HOME 国内、世界陸上、日本代表
20km競歩世界王者・山西利和「過去の実績が戦うのではない」目の前の一戦に挑む
20km競歩世界王者・山西利和「過去の実績が戦うのではない」目の前の一戦に挑む

オンライン会見に臨んだ山西(右)と丸尾(提供写真)

男子20km競歩で19年ドーハ世界選手権、22年オレゴン世界選手権と金メダルを獲得し、東京五輪銅メダリストの山西利和(愛知製鋼)が、ブダペスト世界選手権に向けて合同オンライン会見を開いた。

世界選手権で同種目史上2人目の3連覇が懸かる王者・山西。「今回も優勝をターゲットにしながら、自分のやりたいことをできるように準備していきたい」と語る。

広告の下にコンテンツが続きます

ディフェンディング・チャンピオンとして与えられる「ワイルドカード」で出場権を得ていただけに、今季は日本選手権など選考会への出場を見送り、5月にポルトガルで行われた世界陸連(WA)競歩ツアー・ゴールド「リオ・マイオール国際グランプリ」に出場。1時間20分58秒で3位だった。

そのレースを振り返り、「久しぶりの欧州、調整面など難しさは感じました。警告が2つついたのは反省。レース中にバタバタした動きでした」と言うも、「良くない動きの中で警告が出た」と想定内。それでも、「勝ちにいくレースでしたので、シンプルに課題が出たことは受け止めたい」という。

世界選手権金メダルの過去2大会と比較すると、「(世界選手権前のレースから)今回は5月から8月と、少し間隔が近い。そういった面でコンディションの仕上がり具合でいえば遅れているがわかっていたこと。仕上がり具合は5、60%。経験値や、冬季でやってきたことと照らし合わせて、あと2ヵ月で準備して上げていきたい」と語る。

2連覇している山西は「大きな変化はないといえば嘘になるが、3連覇だから何かがあるのではありません。過去の実績が戦うのではなく、今の僕と相手が戦うだけ」と強調。その中で、積み上げてきたことは「レースの作り方で深みが出てくると思うのでレースで表現したい」と山西らしい言葉で語る。

広告の下にコンテンツが続きます

山西の「やりたいレース」とは、「自分で積極的にレースを作り、デザインしていく」こと。「当然、ラスト数kmがポイントになりますが、スパートだけ磨けば勝てるわけではありません。レースのアベレージを上げていって生き残り、勝負どころまで余力を残す。それができればスパートで差がつけられます」。

「世界一を決めるレースのスタートラインに立てるのはうれしいこと。最高の状態で立てるように準備していきたい」

3度目の世界一、そして見据えるパリ五輪の金メダルへ。王者が2023年最後の仕上げに入っていく。

同じく愛知製鋼で35km競歩代表となった丸尾知司も会見に出席。17年ロンドン世界選手権50km競歩では4位。それ以来6年ぶりの世界選手権で「メダルターゲットに準備していきたい」と抱負を話す。

広告の下にコンテンツが続きます

東京五輪50kmでは32位。悔しさからリベンジを誓った昨年はオレゴン世界選手権代表を逃し一度は引退もよぎったという。それでも、周囲のサポートや応援から「必ずカムバックするんだ」と決意を新たにした。

35kmでは初の国際レース。「4分00秒から4分05秒で推移するペースが必要。後半のスタミナには自信はありますが、前半の余裕度がないとスタミナを生かすレースができない。ある程度ゆったりとした動きでスピードを出せるかどうか」をポイントに置く。

「4分05秒~10秒のペースは力を使わずに出せるようになってきた。もう一つ上のステージに上げるために精度を高めていきたい」と仕上げていく構えだ。

いずれも7月に長野で、7月下旬から北海道で合宿をし、一度パリを経由してからハンガリー・ブダペストへ渡る予定となっている。

広告の下にコンテンツが続きます

ブダペスト世界選手権は8月19日から27日の日程で開催。最初の決勝種目となる男子20km競歩が19日午前8時50分にスタートし、翌20日の午前7時15分に女子20km競歩の号砲が鳴る。35km競歩は男女とも24日午前7時から実施される。

