一気に頂点へと駆け上がった。

「決勝は良いスタートが切れたし、自分のベストを引き出すことができた。私は戻ってきたわけではない、より強くなったのだ。そしてこれからも強くなるだろう」と新女王は喜びを語った。

10秒72で2位となったジャクソンは「できる限りのことはやってきたが……」と言葉少なに会場を後にした。一方、10秒77で3位のフレイザー・プライスは「シャカリとシェリカ、おめでとう!本当に素晴らしいレースだった。前回、私が作った大会記録がもう破られたことはすごいことだと思う」と勝者を称えている。

男子円盤投では最終投てきの逆転劇となり、5回目終了時点で2位だった前回金メダリストのクリストヤン・チェー(スロベニア)が、6回目に70m02を投げてトップに浮上。しかし、逆転された前々回優勝者のダニエル・ストール(スウェーデン)が71m46の大会新スローで再逆転し、2大会ぶり2回目の優勝を果たした。

男子三段跳でもユーグ・ファブリス・ザンゴ(ブルキナファソ)が5回目に17m64(-0.3)を跳んで逆転で優勝。前々回銅メダル、前回銀メダルからさらに順位を上げて、母国に初の金メダルをもたらした。

このほか、男子110mハードルではグラント・ホロウェイ(米国)が12秒96(±0)で圧勝している。

日本勢では男子100mハードルで泉谷駿介(住友電工)が日本人初入賞となる5位。同400mハードルの黒川和樹(法大)は48秒58の日本歴代6位の好タイムをマークした。

4日目も午後セッションのみとなり、赤松諒一(アワーズ)が出場する男子走高跳や三浦龍司(順大)と青木涼真(Honda)が臨む男子3000m障害など決勝4種目が行われる。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)3日目 ブダペスト世界選手権3日目が行われ、女子100m決勝はシャカリ・リチャードソン(米国)が世界歴代5位タイの10秒65(-0.2)で優勝を果たし、初のスプリント女王の座についた。 7月の全米選手権予選で10秒71の今季最高を出し、優勝候補としてブダペストに乗り込んでいたリチャードソン。準決勝ではスタートで出遅れてしまうアクシデントもあったが、後半に猛烈な追い込みでなんとか10秒84(-0.4)の3着で決勝に滑り込んだ。 迎えた決勝は大外の9レーンからのスタート。序盤は、6度目の優勝を目指したシェリー・アン・フレイザー・プライスと、前回2位のシェリカ・ジャクソンのジャマイカ勢が先行した。しかし、準決勝同様に60m付近からトップスピードに乗ったリチャードソンがフィニッシュ手前で2人をかわしてフィニッシュ。金メダル確定を知ると飛び跳ねて喜びを表した。 リチャードソンは23歳。19歳だった19年に200mでU20世界記録(当時)となる22秒17を樹立し、100mも10秒75(U20記録としては非公認)をマークして注目を浴びた。 順調なスター街道を歩むかに思われたが、21年の全米選手権100mで初優勝を飾った際のドーピング検査でマリファナの使用が発覚。大会は失格扱いとなり、東京五輪の代表資格も失った。 マリファナもドーピングの対象薬物だが、リチャードソンは競技力向上ではなく、生母の死去の悲しみを紛らわすために使用したと告白。全米反ドーピング機関(USADA)のカウンセリングプログラムを受けて、資格停止期間が1ヵ月に短縮された。それでも、昨年の全米選手権でも予選で敗退。オレゴン世界選手権の出場も逃したため、その実力を疑う声も少なくなかった。 だが、今季はダイヤモンドリーグで2勝を果たし、全米選手権では予選で10秒71のベストと着実に成長。初のシニア世界大会となった今大会で一気に頂点へと駆け上がった。 「決勝は良いスタートが切れたし、自分のベストを引き出すことができた。私は戻ってきたわけではない、より強くなったのだ。そしてこれからも強くなるだろう」と新女王は喜びを語った。 10秒72で2位となったジャクソンは「できる限りのことはやってきたが……」と言葉少なに会場を後にした。一方、10秒77で3位のフレイザー・プライスは「シャカリとシェリカ、おめでとう!本当に素晴らしいレースだった。前回、私が作った大会記録がもう破られたことはすごいことだと思う」と勝者を称えている。 男子円盤投では最終投てきの逆転劇となり、5回目終了時点で2位だった前回金メダリストのクリストヤン・チェー(スロベニア)が、6回目に70m02を投げてトップに浮上。しかし、逆転された前々回優勝者のダニエル・ストール(スウェーデン)が71m46の大会新スローで再逆転し、2大会ぶり2回目の優勝を果たした。 男子三段跳でもユーグ・ファブリス・ザンゴ(ブルキナファソ)が5回目に17m64(-0.3)を跳んで逆転で優勝。前々回銅メダル、前回銀メダルからさらに順位を上げて、母国に初の金メダルをもたらした。 このほか、男子110mハードルではグラント・ホロウェイ(米国)が12秒96(±0)で圧勝している。 日本勢では男子100mハードルで泉谷駿介(住友電工)が日本人初入賞となる5位。同400mハードルの黒川和樹(法大)は48秒58の日本歴代6位の好タイムをマークした。 4日目も午後セッションのみとなり、赤松諒一(アワーズ)が出場する男子走高跳や三浦龍司(順大)と青木涼真(Honda)が臨む男子3000m障害など決勝4種目が行われる。

【動画】大外から強烈な追い込み!大会新が誕生した女子100m

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

NEWS 全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

2024.06.24

全米最速はライルズ!自己タイ9秒83で100m初の五輪切符 2位ベドナレク、3位カーリーが代表入り 4位コールマン落選/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6月21~30日/米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100mはノア・ライルズが自己タイの9秒83(+0.4)で制し、この種目で初の五輪出場権を手に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top