HOME 国内、世界陸上、日本代表
男子3000m障害・三浦龍司が4着で予選突破!待望の決勝へ「最高のパフォーマンスを」/世界陸上
男子3000m障害・三浦龍司が4着で予選突破!待望の決勝へ「最高のパフォーマンスを」/世界陸上

予選4着で決勝進出を決め、予選落ちとなった前回大会の雪辱を果たした三浦龍司

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)1日目

ブダペスト世界陸上1日目のモーニングセッションが行われ、男子3000m障害予選3組に出場した三浦龍司(順大)が8分18秒73で4着に入り、初の決勝進出を決めた。

広告の下にコンテンツが続きます

「予選が一番の難所。そこに向けての緊張感があった」と言う三浦だが、走りは冷静だった。スタートから7分52秒11の世界記録保持者であるラメチャ・ギルマ(エチオピア)をマークするように中段でレースを進め、1000mを2分50秒で通過する。

昨年のオレゴン世界選手権では細かなペース変化に対応し過ぎて、勝負所で対応し切れず予選敗退となったが、「位置取りで無駄な体力を使わずに走るということは意識していて、そこはできました」。ギルマがポジションを前方に上げると、三浦もそれに反応。2000mを5分37秒で通過したギルマを追う3番手につけた。

そして、ラスト1周では4人に絞られた先頭争いに中にしっかりと入る。最後は上位3人に離されたものの、5着に入れば決勝に進める中で「必要以上に疲労を残す必要はない」と判断し、ペースを緩めてフィニッシュした。東京五輪では7位入賞を果たしたが、世界選手権では初のファイナルに、三浦は「すごくうれしい」と笑顔がのぞく。

ギルマが世界新を出した6月9日のダイヤモンドリーグ・パリ大会で、自身の日本記録を0.01秒短縮する8分09秒91をマークして2位に食い込むなど、着実に力がついた手応えを持って再び臨んだ舞台。難所を突破してその手応えを確認し、いよいよ「自分がやりたいステージのスタートライン」に立つ。

広告の下にコンテンツが続きます

ギルマをはじめ上位3人とは「最後の上がっていく段階でついていけなかったので、そこは少し力の差を感じる部分」と言いつつ、「決勝で変わってくると思うので、そこを詰めて勝負したい」と力強い。

何より待ち望んだ舞台で「自分ができる最高のパフォーマンスをしたい」という気持ちが大きい。予選の重圧から解き放たれた三浦。「自分の持ち味を最大限出して、最後までしっかり抵抗して、粘りのある走りをしたい」と3日後のファイナルに向けて、気持ちを引き締めていた。

決勝は8月22日午後9時42分(日本時間23日午前4時42分)に行われる。

◇ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー・ブダペスト)1日目 ブダペスト世界陸上1日目のモーニングセッションが行われ、男子3000m障害予選3組に出場した三浦龍司(順大)が8分18秒73で4着に入り、初の決勝進出を決めた。 「予選が一番の難所。そこに向けての緊張感があった」と言う三浦だが、走りは冷静だった。スタートから7分52秒11の世界記録保持者であるラメチャ・ギルマ(エチオピア)をマークするように中段でレースを進め、1000mを2分50秒で通過する。 昨年のオレゴン世界選手権では細かなペース変化に対応し過ぎて、勝負所で対応し切れず予選敗退となったが、「位置取りで無駄な体力を使わずに走るということは意識していて、そこはできました」。ギルマがポジションを前方に上げると、三浦もそれに反応。2000mを5分37秒で通過したギルマを追う3番手につけた。 そして、ラスト1周では4人に絞られた先頭争いに中にしっかりと入る。最後は上位3人に離されたものの、5着に入れば決勝に進める中で「必要以上に疲労を残す必要はない」と判断し、ペースを緩めてフィニッシュした。東京五輪では7位入賞を果たしたが、世界選手権では初のファイナルに、三浦は「すごくうれしい」と笑顔がのぞく。 ギルマが世界新を出した6月9日のダイヤモンドリーグ・パリ大会で、自身の日本記録を0.01秒短縮する8分09秒91をマークして2位に食い込むなど、着実に力がついた手応えを持って再び臨んだ舞台。難所を突破してその手応えを確認し、いよいよ「自分がやりたいステージのスタートライン」に立つ。 ギルマをはじめ上位3人とは「最後の上がっていく段階でついていけなかったので、そこは少し力の差を感じる部分」と言いつつ、「決勝で変わってくると思うので、そこを詰めて勝負したい」と力強い。 何より待ち望んだ舞台で「自分ができる最高のパフォーマンスをしたい」という気持ちが大きい。予選の重圧から解き放たれた三浦。「自分の持ち味を最大限出して、最後までしっかり抵抗して、粘りのある走りをしたい」と3日後のファイナルに向けて、気持ちを引き締めていた。 決勝は8月22日午後9時42分(日本時間23日午前4時42分)に行われる。

【動画】予選を突破した三浦龍司の走りをチェック!

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

NEWS 「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

2024.04.13

「シーズンはじめのレースとして良い走りができた」塩尻和也が5000m日本人トップ 五輪選考会に向け好調アピール/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mでは10000m日本記録保持者の塩尻和也(富士通)が13分24分57秒で日本 […]

NEWS パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

2024.04.13

パリ五輪マラソン代表・鈴木優花「苦しい展開のなか耐えぬけた」女子10000mで2位/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、パリ五輪女子マラソン代表の鈴木優花(第一生命グループ)が10000mに出場し、33分21秒 […]

NEWS 社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

2024.04.13

社会人初陣の三浦龍司 1500mで貫禄の日本人トップ「2024年は待ち望んでいた年」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子1500mではブダペスト世界選手権3000m障害6位の三浦龍司(SUBARU)が3分3 […]

NEWS 田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

2024.04.13

田中希実 1500m4分07秒98で日本人トップ「ラスト200mの課題を見つけることができた」/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、女子1500mはツカラ・エスタ・ムソニ(ニトリ)が4分06秒54の大会新記録で優勝。日本人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top