HOME 学生長距離

2020.08.07

PlayBack箱根駅伝1997/神奈川大が初の総合優勝
PlayBack箱根駅伝1997/神奈川大が初の総合優勝

5区区間賞の活躍で初の往路優勝・総合優勝に貢献した近藤重勝

平成以降の箱根駅伝を振り返る「PlayBack箱根駅伝」。今回は神奈川大が初優勝を果たした第73回大会(1997年)を紹介する。大会の歴史を知ることで、正月の箱根路がより楽しみになるかも!?

広告の下にコンテンツが続きます

【写真で振り返る】第73回箱根駅伝(1997年)

前年途中棄権の神奈川大、山梨学大が意地のワン・ツー

出雲駅伝で上位を占めた早大と中大、全日本大学駅伝で1位、2位だった神奈川大と山梨学大が優勝候補に挙げられた第73回大会。前年まで47回連続出場中だった古豪・日大が予選落ちを喫した一方で、拓大が13年ぶりに予選会突破を果たした。

1区では山梨学大のソロモン・ワチーラ(2年)が序盤で抜け出して独走態勢を作ったが、16.7kmで集団に吸収。区間賞争いは6人に絞られ、早大の梅木蔵雄(3年)がトップで鶴見中継所に飛び込んだ。2位は大東大(萩原英之/2年)、3位は神奈川大(高津智一/3年)、4位は東洋大(永井謙二/4年)と続いた。

広告の下にコンテンツが続きます

2区では前回大会でまさかの途中棄権に泣いた山梨学大の中村祐二(4年)がすばらしい走りを見せた。強烈な向かい風の中を突き進み、9位から8人をゴボウ抜き。区間2位に1分以上の差をつける区間賞の走りで首位へ浮上した。

山梨学大は3区でも松下康二(1年)が区間1位の走りで首位を疾走したが、4区では神奈川大の藤本大輔(4年)が区間2位の好走で山梨学大を逆転。小田原中継所では1分23秒差をつけた。後続は熾烈を極め、2位に上がった早大から3位の大東大、4位の山梨学大、5位の中大までが2秒差という大接戦。なお、この区間を制した中大の榎木和貴(4年)は史上14人目となる4年連続区間賞を達成した。

5区でも神奈川大が首位を独走。1年時からこの区間で区間2位、1位、2位とずば抜けた安定感を見せてきた近藤重勝(4年)が2度目の区間賞で初の往路優勝テープを切った。往路2位は2分08秒差で中大、3位が大東大、4位早大、5位山梨学大と続いた。

神奈川大は復路でもブレーキすることなくタスキをつなぎ、最後は10区の今泉勝彦(4年)が区間賞の走りで初の総合優勝を決めた。1区から10区まで区間3位以内が8人、残り2人も同4位、5位という圧勝劇だった。

広告の下にコンテンツが続きます

2位争いは復路で激しく順位が入れ替わり、8区で古田哲弘(1年)の区間新記録があった山梨学大が総合2位を確保。大東大が連覇を果たした1991年以来となるトップ3を果たし、前回1位、2位だった中大と早大が4位、5位と続いた。

6位は6区以降の5人全員が区間2位という成績で初の復路優勝を飾った駒大。大八木弘明コーチ(現・監督)の就任2年目で大きな成果をあげた。7位の東洋大は12年ぶりのシード権獲得。前回3位の順大はぎりぎりシード権確保の9位と苦戦したが、9区の浜野健(4年)が区間新記録と見せ場を作った。そのほか、11位の専大は6区の小栗一秀(4年)が4度目の山下りで区間記録を14秒更新する新記録を樹立した。

<人物Close-up>
近藤重勝(神奈川大4)
神奈川大の5区を4年間務め、区間賞2回、区間2位2回と抜群の成績を誇った“山の職人”。箱根駅伝以外にも全日本大学駅伝で2度区間賞を獲得するなど、チームの黄金期を牽引した。大学卒業後はエスビー食品で競技を続け、30歳で引退。その翌年には松蔭大の監督に就任し、2012年には上武大のコーチへ。16年にはエスビー食品の先輩だった花田勝彦前監督(現・GMOアスリーツ)の後を継いで同大を指揮官として率いている。

<総合成績>
1位 神奈川大学  11.14.02(往路1位、復路2位)
2位 山梨学院大学 11.22.20(往路5位、復路3位)
3位 大東文化大学 11.23.49(往路3位、復路6位)
4位 中央大学   11.24.32(往路2位、復路11位)
5位 早稲田大学  11.25.25(往路4位、復路5位)
6位 駒澤大学   11.28.00(往路9位、復路1位)
7位 東洋大学   11.31.39(往路6位、復路10位)
8位 東海大学   11.34.25(往路7位、復路9位)
9位 順天堂大学  11.35.11(往路8位、復路7位)
========シード権ライン=========
10位 日本体育大学 11.38.38(往路10位、復路8位)
11位 専修大学   11.41.33(往路13位、復路4位)
12位 亜細亜大学  11.45.59(往路11位、復路13位)
13位 拓殖大学   11.49.02(往路14位、復路12位)
14位 法政大学   11.54.56(往路15位、復路14位)
15位 東京農業大学 11.57.55(往路12位、復路15位)

