HOME 高校

2023.06.18

林美希が100mH13秒51&七種競技5113点ダブル大会新!2年連続全国2冠へ好調示す/IH東海
林美希が100mH13秒51&七種競技5113点ダブル大会新!2年連続全国2冠へ好調示す/IH東海

23年インターハイ東海大会の七種競技を制した林美希

◇インターハイ東海地区大会(6月16日~18日/静岡・小笠山総合運動公園 静岡スタジアムエコパ)2日目

夏の北海道インターハイを懸けた東海地区大会の2日目が行われ、女子七種競技で林美希(中京大中京3愛知)が従来の大会記録(5090点)を23点上回る5113点の大会新記録で2連覇を果たした。1日目に13秒51(-0.7)の大会新記録で同じく連覇を遂げた100mハードルと合わせて、2年連続の2冠に輝いた。

広告の下にコンテンツが続きます

七種競技は県大会こそ4744点と、昨夏のインターハイを5231点で制した林にしては今ひとつだったが、韓国で行われたU20アジア選手権(6月4~7日)は5095点で銀メダル。その4日後のU20日本選手権は5043点と、6月に入って2戦連続で5000点を突破していた。

それから6日後の今大会でさらに記録を伸ばし、「だいぶアベレージが上がってきました。得点が低い種目がなくなってきたと思います」と、林は確かな手応えをつかんだようだ。

各種目を振り返ると、必ずしもすべてが良かったわけでない。「ハードルで1000点に行けなかったのが痛かった」と反省したように、13秒46の自己ベストを持つ100mハードルは13秒96(+0.1)で984点。それでも、「他の種目でカバーでき、5100点を超えられたのは自信になりました」と収穫も多かった。

カバーできた他の種目の1つが砲丸投だった。昨年は10mを超えたのがインターハイ(10m03)での1回だけだったが、今季はU20日本選手権の10m50を筆頭に、10m超えが5回。この日も10m46を投じ、560点をマークした。「加速部分につながるということで、冬季にかなり砲丸投に取り組んだので、それがここに来て結果に結びついています」と話す。

広告の下にコンテンツが続きます

昨年のインターハイは七種競技と100mハードルを制し、女子優秀選手にも選ばれた。今年は2種目の前回覇者として挑むことになる。

大会3日目と4日目に七種競技、最終日の5日目に100mハードルという流れだが、林は「疲労がある中でしっかり勝ち切りたいですが、とりあえず自己記録を更新したいです」と語った。それができれば結果は自ずとついてくる。進化を止めない林に、死角は見当たらない。

全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。

文/小野哲史
写真/樋口俊秀

広告の下にコンテンツが続きます
◇インターハイ東海地区大会(6月16日~18日/静岡・小笠山総合運動公園 静岡スタジアムエコパ)2日目 夏の北海道インターハイを懸けた東海地区大会の2日目が行われ、女子七種競技で林美希(中京大中京3愛知)が従来の大会記録(5090点)を23点上回る5113点の大会新記録で2連覇を果たした。1日目に13秒51(-0.7)の大会新記録で同じく連覇を遂げた100mハードルと合わせて、2年連続の2冠に輝いた。 七種競技は県大会こそ4744点と、昨夏のインターハイを5231点で制した林にしては今ひとつだったが、韓国で行われたU20アジア選手権(6月4~7日)は5095点で銀メダル。その4日後のU20日本選手権は5043点と、6月に入って2戦連続で5000点を突破していた。 それから6日後の今大会でさらに記録を伸ばし、「だいぶアベレージが上がってきました。得点が低い種目がなくなってきたと思います」と、林は確かな手応えをつかんだようだ。 各種目を振り返ると、必ずしもすべてが良かったわけでない。「ハードルで1000点に行けなかったのが痛かった」と反省したように、13秒46の自己ベストを持つ100mハードルは13秒96(+0.1)で984点。それでも、「他の種目でカバーでき、5100点を超えられたのは自信になりました」と収穫も多かった。 カバーできた他の種目の1つが砲丸投だった。昨年は10mを超えたのがインターハイ(10m03)での1回だけだったが、今季はU20日本選手権の10m50を筆頭に、10m超えが5回。この日も10m46を投じ、560点をマークした。「加速部分につながるということで、冬季にかなり砲丸投に取り組んだので、それがここに来て結果に結びついています」と話す。 昨年のインターハイは七種競技と100mハードルを制し、女子優秀選手にも選ばれた。今年は2種目の前回覇者として挑むことになる。 大会3日目と4日目に七種競技、最終日の5日目に100mハードルという流れだが、林は「疲労がある中でしっかり勝ち切りたいですが、とりあえず自己記録を更新したいです」と語った。それができれば結果は自ずとついてくる。進化を止めない林に、死角は見当たらない。 全国インターハイは8月2日から6日に北海道・厚別公園競技場で開催。各地区大会上位6位までが出場する(※男女競歩は5位、女子棒高跳、女子三段跳、女子ハンマー投は4位まで、混成は3位+各地区4~6位の記録上位5名)。 文/小野哲史 写真/樋口俊秀

