HOME 国内、世界陸上、日本代表
女子100mH・田中佑美は初舞台に気負いなし「楽しみな気持ちが大きい」/世界陸上
女子100mH・田中佑美は初舞台に気負いなし「楽しみな気持ちが大きい」/世界陸上

ブダペスト世界陸上女子100mH代表の田中佑美(富士通)

ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー)の日本代表第二陣が8月15日、東京・羽田空港から当地に向けて出発した。

第二陣は男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)、男子200mの鵜澤飛羽(筑波大)、寺田明日香(ジャパンクリエイト)、青木益未(七十七銀行)、田中佑美(富士通)の女子100mハードルトリオら。同日深夜の便で出発し、フィンランド・ヘルシンキを経由してブダペスト入りする。

広告の下にコンテンツが続きます

初出場となる田中は、「楽しみな気持ちが大きいです」と気負いのない笑顔を見せた。

今季は積極的に海外レースをこなし、「ヨーロッパはこれが3回目。自分よりもはるかに速い選手と走る経験を少しは積んできたし、日本とは違う雰囲気にも慣れてきました」。何より、7月後半のスペイン・マドリードでの世界陸連コンチネンタルツアー・シルバーの大会では12秒91(+0.3)で総合8位に入るなど、「海外で悪くないタイムを出せていることは強みにできています」。

4月末の織田記念で自身初の12秒台突入を果たし、6月の日本選手権では12秒台続出のハイレベルの中で3位に食い込んだ。自己ベストも5月のセイコーゴールデングランプリで12秒89(日本歴代4位)まで短縮。ワールドランキングでブダペスト世界選手権代表入りをつかんだ。インターハイ2連覇など活躍した「高校生の時から口にしてきましたが、実際の目標としては少し遠い位置にあった」という世界の舞台が、いよいよ目の前に迫る。

スプリント能力も上がり、ハードリング技術も磨きがかかった。その中で、課題として見えているのは「全身を使って走れていない」こと。「全身のパワーを出し切る」ことを目指し、最後の仕上げに入る。

広告の下にコンテンツが続きます

記録や順位など具体的な目標は「作っていない」そうだが、「海外レースに慣れたとはいえ、世界陸上は違う。(レース後に)あっという間に終わったと言わないように浮足立たないことが一つの目標です」。そして、「今のベストを出して、全力でぶつかる」レースを思い描く。

初舞台ではあるが、「経験してないからこ、わからない半分で」勢いのままいってしまえばいい。「気負わず、パンと行った」今季の勢いを、そのまま世界のハードラーたちにぶつけるつもりだ。

女子100mハードルは8月22日(日本時間23日)に予選、23日(同24日)に準決勝、24日(同25日)に決勝というスケジュールで行われる。

ブダペスト世界陸上(8月19日~27日/ハンガリー)の日本代表第二陣が8月15日、東京・羽田空港から当地に向けて出発した。 第二陣は男子110mハードルの泉谷駿介(住友電工)、男子200mの鵜澤飛羽(筑波大)、寺田明日香(ジャパンクリエイト)、青木益未(七十七銀行)、田中佑美(富士通)の女子100mハードルトリオら。同日深夜の便で出発し、フィンランド・ヘルシンキを経由してブダペスト入りする。 初出場となる田中は、「楽しみな気持ちが大きいです」と気負いのない笑顔を見せた。 今季は積極的に海外レースをこなし、「ヨーロッパはこれが3回目。自分よりもはるかに速い選手と走る経験を少しは積んできたし、日本とは違う雰囲気にも慣れてきました」。何より、7月後半のスペイン・マドリードでの世界陸連コンチネンタルツアー・シルバーの大会では12秒91(+0.3)で総合8位に入るなど、「海外で悪くないタイムを出せていることは強みにできています」。 4月末の織田記念で自身初の12秒台突入を果たし、6月の日本選手権では12秒台続出のハイレベルの中で3位に食い込んだ。自己ベストも5月のセイコーゴールデングランプリで12秒89(日本歴代4位)まで短縮。ワールドランキングでブダペスト世界選手権代表入りをつかんだ。インターハイ2連覇など活躍した「高校生の時から口にしてきましたが、実際の目標としては少し遠い位置にあった」という世界の舞台が、いよいよ目の前に迫る。 スプリント能力も上がり、ハードリング技術も磨きがかかった。その中で、課題として見えているのは「全身を使って走れていない」こと。「全身のパワーを出し切る」ことを目指し、最後の仕上げに入る。 記録や順位など具体的な目標は「作っていない」そうだが、「海外レースに慣れたとはいえ、世界陸上は違う。(レース後に)あっという間に終わったと言わないように浮足立たないことが一つの目標です」。そして、「今のベストを出して、全力でぶつかる」レースを思い描く。 初舞台ではあるが、「経験してないからこ、わからない半分で」勢いのままいってしまえばいい。「気負わず、パンと行った」今季の勢いを、そのまま世界のハードラーたちにぶつけるつもりだ。 女子100mハードルは8月22日(日本時間23日)に予選、23日(同24日)に準決勝、24日(同25日)に決勝というスケジュールで行われる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top