HOME 国内、大学

2023.04.02

400mH法大・黒川和樹が49秒35!自身初戦最速、世界陸上標準切りへ「自信があります」/六大学対校
400mH法大・黒川和樹が49秒35!自身初戦最速、世界陸上標準切りへ「自信があります」/六大学対校

400mHの黒川和樹

◇第56回東京六大学対校陸上(4月2日/東京・国立競技場)

六大学対校の対校男子400mハードルは、黒川和樹(法大)が連覇。400mハードルのシーズン初戦としては自身最速タイムに、フィニッシュ後は思わず「よっしゃ!」と雄叫びを上げた。

広告の下にコンテンツが続きます

数日前に扁桃腺が腫れて体調不良もあったため「こんなに出ると思わなかった」と喜ぶ。予選は51秒31。決勝は持ち味のスタートから爆走し、「後ろから豊田君(兼、慶大)が来ていたので逃げようと思いました。

6台目でハードルに接触してバランスを崩したが、「それでスイッチが入った」と後半の切り替えに成功。ラストまで脚色は衰えなかった。

21年東京五輪に出場し、昨年のオレゴン世界選手権では準決勝に進出。順調にステップアップをしてきたが、その反動は小さくなかった。海外勢のスピードや強さに自分の走りを見失うことや、オレゴンの後には「少し気持ちが切れた」のもあった。

しかし、ひと味違う冬を過ごした黒川。「以前は150mや200mといったスプリント系が中心」だったところから、「後半でもがいてしまう」課題を克服するため300m以上の「長い距離を、同期で持久力のある地主(直央)たちと走ってきました」。ウエイトトレーニングで上半身も強化し、「ラストも腕をしっかり使う」。それが一つ形になった。

広告の下にコンテンツが続きます

そうした冬季シーズンを「ケガが一つもなく」過ごしたからこそ、「気持ちが1年前よりも強くなった」と胸を張る。ブダペスト世界選手権の参加標準記録は48秒70。自己ベスト48秒68をクリアするのが必須となるが、「自信があります」。

今後は静岡国際、木南記念といった日本グランプリシリーズで参加標準突破をもくろむ。世界選手権はもちろん、「今年はダイヤモンドリーグやアジアなど海外のレースも出てみたいです」と、その目は『対世界』に向いていた。

2位に入った豊田は50秒00。「8台目まで13歩、残り2台14歩を試すことができた」と収穫を得た。2月中旬から1ヵ月は日本陸連のリレー合宿で米国へ。「パワー不足を感じましたが、必死で食らいつけば追いつけると思います」と刺激になった。110mハードルでも13秒44を持つ豊田。マルチハードラーは「6月までに400mハードルの参加標準記録を狙いたい」と意気込んでいる。

オープン400mハードルには昨年49秒07をマークした田中天智龍(早大)が出場し、50秒61をマーク。「49秒台が出せず悔しい。早大の主将として世界で走りたい」と語った。

広告の下にコンテンツが続きます

今年もハイレベルな学生ヨンパー陣が陸上界を盛り上げそうだ。

◇第56回東京六大学対校陸上(4月2日/東京・国立競技場) 六大学対校の対校男子400mハードルは、黒川和樹(法大)が連覇。400mハードルのシーズン初戦としては自身最速タイムに、フィニッシュ後は思わず「よっしゃ!」と雄叫びを上げた。 数日前に扁桃腺が腫れて体調不良もあったため「こんなに出ると思わなかった」と喜ぶ。予選は51秒31。決勝は持ち味のスタートから爆走し、「後ろから豊田君(兼、慶大)が来ていたので逃げようと思いました。 6台目でハードルに接触してバランスを崩したが、「それでスイッチが入った」と後半の切り替えに成功。ラストまで脚色は衰えなかった。 21年東京五輪に出場し、昨年のオレゴン世界選手権では準決勝に進出。順調にステップアップをしてきたが、その反動は小さくなかった。海外勢のスピードや強さに自分の走りを見失うことや、オレゴンの後には「少し気持ちが切れた」のもあった。 しかし、ひと味違う冬を過ごした黒川。「以前は150mや200mといったスプリント系が中心」だったところから、「後半でもがいてしまう」課題を克服するため300m以上の「長い距離を、同期で持久力のある地主(直央)たちと走ってきました」。ウエイトトレーニングで上半身も強化し、「ラストも腕をしっかり使う」。それが一つ形になった。 そうした冬季シーズンを「ケガが一つもなく」過ごしたからこそ、「気持ちが1年前よりも強くなった」と胸を張る。ブダペスト世界選手権の参加標準記録は48秒70。自己ベスト48秒68をクリアするのが必須となるが、「自信があります」。 今後は静岡国際、木南記念といった日本グランプリシリーズで参加標準突破をもくろむ。世界選手権はもちろん、「今年はダイヤモンドリーグやアジアなど海外のレースも出てみたいです」と、その目は『対世界』に向いていた。 2位に入った豊田は50秒00。「8台目まで13歩、残り2台14歩を試すことができた」と収穫を得た。2月中旬から1ヵ月は日本陸連のリレー合宿で米国へ。「パワー不足を感じましたが、必死で食らいつけば追いつけると思います」と刺激になった。110mハードルでも13秒44を持つ豊田。マルチハードラーは「6月までに400mハードルの参加標準記録を狙いたい」と意気込んでいる。 オープン400mハードルには昨年49秒07をマークした田中天智龍(早大)が出場し、50秒61をマーク。「49秒台が出せず悔しい。早大の主将として世界で走りたい」と語った。 今年もハイレベルな学生ヨンパー陣が陸上界を盛り上げそうだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.19

和田遼がDL廈門・男子100mに出場決定! オレゴン金のカーリー、先輩の桐生祥秀らと対決

4月19日、ダイヤモンドリーグ(DL)の主催者は20日に行われる第1戦廈門大会のスタートリストを発表し、男子100mに和田遼(ミキハウス)が新たにエントリーされたことが明らかとなった。 和田は東洋大卒の23歳。京都・洛南 […]

NEWS 北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

2024.04.19

北京ハーフマラソンで優勝した何傑を含む上位4人の成績を取り消し アフリカ選手がフィニッシュ前に順位譲り国際的な問題に

4月19日、北京ハーフマラソン組織委員会は、14日のレースで優勝した何傑(中国)を含む、上位4人の成績を取り消すことを発表した。 このレースでは何が1時間3分44秒で優勝を飾ったが、フィニッシュ寸前で先導していたケニアの […]

NEWS 編集部コラム「新年度スタート」

2024.04.19

編集部コラム「新年度スタート」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

2024.04.19

十種競技・右代啓祐が7164点 06年から続く7000点超えを“19年連続”に伸ばす/マウントサックリレー

4月17日、18日の両日、米国カリフォルニア州ウォルナットで第64回マウントサックリレーの1日目、2日目が行われ、男子十種競技に出場した右代啓祐(国士舘クラブ)が7164点で14位に入った。 8308点の日本記録を持つ右 […]

NEWS 大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

2024.04.19

大学駅伝新年度開幕!青学大に折田壮太ら13分台6人 駒大に期待の桑田駿介 3000m障害高校新の永原颯磨は順大

第101回箱根駅伝に向けた新たなシーズンが開幕した。今年も各地から有力な高校生が数多く関東の大学に進学。注目の世代最強ランナーや高校記録保持者など、各校の新戦力を確認していく。 今年1月の第100回大会で駒大の2年連続学 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top