HOME 特集

2020.07.31

“江戸っ子”ケンブリッジ飛鳥 東京五輪に向けてリスタート切る
“江戸っ子”ケンブリッジ飛鳥 東京五輪に向けてリスタート切る

“江戸っ子”ケンブリッジ飛鳥 東京五輪に向けてリスタート切る

 7月23日から4日間にわたって駒沢陸上競技場で行われた東京選手権。男子100mにケンブリッジ飛鳥(Nike)が出場し、10秒22をマークして優勝した。昨年はケガもあり不調に終わったが、慣れ親しんだ競技場でリスタートを切った。

広告の下にコンテンツが続きます

ここ2年は度重なるケガに泣く

 4年前、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ日本短距離。リオデジャネイロ五輪4×100mリレーでは銀メダルを獲得した。そのアンカーと務めたのがケンブリッジ飛鳥(Nike)。“世界最速の男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)と競り合ったシーンは何度もテレビで流れ、いくつもの雑誌を彩った。

 だが、昨年は日本選手権100m8位、シーズンベストも10秒20にとどまってドーハ世界選手権には個人・リレーともに出場することができずに終わった。

 7月23、24日の東京選手権(駒沢)の男子100m。ケンブリッジは昨年9月の富士北麓ワールドトライアル以来のレースに臨んだ。約1年ぶり。端正な顔立ちによく似合う口ヒゲを蓄えてトラックに戻ってきた。

「(ヒゲは)好評なのでしばらくこのままにしようかな。似合っていますか?」

広告の下にコンテンツが続きます

 シーズン初戦としては「合格点」。予選を10秒29(+0.3)、準決勝では10秒10.26(-0.3)と上げ、決勝は10秒22(-0.8)とまとめた。

「10秒15あたりを目指していました。準決勝は身体がよく動いたのですが、さすがに体力が落ちているのか、レースの疲れを感じますね。ただ、ある程度3本通して自分の走りができたと思います」

 自己ベスト10秒08からすれば物足りなく映るかもしれないが、雨風、湿度、そしてコロナ禍開け初戦を考えれば、目標としていた10秒15をクリアする結果だったと言える。

「この2年はいいシーズンを送れていなくて悔しかった」

広告の下にコンテンツが続きます

 リオ五輪の翌シーズンは春先に追い風参考(5.1m)ながら9秒98をマーク。日本選手権でも3位を死守し、ロンドン世界選手権に出場し、準決勝に進んだ。だが、その年に右太腿を痛めた影響で歯車が狂い始める。

 17年以降、より高めを目指すために出力とパワーはアップし、上半身を中心に身体つきも大きくなった。力強い走りが見られた一方、なかなか万全なコンディションをキープできなかった。その後、左脚のハムストリングス、付け根などケガが続くようになってしまう。

 その間、桐生祥秀(日本生命)、サニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大)、小池祐貴(住友電工)の3人が9秒台に突入。リオ五輪でリレーを組んだ山縣亮太(セイコー)、飯塚翔太(ミズノ)、桐生、さらに多田修平(住友電工)や白石黄良々(セレスポ)らを加え、日本男子短距離は空前の超ハイレベルに引き上がった。

復調アピールも「もう一段階」

 ケガの続いたケンブリッジは、昨秋からフィギュアスケートの高橋大輔の専属トレーナーを務めた経験を持つ、渡部文緒氏に指導を受けるようになる。

広告の下にコンテンツが続きます

「課題だった上下のバランスが取れるようになって、動きがかみ合ってきました。特に前半は安定感が出てきたと思います」

 特に「支持脚で力を発揮できるように」片脚でのカーフレイズなどで強化。ウエイトトレーニングも重さではなくスピードを意識して「正しく無理なく力を発揮する」ように取り組んできた。

 たくましいヒゲとは対象的に、身体はシャープだった頃の体型に近くなり体重も昨年から2kgほど減。ケンブリッジの特長である、力強くもしなやかな走りが戻りつつある印象だ。

「まだ勝負するには力が足りない。もう一段階上げられる感じはあるので、それを練習の中で表現できるかが課題」

広告の下にコンテンツが続きます

 父の祖国ジャマイカ生まれ、幼少期は大阪に住んでいたケンブリッジだが、東京都江東区で育ち、「東京高校」出身。もちろん、東京五輪には特別な想いがある。

 延期になった東京五輪の開幕1年前に、中学時代から何度も走った駒沢競技場を駆け抜けた。「いろいろなところで距離(ソーシャルディスタンス)があるのが少し寂しい」とポツリ。感染拡大対策を講じながら競技会開催に務めた役員は、みなケンブリッジを見守ってきた人たち。その走りに温かい眼差しを送っていた。

「4年前は強い人に勝ちたい。今は“負けたくない”に変わりました。延期で準備する期間が増えました。(1年は)あっという間。開催を信じて準備をするだけ。今年は、来年戦うための自信をつけられればいいです」

“江戸っ子”ケンブリッジが1年後のTOKYOに向けて、東京でリスタートを切った。

広告の下にコンテンツが続きます

ケンブリッジ飛鳥/1993年5月31日生まれ。東京・深川三中→東京高→日大出身。16年リオ五輪4×100mリレー銀メダル、17年世界選手権100m準決勝進出。100mの自己ベストは10秒08=日本歴代10位タイ。

