HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子20km競歩王者・山西利和3連覇ならず24位「レースペースへの余裕がなかった」/世界陸上
男子20km競歩王者・山西利和3連覇ならず24位「レースペースへの余裕がなかった」/世界陸上

男子20kmで3連覇を狙った山西利和は中盤から遅れ、24位でのフィニッシュとなった

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)1日目

ブダペスト世界陸上1日目のモーニングセッションが行われ、男子20km競歩に出場した山西利和(愛知製鋼)が1時間21分39秒で24位にとどまり、同種目史上2人目の3連覇はならなかった。

広告の下にコンテンツが続きます

「弱すぎて……」。これがフィニッシュ後の王者の第一声。それほど、力を発揮し切れないレースだった。

雷雨によるスタートの遅れは「一切関係ない」ときっぱり。だが、池田向希(旭化成)が飛び出す展開についていかず、2位集団に控えながらも動きや表情の硬さが見られた。実際、「レースペースに対して余裕が持てていなかった」と振り返る。

7㎞過ぎから2位集団からも遅れ気味となり、そのまま立て直しも利かずにズルズルと後退。最後は優勝したアルヴァロ・マルティン(スペイン)に周回遅れにまでされた。フィニッシュ後、コースに向かって一礼した山西は、「自分の中で説明がつかない。ちょっと残念」と首をひねった。

それでも原因を探るうちに、たどり着いた一つの答えが、「年間を通してレースペース、4分を切るペースでの練習の回数、距離が足りなかった」ということ。今年初戦が5月にずれ込むなど、「例年なら2月の日本選手権に向けて、12月から2月にかけて準備するが、そこができていなかった。(原因を)たどっていけば、そういうのがあるのかもしれない」。

広告の下にコンテンツが続きます

「この数ヵ月のコンディショニングはほぼ間違いなかった」が、レースペースで20kmを歩き切る体力を作り切れなかった山西にとって、優勝タイムが大会記録に11秒と迫る1時間17分32秒とハイペースになったことも、災いしたか。ただ、それが今の世界と日本との差と山西は受け止める。

「僕が日本人最下位なので何も言えないが、メダルなしは由々しき事態。ただ、池田の前半は彼の決意を見た。僕も日本選手権で代表権にチャレンジしないといけない立場になる。同時に日本の中で勝負していても世界と戦えないとわかった。どうやって世界と勝負するか、日本チームとしても考えないといけない」

再び世界と戦うために、やるべきことは「小手先の技術じゃない。体力を根本的につけていくしかない」ときっぱり。「また、前に向けての気持ちのセットをもう1回やり直す」ことから始め、「ここからの行動や取り組みを変えていくしかない」と山西。王座奪還への道のりが、ここから始まる。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)1日目 ブダペスト世界陸上1日目のモーニングセッションが行われ、男子20km競歩に出場した山西利和(愛知製鋼)が1時間21分39秒で24位にとどまり、同種目史上2人目の3連覇はならなかった。 「弱すぎて……」。これがフィニッシュ後の王者の第一声。それほど、力を発揮し切れないレースだった。 雷雨によるスタートの遅れは「一切関係ない」ときっぱり。だが、池田向希(旭化成)が飛び出す展開についていかず、2位集団に控えながらも動きや表情の硬さが見られた。実際、「レースペースに対して余裕が持てていなかった」と振り返る。 7㎞過ぎから2位集団からも遅れ気味となり、そのまま立て直しも利かずにズルズルと後退。最後は優勝したアルヴァロ・マルティン(スペイン)に周回遅れにまでされた。フィニッシュ後、コースに向かって一礼した山西は、「自分の中で説明がつかない。ちょっと残念」と首をひねった。 それでも原因を探るうちに、たどり着いた一つの答えが、「年間を通してレースペース、4分を切るペースでの練習の回数、距離が足りなかった」ということ。今年初戦が5月にずれ込むなど、「例年なら2月の日本選手権に向けて、12月から2月にかけて準備するが、そこができていなかった。(原因を)たどっていけば、そういうのがあるのかもしれない」。 「この数ヵ月のコンディショニングはほぼ間違いなかった」が、レースペースで20kmを歩き切る体力を作り切れなかった山西にとって、優勝タイムが大会記録に11秒と迫る1時間17分32秒とハイペースになったことも、災いしたか。ただ、それが今の世界と日本との差と山西は受け止める。 「僕が日本人最下位なので何も言えないが、メダルなしは由々しき事態。ただ、池田の前半は彼の決意を見た。僕も日本選手権で代表権にチャレンジしないといけない立場になる。同時に日本の中で勝負していても世界と戦えないとわかった。どうやって世界と勝負するか、日本チームとしても考えないといけない」 再び世界と戦うために、やるべきことは「小手先の技術じゃない。体力を根本的につけていくしかない」ときっぱり。「また、前に向けての気持ちのセットをもう1回やり直す」ことから始め、「ここからの行動や取り組みを変えていくしかない」と山西。王座奪還への道のりが、ここから始まる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

NEWS 北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

2024.04.12

北口榛花が帰国「100%以上でパリ五輪を迎えられたら」DL蘇州で初戦後に日本で2試合

女子やり投世界女王の北口榛花(JAL)が4月12日に帰国し、都内で会見を開いてシーズンインに向けて意気込みを語った 帰国の度に増えるメディアの数がその注目度を物語る。年明けに拠点とするチェコに向かい、3月21日からスペイ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top