インターハイ東海地区大会2日目の優勝者をチェック!

●男子 100m   土屋太陽(富士見2静岡)  10秒54(-0.1) 800m   宮下颯汰(中京大中京2愛知) 1分51秒82 400mH  下田隼人(豊川3愛知)   51秒29 3000mSC 鈴木陸覇(名経大高蔵3愛知) 8分57秒22 4×100mR 東海大翔洋(静岡)    40秒28 走高跳   加古彩人(中京大中京3愛知) 2m01 棒高跳   鈴木健心(浜松商2静岡)  4m70 円盤投   松田流輝(市岐阜商3岐阜) 46m49 ●女子 100m   小針陽葉(富士市立2静岡) 11秒75(+0.1) 800m   森 千莉(豊田大谷3愛知) 2分08秒85 400mH  片山心菜(中京大中京3愛知) 60秒77 4×100mR 至学館(愛知)       46秒53 円盤投   世古櫻紗(松阪商2三重)  38m41 七種競技  林 美希(中京大中京3愛知) 5113点=大会新

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.22

JMCシリーズの順位修正 山下一貴が4位へ、西山、大迫の順位が下がる ブダペスト世界陸上9位のドーピング違反により

日本陸連はジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズⅢ(22年4月~24年3月)の順位に修正があったことを発表した。 昨年のブダペスト世界選手権で9位に入ったジョン・ハキジマナ(ルワンダ)のドーピング違反が11 […]

NEWS ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

2024.04.22

ブダペスト世界陸上マラソン9位のハキジマナがドーピング違反失格により、山下一貴、其田健也、西山和弥の順位がアップ

昨年11月30日にアスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)が、男子マラソンでルワンダ記録を持つジョン・ハキジマナのドーピング違反(禁止物質:トリアムシノロンアセトニド陽性)により23年 […]

NEWS マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

2024.04.22

マラソンリレーはF.フォルトゥナート、V.トラプレッティのイタリア2が優勝/世界競歩チーム選手権

◇第30回世界競歩チーム選手権(4月21日/トルコ・アンタルヤ) 世界競歩チーム選手権が開催され、新種目のマラソンリレーはイタリア2(F.フォルトゥナート、V.トラプレッティ)が2時間56分45秒で優勝した。 広告の下に […]

NEWS 堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

2024.04.22

堀尾謙介がM&Aベストパートナーズと所属契約 1月に九電工を退部しプロランナーに

M&Aベストパートナーズは、堀尾謙介と所属契約を交わしたことを発表した。 東京五輪、パリ五輪の代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)に出場している堀尾。兵庫・須磨学園高出身で、中大時代には主力として活躍し […]

NEWS 17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

2024.04.22

17歳ミラーが100m9秒97!! 自己記録を一気に0.13秒更新!ブロメルのU20米国記録を破る

4月20日に米国で開催されたPURE招待で、17歳のC.ミラー(米国)が9秒93(+1.6)の今季世界最高、U20米国新、U20歴代3位の好記録で優勝した。従来の米国記録は、のちに世界選手権で銅メダルを獲得するT.ブロメ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top