文/向永拓史

“江戸っ子”ケンブリッジ飛鳥 東京五輪に向けてリスタート切る

 7月23日から4日間にわたって駒沢陸上競技場で行われた東京選手権。男子100mにケンブリッジ飛鳥(Nike)が出場し、10秒22をマークして優勝した。昨年はケガもあり不調に終わったが、慣れ親しんだ競技場でリスタートを切った。

ここ2年は度重なるケガに泣く

 4年前、日本中を熱狂の渦に巻き込んだ日本短距離。リオデジャネイロ五輪4×100mリレーでは銀メダルを獲得した。そのアンカーと務めたのがケンブリッジ飛鳥(Nike)。“世界最速の男”ウサイン・ボルト(ジャマイカ)と競り合ったシーンは何度もテレビで流れ、いくつもの雑誌を彩った。  だが、昨年は日本選手権100m8位、シーズンベストも10秒20にとどまってドーハ世界選手権には個人・リレーともに出場することができずに終わった。  7月23、24日の東京選手権(駒沢)の男子100m。ケンブリッジは昨年9月の富士北麓ワールドトライアル以来のレースに臨んだ。約1年ぶり。端正な顔立ちによく似合う口ヒゲを蓄えてトラックに戻ってきた。 「(ヒゲは)好評なのでしばらくこのままにしようかな。似合っていますか?」  シーズン初戦としては「合格点」。予選を10秒29(+0.3)、準決勝では10秒10.26(-0.3)と上げ、決勝は10秒22(-0.8)とまとめた。 「10秒15あたりを目指していました。準決勝は身体がよく動いたのですが、さすがに体力が落ちているのか、レースの疲れを感じますね。ただ、ある程度3本通して自分の走りができたと思います」  自己ベスト10秒08からすれば物足りなく映るかもしれないが、雨風、湿度、そしてコロナ禍開け初戦を考えれば、目標としていた10秒15をクリアする結果だったと言える。 「この2年はいいシーズンを送れていなくて悔しかった」  リオ五輪の翌シーズンは春先に追い風参考(5.1m)ながら9秒98をマーク。日本選手権でも3位を死守し、ロンドン世界選手権に出場し、準決勝に進んだ。だが、その年に右太腿を痛めた影響で歯車が狂い始める。  17年以降、より高めを目指すために出力とパワーはアップし、上半身を中心に身体つきも大きくなった。力強い走りが見られた一方、なかなか万全なコンディションをキープできなかった。その後、左脚のハムストリングス、付け根などケガが続くようになってしまう。  その間、桐生祥秀(日本生命)、サニブラウン・アブデル・ハキーム(フロリダ大)、小池祐貴(住友電工)の3人が9秒台に突入。リオ五輪でリレーを組んだ山縣亮太(セイコー)、飯塚翔太(ミズノ)、桐生、さらに多田修平(住友電工)や白石黄良々(セレスポ)らを加え、日本男子短距離は空前の超ハイレベルに引き上がった。

復調アピールも「もう一段階」

 ケガの続いたケンブリッジは、昨秋からフィギュアスケートの高橋大輔の専属トレーナーを務めた経験を持つ、渡部文緒氏に指導を受けるようになる。 「課題だった上下のバランスが取れるようになって、動きがかみ合ってきました。特に前半は安定感が出てきたと思います」  特に「支持脚で力を発揮できるように」片脚でのカーフレイズなどで強化。ウエイトトレーニングも重さではなくスピードを意識して「正しく無理なく力を発揮する」ように取り組んできた。  たくましいヒゲとは対象的に、身体はシャープだった頃の体型に近くなり体重も昨年から2kgほど減。ケンブリッジの特長である、力強くもしなやかな走りが戻りつつある印象だ。 「まだ勝負するには力が足りない。もう一段階上げられる感じはあるので、それを練習の中で表現できるかが課題」  父の祖国ジャマイカ生まれ、幼少期は大阪に住んでいたケンブリッジだが、東京都江東区で育ち、「東京高校」出身。もちろん、東京五輪には特別な想いがある。  延期になった東京五輪の開幕1年前に、中学時代から何度も走った駒沢競技場を駆け抜けた。「いろいろなところで距離(ソーシャルディスタンス)があるのが少し寂しい」とポツリ。感染拡大対策を講じながら競技会開催に務めた役員は、みなケンブリッジを見守ってきた人たち。その走りに温かい眼差しを送っていた。 「4年前は強い人に勝ちたい。今は“負けたくない”に変わりました。延期で準備する期間が増えました。(1年は)あっという間。開催を信じて準備をするだけ。今年は、来年戦うための自信をつけられればいいです」 “江戸っ子”ケンブリッジが1年後のTOKYOに向けて、東京でリスタートを切った。 ケンブリッジ飛鳥/1993年5月31日生まれ。東京・深川三中→東京高→日大出身。16年リオ五輪4×100mリレー銀メダル、17年世界選手権100m準決勝進出。100mの自己ベストは10秒08=日本歴代10位タイ。 文/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top