HOME 高校

2023.06.18

佐久長聖勢が長距離種目を席巻!2年生・濵口大和が5000mを制覇 3000m障害は永原が高校新/IH北信越
佐久長聖勢が長距離種目を席巻!2年生・濵口大和が5000mを制覇 3000m障害は永原が高校新/IH北信越

23年インターハイ北信越大会5000mを制した濵口大和

◇インターハイ北信越地区大会(6月15日~18日/富山県富山市総合運動公園競技場)3日目

夏の北海道インターハイへの出場権を懸けた北信越大会の3日目が行われ、男子5000mは前日の1500mを3分50秒59で制した濵口大和(佐久長聖2長野)が2位以下に4秒以上の差をつける14分02秒31の自己新をマークして2冠を達成した。

広告の下にコンテンツが続きます

気温30度超えの過酷な条件ながらも、その実力をアピールした。スタートから先頭に出たチームメイトの篠和真(2年)の背後をピタリとつけ、1000mを2分51秒、2000mを5分43秒で通過。その直後に濵口が先頭に立ち、3000mを8分32秒で刻むと、今度は留学生のジョセフ・ギタエ(遊学館1石川)が先頭に立つ。

それに反応した山口竣平(佐久長聖3長野)が4000m手前で先頭に立ち、4000mを11分20秒で刻むと、濵口が山口に必死に食らいついてラスト300mから猛スパートをかけ、ラスト100mからさらにその差が広がった。2位には14分06秒67で山口が入り、ジャクソン・マイナ・ワンディア(開志国際2新潟)が14分09秒00で3位で続いた。

「とても暑かったです。今日はレースプランにこだわりはなかったのですが、臨機応変に対応できたことが良かったです。ラスト300mから仕掛け、2~3段階でスパートする自分の勝ちパターンが増えたことは収穫です」と会心レースに濵口は誇らし気だった。

今月4日の東海大長距離競技会では得意の1500mで高2歴代4位の3分45秒77をマークして波に乗る。冬季は補強を徹底し、今季から5000m主体の質の高い練習に変更したことで1500m、5000mともにその効果が出ている。さらに今季は故障がないことも強みだ。

広告の下にコンテンツが続きます

1500mは2度目、5000mは初となるインターハイでは「1500mはまだもう少しいけるので3分43秒台で優勝、5000mは留学生にできるだけ差をつめて上位を狙います!」と気合を入れていた。

さらに5000mの2時間後に行われた男子3000m障害の予選では、チームメイトで昨年インターハイ2位の永原颯磨(3年)が4年ぶり高校新となる8分36秒06をマーク。現日本記録保持者の三浦龍司(順大)が京都・洛南高3年時に樹立した記録を3秒33更新する快挙を成し遂げた。

1000mを2分49秒、2000mを5分40秒で刻み、ラストの1000mを2分54秒でカバー。大会前から「北信越大会は高校新を狙います!!」と目を輝かせていた逸材が、見事に有言実行した。18日に行われる決勝ではさらなる記録更新にチャレンジする。

全国インターハイは8月2日から6日に北海道札幌市厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

広告の下にコンテンツが続きます

文/写真 永田真樹

◇インターハイ北信越地区大会(6月15日~18日/富山県富山市総合運動公園競技場)3日目 夏の北海道インターハイへの出場権を懸けた北信越大会の3日目が行われ、男子5000mは前日の1500mを3分50秒59で制した濵口大和(佐久長聖2長野)が2位以下に4秒以上の差をつける14分02秒31の自己新をマークして2冠を達成した。 気温30度超えの過酷な条件ながらも、その実力をアピールした。スタートから先頭に出たチームメイトの篠和真(2年)の背後をピタリとつけ、1000mを2分51秒、2000mを5分43秒で通過。その直後に濵口が先頭に立ち、3000mを8分32秒で刻むと、今度は留学生のジョセフ・ギタエ(遊学館1石川)が先頭に立つ。 それに反応した山口竣平(佐久長聖3長野)が4000m手前で先頭に立ち、4000mを11分20秒で刻むと、濵口が山口に必死に食らいついてラスト300mから猛スパートをかけ、ラスト100mからさらにその差が広がった。2位には14分06秒67で山口が入り、ジャクソン・マイナ・ワンディア(開志国際2新潟)が14分09秒00で3位で続いた。 「とても暑かったです。今日はレースプランにこだわりはなかったのですが、臨機応変に対応できたことが良かったです。ラスト300mから仕掛け、2~3段階でスパートする自分の勝ちパターンが増えたことは収穫です」と会心レースに濵口は誇らし気だった。 今月4日の東海大長距離競技会では得意の1500mで高2歴代4位の3分45秒77をマークして波に乗る。冬季は補強を徹底し、今季から5000m主体の質の高い練習に変更したことで1500m、5000mともにその効果が出ている。さらに今季は故障がないことも強みだ。 1500mは2度目、5000mは初となるインターハイでは「1500mはまだもう少しいけるので3分43秒台で優勝、5000mは留学生にできるだけ差をつめて上位を狙います!」と気合を入れていた。 さらに5000mの2時間後に行われた男子3000m障害の予選では、チームメイトで昨年インターハイ2位の永原颯磨(3年)が4年ぶり高校新となる8分36秒06をマーク。現日本記録保持者の三浦龍司(順大)が京都・洛南高3年時に樹立した記録を3秒33更新する快挙を成し遂げた。 1000mを2分49秒、2000mを5分40秒で刻み、ラストの1000mを2分54秒でカバー。大会前から「北信越大会は高校新を狙います!!」と目を輝かせていた逸材が、見事に有言実行した。18日に行われる決勝ではさらなる記録更新にチャレンジする。 全国インターハイは8月2日から6日に北海道札幌市厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文/写真 永田真樹

インターハイ北信越地区大会3日目の優勝者をチェック!

●男子 100m    鶴巻陽太(三条3新潟)  10秒42(+2.9) 5000m   濵口大和(佐久長聖2長野) 14分02秒31 400mH   角本駿介(十日町3新潟)  51秒89 棒高跳   山内裕太(開志国際3新潟) 4m70 三段跳   宮越健士郎(富山商3富山) 14m35(+1.7) 砲丸投   深澤恒頼(長野吉田3長野) 15m16 八種競技  降幡諒成(佐久長聖3長野) 5532点 ●女子 100m   吉尾 彩(星稜3石川)   11秒90(+2.5) 400mH  中嶋雪音(星稜3石川)   61秒36 やり投   万徳倖帆(開志国際3新潟) 46m59

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top