広告の下にコンテンツが続きます

<区間賞>
1区(21.3km)梅木蔵雄(早 大3) 1.04.57
2区(23.0km)中村祐二(山梨学大4)1.11.00
3区(21.3km)松下康二(山梨学大1)1.08.16
4区(20.9km)榎木和貴(中 大4) 1.06.03
5区(20.7km)近藤重勝(神奈川大4)1.13.31
6区(20.7km)小栗一秀(専 大4)  59.07=区間新
7区(21.2km)小林雅幸(早 大4) 1.03.13
8区(21.3km)古田哲弘(山梨学大1)1.04.05=区間新
9区(23.0km)浜野 健(順 大4) 1.09.30=区間新
10区(21.3km)今泉勝彦(神奈川大4)1.06.25

PlayBack箱根駅伝1996/古豪・中大が最多14度目のV
【学生駅伝ストーリー】77歳の“新指揮官”青葉監督が目指す名門・日大「箱根シード権への道」
【学生駅伝ストーリー】東海大黄金世代、それぞれの4年間(1)館澤亨次 頼れる主将
【学生駅伝ストーリー】“高校最速”から学生長距離界のトップへ。お互いをライバルと認め合う早大・中谷雄飛と駒大・田澤廉
【学生駅伝ストーリー】相澤晃を育てた「ガクセキ・メソッド」と東洋大での4年間

5区区間賞の活躍で初の往路優勝・総合優勝に貢献した近藤重勝 平成以降の箱根駅伝を振り返る「PlayBack箱根駅伝」。今回は神奈川大が初優勝を果たした第73回大会(1997年)を紹介する。大会の歴史を知ることで、正月の箱根路がより楽しみになるかも!? 【写真で振り返る】第73回箱根駅伝(1997年)

