HOME 国内

2023.06.03

三段跳・森本麻里子 地元大阪で感謝の日本新!笑顔と涙「アベレージ上げていきたい」/日本選手権
三段跳・森本麻里子 地元大阪で感謝の日本新!笑顔と涙「アベレージ上げていきたい」/日本選手権

14m16を表示した掲示ボードを前に笑顔を見せた森本麻里子

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目

ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の3日目に女子三段跳が行われ、森本麻里子(内田建設AC)が5回目に14m16(+0.7)の日本新記録を樹立して5連覇を達成した。これまでの記録は花岡麻帆が作った14m04で、これを24年ぶりに更新した。

広告の下にコンテンツが続きます

地元・大阪出身。大きなジャンプを見せて着地した瞬間、バックスタンドから大きなどよめきが起きた。「スタンドがおぉーってなったので、私もおぉーって」と笑う。記録を確認すると両手を挙げて喜びを爆発させた。

24年間、止まっていた時計の針を動かした森本。「地元で達成できてうれしいです」。今年はファウルながら何度も14m前後のビッグジャンプを見せており、同じヤンマースタジアム長居が舞台だった木南記念の際には「日本選手権までとっておきます」と話していたが、まさに有言実行だった。

本来であれば2日目の予定だったが雨天のため順延。「昨日は万博公園の室内練習場でトレーニングしました。調子は良かったです」と、延期の影響はなかった。

1回目はファウルながら森長正樹コーチも「すごく跳んでいたので良かった」と言うように調子の良さを感じさせた。森本も「1回目から手応えがあったので、行けると思っていました」。5回目の直前には、髙島真織子(九電工)が13m82(+1.3)を跳んでトップを譲った。大記録はその直後だった。

広告の下にコンテンツが続きます

「自分に集中した」と森本。「助走の最初の6歩から押していけて、次の8歩で上下動なくスーッと加速できました」。

ボブスレー挑戦後、ドイツに渡って現地のコーチたちに師事しながら磨いてきたスピードやウエイトトレーニングでの土台アップ。そして、森長コーチ、高校時代に基礎を作ってくれた坂井裕司先生らから学んだ技術が「噛み合った」。トレーナーや所属先をはじめ、まさに、これまで支えてくれた人たちのすべてが詰まった日本記録だった。だからこそ、森本は何度も何度も「感謝」の2文字を繰り返した。

「素直にうれしいです。私1人の力では出せなかった。感謝の気持ちでいっぱいです。坂井先生にも会えて、中学の恩師も来てくれて……」。そう言うと、ずっと笑顔だった森本の目頭が熱くなった。

ただ、ここがゴールではない。「アジア選手権に出られればメダルを取りたい。ブダペスト世界選手権に出るのがターゲットです」。そして「レベルが高いなかで切磋琢磨していって、もっと記録を更新していき、日本のお家芸と呼ばれるようになりたい」。

広告の下にコンテンツが続きます

走幅跳で記録が伸び悩んで大学時代から始めた三段跳。オリンピックを目指してボブスレーにも挑戦した。紆余曲折を経て28歳でたどり着いた「日本記録」。その先に、追い求めてきた「世界」が待っている。

◇第107回日本選手権(6月1日~4日/大阪・ヤンマースタジアム長居)3日目 ブダペスト世界選手権の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権の3日目に女子三段跳が行われ、森本麻里子(内田建設AC)が5回目に14m16(+0.7)の日本新記録を樹立して5連覇を達成した。これまでの記録は花岡麻帆が作った14m04で、これを24年ぶりに更新した。 地元・大阪出身。大きなジャンプを見せて着地した瞬間、バックスタンドから大きなどよめきが起きた。「スタンドがおぉーってなったので、私もおぉーって」と笑う。記録を確認すると両手を挙げて喜びを爆発させた。 24年間、止まっていた時計の針を動かした森本。「地元で達成できてうれしいです」。今年はファウルながら何度も14m前後のビッグジャンプを見せており、同じヤンマースタジアム長居が舞台だった木南記念の際には「日本選手権までとっておきます」と話していたが、まさに有言実行だった。 本来であれば2日目の予定だったが雨天のため順延。「昨日は万博公園の室内練習場でトレーニングしました。調子は良かったです」と、延期の影響はなかった。 1回目はファウルながら森長正樹コーチも「すごく跳んでいたので良かった」と言うように調子の良さを感じさせた。森本も「1回目から手応えがあったので、行けると思っていました」。5回目の直前には、髙島真織子(九電工)が13m82(+1.3)を跳んでトップを譲った。大記録はその直後だった。 「自分に集中した」と森本。「助走の最初の6歩から押していけて、次の8歩で上下動なくスーッと加速できました」。 ボブスレー挑戦後、ドイツに渡って現地のコーチたちに師事しながら磨いてきたスピードやウエイトトレーニングでの土台アップ。そして、森長コーチ、高校時代に基礎を作ってくれた坂井裕司先生らから学んだ技術が「噛み合った」。トレーナーや所属先をはじめ、まさに、これまで支えてくれた人たちのすべてが詰まった日本記録だった。だからこそ、森本は何度も何度も「感謝」の2文字を繰り返した。 「素直にうれしいです。私1人の力では出せなかった。感謝の気持ちでいっぱいです。坂井先生にも会えて、中学の恩師も来てくれて……」。そう言うと、ずっと笑顔だった森本の目頭が熱くなった。 ただ、ここがゴールではない。「アジア選手権に出られればメダルを取りたい。ブダペスト世界選手権に出るのがターゲットです」。そして「レベルが高いなかで切磋琢磨していって、もっと記録を更新していき、日本のお家芸と呼ばれるようになりたい」。 走幅跳で記録が伸び悩んで大学時代から始めた三段跳。オリンピックを目指してボブスレーにも挑戦した。紆余曲折を経て28歳でたどり着いた「日本記録」。その先に、追い求めてきた「世界」が待っている。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top