HOME 国内

2023.04.28

山縣亮太 地元で21年9月以来の100m復帰へ「帰ってきたなという感じ」/織田記念
山縣亮太 地元で21年9月以来の100m復帰へ「帰ってきたなという感じ」/織田記念

織田記念の前日会見に臨んだ山縣亮太

◇第57回織田幹雄記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム広島)

日本グランプリシリーズG1の織田記念を翌日に控え、会場となるエディオンスタジアム広島で前日会見が行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

山縣亮太(セイコー)が帰ってきた。

舞台は地元・広島。何度も走ってきた競技場に立ち、「競技を始めて20年以上経つので慣れたかなと思っていたのですが、独特の雰囲気だなと感じます」と笑顔を浮かべ、「試していることがうまくいくか、力を出し切れるかというのは、(ケガ前の)走れてい頃に感じていたような不安も、ワクワクもあります。帰ってきたなという感じ」と心境を明かす。

オリンピック3大会連続出場。2021年には100m9秒95の日本記録も樹立した。五輪後は「パリ五輪を見据えて」痛めていた右膝の手術を決断。もとは4月上旬に六大学対校の200mに出場を予定していたがふくらはぎをケイレンした影響で見送った。織田記念が21年9月の全日本実業団対抗選手権以来の実戦となる。

長く日本スプリントを牽引してきたが、『はじまり』は10年前のこの舞台だったかもしれない。

広告の下にコンテンツが続きます

2013年の織田記念。9秒台を期待される一番手だった山縣の前に、突如10秒01を叩き出した高校生が桐生祥秀(洛南高、現・日本生命)だった。「今でもよく覚えていますよ」。2人の長く続くライバル関係ここがスタートだった。

「10年間、1周しました。彼がいたから技術について考えたり、記録を伸ばしたりしてこられた。大きな刺激をもらえています」

奇しくも、桐生もまた昨年は休養を取り、今年になってトラックに戻ってきた。明日の状況次第で、2人が21年6月以来に戦うことになる。

「また織田記念で一緒に走る。その復帰戦が織田記念というのは感慨深いものがあります」

広告の下にコンテンツが続きます

脚の状態は問題なし。「欠場した六大学からも練習を積んできた」。ケガやスパイクが変わった影響で「走りのリズムが変わっている」。前日刺激では「スピードに乗っていくための加速のつなぎの部分、特に30mまでを意識しました」と言い、「感覚は悪くないです」。

狙うのは日本選手権の参加標準記録10秒39が一つのターゲット。有効期限の5月14日までのチャンスはこの1回きり。簡単ではないと承知の上で、あくまで視界にあるのはパリ五輪。そこに向けたシーズンとして捉える。

「僕も第一線に戻って、また切磋琢磨して世界を目指す舞台に立ちたいと思っています」

思い出も、伝説も、名勝負も刻んできた地元・広島から、日本を代表する稀代のスプリンターが復活への第一歩を踏み出す。

広告の下にコンテンツが続きます
◇第57回織田幹雄記念(4月29日/広島・エディオンスタジアム広島) 日本グランプリシリーズG1の織田記念を翌日に控え、会場となるエディオンスタジアム広島で前日会見が行われた。 山縣亮太(セイコー)が帰ってきた。 舞台は地元・広島。何度も走ってきた競技場に立ち、「競技を始めて20年以上経つので慣れたかなと思っていたのですが、独特の雰囲気だなと感じます」と笑顔を浮かべ、「試していることがうまくいくか、力を出し切れるかというのは、(ケガ前の)走れてい頃に感じていたような不安も、ワクワクもあります。帰ってきたなという感じ」と心境を明かす。 オリンピック3大会連続出場。2021年には100m9秒95の日本記録も樹立した。五輪後は「パリ五輪を見据えて」痛めていた右膝の手術を決断。もとは4月上旬に六大学対校の200mに出場を予定していたがふくらはぎをケイレンした影響で見送った。織田記念が21年9月の全日本実業団対抗選手権以来の実戦となる。 長く日本スプリントを牽引してきたが、『はじまり』は10年前のこの舞台だったかもしれない。 2013年の織田記念。9秒台を期待される一番手だった山縣の前に、突如10秒01を叩き出した高校生が桐生祥秀(洛南高、現・日本生命)だった。「今でもよく覚えていますよ」。2人の長く続くライバル関係ここがスタートだった。 「10年間、1周しました。彼がいたから技術について考えたり、記録を伸ばしたりしてこられた。大きな刺激をもらえています」 奇しくも、桐生もまた昨年は休養を取り、今年になってトラックに戻ってきた。明日の状況次第で、2人が21年6月以来に戦うことになる。 「また織田記念で一緒に走る。その復帰戦が織田記念というのは感慨深いものがあります」 脚の状態は問題なし。「欠場した六大学からも練習を積んできた」。ケガやスパイクが変わった影響で「走りのリズムが変わっている」。前日刺激では「スピードに乗っていくための加速のつなぎの部分、特に30mまでを意識しました」と言い、「感覚は悪くないです」。 狙うのは日本選手権の参加標準記録10秒39が一つのターゲット。有効期限の5月14日までのチャンスはこの1回きり。簡単ではないと承知の上で、あくまで視界にあるのはパリ五輪。そこに向けたシーズンとして捉える。 「僕も第一線に戻って、また切磋琢磨して世界を目指す舞台に立ちたいと思っています」 思い出も、伝説も、名勝負も刻んできた地元・広島から、日本を代表する稀代のスプリンターが復活への第一歩を踏み出す。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top