男子20km競歩で19年ドーハ世界選手権、22年オレゴン世界選手権と金メダルを獲得し、東京五輪銅メダリストの山西利和(愛知製鋼)が、ブダペスト世界選手権に向けて合同オンライン会見を開いた。 世界選手権で同種目史上2人目の3連覇が懸かる王者・山西。「今回も優勝をターゲットにしながら、自分のやりたいことをできるように準備していきたい」と語る。 ディフェンディング・チャンピオンとして与えられる「ワイルドカード」で出場権を得ていただけに、今季は日本選手権など選考会への出場を見送り、5月にポルトガルで行われた世界陸連(WA)競歩ツアー・ゴールド「リオ・マイオール国際グランプリ」に出場。1時間20分58秒で3位だった。 そのレースを振り返り、「久しぶりの欧州、調整面など難しさは感じました。警告が2つついたのは反省。レース中にバタバタした動きでした」と言うも、「良くない動きの中で警告が出た」と想定内。それでも、「勝ちにいくレースでしたので、シンプルに課題が出たことは受け止めたい」という。 世界選手権金メダルの過去2大会と比較すると、「(世界選手権前のレースから)今回は5月から8月と、少し間隔が近い。そういった面でコンディションの仕上がり具合でいえば遅れているがわかっていたこと。仕上がり具合は5、60%。経験値や、冬季でやってきたことと照らし合わせて、あと2ヵ月で準備して上げていきたい」と語る。 2連覇している山西は「大きな変化はないといえば嘘になるが、3連覇だから何かがあるのではありません。過去の実績が戦うのではなく、今の僕と相手が戦うだけ」と強調。その中で、積み上げてきたことは「レースの作り方で深みが出てくると思うのでレースで表現したい」と山西らしい言葉で語る。 山西の「やりたいレース」とは、「自分で積極的にレースを作り、デザインしていく」こと。「当然、ラスト数kmがポイントになりますが、スパートだけ磨けば勝てるわけではありません。レースのアベレージを上げていって生き残り、勝負どころまで余力を残す。それができればスパートで差がつけられます」。 「世界一を決めるレースのスタートラインに立てるのはうれしいこと。最高の状態で立てるように準備していきたい」 3度目の世界一、そして見据えるパリ五輪の金メダルへ。王者が2023年最後の仕上げに入っていく。 同じく愛知製鋼で35km競歩代表となった丸尾知司も会見に出席。17年ロンドン世界選手権50km競歩では4位。それ以来6年ぶりの世界選手権で「メダルターゲットに準備していきたい」と抱負を話す。 東京五輪50kmでは32位。悔しさからリベンジを誓った昨年はオレゴン世界選手権代表を逃し一度は引退もよぎったという。それでも、周囲のサポートや応援から「必ずカムバックするんだ」と決意を新たにした。 35kmでは初の国際レース。「4分00秒から4分05秒で推移するペースが必要。後半のスタミナには自信はありますが、前半の余裕度がないとスタミナを生かすレースができない。ある程度ゆったりとした動きでスピードを出せるかどうか」をポイントに置く。 「4分05秒~10秒のペースは力を使わずに出せるようになってきた。もう一つ上のステージに上げるために精度を高めていきたい」と仕上げていく構えだ。 いずれも7月に長野で、7月下旬から北海道で合宿をし、一度パリを経由してからハンガリー・ブダペストへ渡る予定となっている。 ブダペスト世界選手権は8月19日から27日の日程で開催。最初の決勝種目となる男子20km競歩が19日午前8時50分にスタートし、翌20日の午前7時15分に女子20km競歩の号砲が鳴る。35km競歩は男女とも24日午前7時から実施される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

女子三段跳世界記録保持者のユイマール・ロハス(ベネズエラ)の五輪連覇の夢が絶たれた。 自身のSNSを更新し、病院のベッドにいる写真とともに練習中に左アキレス腱損傷を負ったことを明かし、「パリ五輪には参加できない」と綴った […]

NEWS 女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top