前年途中棄権の神奈川大、山梨学大が意地のワン・ツー

出雲駅伝で上位を占めた早大と中大、全日本大学駅伝で1位、2位だった神奈川大と山梨学大が優勝候補に挙げられた第73回大会。前年まで47回連続出場中だった古豪・日大が予選落ちを喫した一方で、拓大が13年ぶりに予選会突破を果たした。 1区では山梨学大のソロモン・ワチーラ(2年)が序盤で抜け出して独走態勢を作ったが、16.7kmで集団に吸収。区間賞争いは6人に絞られ、早大の梅木蔵雄(3年)がトップで鶴見中継所に飛び込んだ。2位は大東大(萩原英之/2年)、3位は神奈川大(高津智一/3年)、4位は東洋大(永井謙二/4年)と続いた。 2区では前回大会でまさかの途中棄権に泣いた山梨学大の中村祐二(4年)がすばらしい走りを見せた。強烈な向かい風の中を突き進み、9位から8人をゴボウ抜き。区間2位に1分以上の差をつける区間賞の走りで首位へ浮上した。 山梨学大は3区でも松下康二(1年)が区間1位の走りで首位を疾走したが、4区では神奈川大の藤本大輔(4年)が区間2位の好走で山梨学大を逆転。小田原中継所では1分23秒差をつけた。後続は熾烈を極め、2位に上がった早大から3位の大東大、4位の山梨学大、5位の中大までが2秒差という大接戦。なお、この区間を制した中大の榎木和貴(4年)は史上14人目となる4年連続区間賞を達成した。 5区でも神奈川大が首位を独走。1年時からこの区間で区間2位、1位、2位とずば抜けた安定感を見せてきた近藤重勝(4年)が2度目の区間賞で初の往路優勝テープを切った。往路2位は2分08秒差で中大、3位が大東大、4位早大、5位山梨学大と続いた。 神奈川大は復路でもブレーキすることなくタスキをつなぎ、最後は10区の今泉勝彦(4年)が区間賞の走りで初の総合優勝を決めた。1区から10区まで区間3位以内が8人、残り2人も同4位、5位という圧勝劇だった。 2位争いは復路で激しく順位が入れ替わり、8区で古田哲弘(1年)の区間新記録があった山梨学大が総合2位を確保。大東大が連覇を果たした1991年以来となるトップ3を果たし、前回1位、2位だった中大と早大が4位、5位と続いた。 6位は6区以降の5人全員が区間2位という成績で初の復路優勝を飾った駒大。大八木弘明コーチ(現・監督)の就任2年目で大きな成果をあげた。7位の東洋大は12年ぶりのシード権獲得。前回3位の順大はぎりぎりシード権確保の9位と苦戦したが、9区の浜野健(4年)が区間新記録と見せ場を作った。そのほか、11位の専大は6区の小栗一秀(4年)が4度目の山下りで区間記録を14秒更新する新記録を樹立した。 <人物Close-up> 近藤重勝(神奈川大4) 神奈川大の5区を4年間務め、区間賞2回、区間2位2回と抜群の成績を誇った“山の職人”。箱根駅伝以外にも全日本大学駅伝で2度区間賞を獲得するなど、チームの黄金期を牽引した。大学卒業後はエスビー食品で競技を続け、30歳で引退。その翌年には松蔭大の監督に就任し、2012年には上武大のコーチへ。16年にはエスビー食品の先輩だった花田勝彦前監督(現・GMOアスリーツ)の後を継いで同大を指揮官として率いている。 <総合成績> 1位 神奈川大学  11.14.02(往路1位、復路2位) 2位 山梨学院大学 11.22.20(往路5位、復路3位) 3位 大東文化大学 11.23.49(往路3位、復路6位) 4位 中央大学   11.24.32(往路2位、復路11位) 5位 早稲田大学  11.25.25(往路4位、復路5位) 6位 駒澤大学   11.28.00(往路9位、復路1位) 7位 東洋大学   11.31.39(往路6位、復路10位) 8位 東海大学   11.34.25(往路7位、復路9位) 9位 順天堂大学  11.35.11(往路8位、復路7位) ========シード権ライン========= 10位 日本体育大学 11.38.38(往路10位、復路8位) 11位 専修大学   11.41.33(往路13位、復路4位) 12位 亜細亜大学  11.45.59(往路11位、復路13位) 13位 拓殖大学   11.49.02(往路14位、復路12位) 14位 法政大学   11.54.56(往路15位、復路14位) 15位 東京農業大学 11.57.55(往路12位、復路15位) <区間賞> 1区(21.3km)梅木蔵雄(早 大3) 1.04.57 2区(23.0km)中村祐二(山梨学大4)1.11.00 3区(21.3km)松下康二(山梨学大1)1.08.16 4区(20.9km)榎木和貴(中 大4) 1.06.03 5区(20.7km)近藤重勝(神奈川大4)1.13.31 6区(20.7km)小栗一秀(専 大4)  59.07=区間新 7区(21.2km)小林雅幸(早 大4) 1.03.13 8区(21.3km)古田哲弘(山梨学大1)1.04.05=区間新 9区(23.0km)浜野 健(順 大4) 1.09.30=区間新 10区(21.3km)今泉勝彦(神奈川大4)1.06.25 PlayBack箱根駅伝1996/古豪・中大が最多14度目のV 【学生駅伝ストーリー】77歳の“新指揮官”青葉監督が目指す名門・日大「箱根シード権への道」 【学生駅伝ストーリー】東海大黄金世代、それぞれの4年間(1)館澤亨次 頼れる主将 【学生駅伝ストーリー】“高校最速”から学生長距離界のトップへ。お互いをライバルと認め合う早大・中谷雄飛と駒大・田澤廉 【学生駅伝ストーリー】相澤晃を育てた「ガクセキ・メソッド」と東洋大での4年間

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.20

【プレゼント】クレーマージャパンの 「2024全面昇華サマーウェア」半袖Tシャツ/2024年6月号

クレーマージャパンは、これから迎える本格的な夏シーズンに向けて「2024全面昇華サマーウェア」の半袖Tシャツおよびボタンダウンポロシャツの受注生産をオンラインショップでスタートした。 このウェアは、ランニングシャツなどに […]

NEWS 谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

2024.05.20

谷口海斗5m11で25年ぶり県高校記録更新 中村光希41年ぶり大会新 成田沙穂がやり投50m21 豊橋南リレー2種目V/IH愛知県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 愛知県大会は5月17日~19日の3日間、岡崎市龍北総合運動場(マルヤス岡崎龍北スタジアム)で行われた。 広告の下にコン […]

NEWS ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

2024.05.20

ロス瑚花アディアが短距離3冠 近藤いおん都高校新の6m22 仮屋愛優100mH&七種で大会新 明大中野が男子リレー2冠/IH東京都大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 東京都大会は5月5日、11~12日、18~19日の5日間、駒沢陸上競技場(5日はハンマー投のみ […]

NEWS 東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

2024.05.20

東京五輪女子3000m障害銀メダリスト・フレリックスが膝前十字靭帯で今季絶望

女子3000m障害東京五輪銀メダルのC.フレリックス(米国)が前十字靭帯と半月板の手術を受けたことを自身のSNSで報告した。 インスタグラムに手術後の自身の写真とともに文章を投稿し、水濠練習の際に膝前十字靭帯の完全断裂と […]

NEWS 川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

2024.05.20

川﨑光介110mH県高校新の14秒36で3連覇 U16大会覇者・柴田弥聖が200m24秒19 つくば秀英4継40秒26/IH茨城県大会

福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 茨城県大会は5月15日~18日の4日間、笠松運動公園陸上競技場(水戸信用金庫スタジアム)で行われた。 広告の下にコンテ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top