HOME 駅伝

2023.04.01

ロジスティードに山谷昌也、藤本珠輝、富田峻平、四釜峻佑が入社 GMOからロノも加入 日立物流から社名変更
ロジスティードに山谷昌也、藤本珠輝、富田峻平、四釜峻佑が入社 GMOからロノも加入 日立物流から社名変更

22年関東インカレ男子ハーフマラソンを制した藤本珠輝

4月1日、日立物流から社名を変更したロジスティードが陸上部のホームページを更新。今春、大学を卒業した藤本珠輝、山谷昌也、富田峻平、四釜峻佑の4人が新入社員としてチームに加わり、GMOインターネットグループに所属していたギデオン・キプケルティッチ・ロノが移籍加入した。

藤本は日体大卒。兵庫・西脇工高から進学し、大学1年からチームの主軸として活躍した。箱根駅伝も4年連続で出場。1年は山上りの5区、2年は1区と主要区間を担い、3年ではエース区間の2区で区間10位と力走した。4年次には5月の関東インカレのハーフマラソンを1時間2分20秒で制し、メクボ・ジョブ・モグス(山梨学大)の大会記録を14年ぶりに塗り替えている。

その後、脚の骨折で調子を落としていたが、冬にはカムバック。最後となった今年の箱根駅伝でも2区と務めた。入社にあたり、「チームの戦力となれるよう頑張ります」とホームページで意気込みを示している。

山谷は茨城・水城高時代にインターハイ北関東大会5000mで優勝。東京国際大では1年で全日本大学駅伝の1区を担当。以後、チームのスターター役として、1区で快走を続けた。10000mでは28分11秒94のベストを持つ。

明大出身の富田は今年の箱根駅伝1区で区間賞を獲得。ハーフマラソンでも1時間2分10秒のベストを持ち、ロードでの強さを発揮している。

順大から進んだ四釜は、大学3年次に関東インカレハーフマラソンで日本人最上位の4位に入賞。箱根駅伝では2年連続で5区を務め、今年は区間2位ながら、区間記録を上回るタイムで走破し、チームに貢献した。

また、服部翔大、栃木渡、永戸聖が3月31日をもって退部したことも発表された。

ロジスティード陸上部は、日立電線が1970年にマラソン部として発足したチームを、12年に日立物流へ移管するかたちで創部。全日本実業団駅伝には日立電線時代に25回、日立物流時代には11回出場している。

4月1日、日立物流から社名を変更したロジスティードが陸上部のホームページを更新。今春、大学を卒業した藤本珠輝、山谷昌也、富田峻平、四釜峻佑の4人が新入社員としてチームに加わり、GMOインターネットグループに所属していたギデオン・キプケルティッチ・ロノが移籍加入した。 藤本は日体大卒。兵庫・西脇工高から進学し、大学1年からチームの主軸として活躍した。箱根駅伝も4年連続で出場。1年は山上りの5区、2年は1区と主要区間を担い、3年ではエース区間の2区で区間10位と力走した。4年次には5月の関東インカレのハーフマラソンを1時間2分20秒で制し、メクボ・ジョブ・モグス(山梨学大)の大会記録を14年ぶりに塗り替えている。 その後、脚の骨折で調子を落としていたが、冬にはカムバック。最後となった今年の箱根駅伝でも2区と務めた。入社にあたり、「チームの戦力となれるよう頑張ります」とホームページで意気込みを示している。 山谷は茨城・水城高時代にインターハイ北関東大会5000mで優勝。東京国際大では1年で全日本大学駅伝の1区を担当。以後、チームのスターター役として、1区で快走を続けた。10000mでは28分11秒94のベストを持つ。 明大出身の富田は今年の箱根駅伝1区で区間賞を獲得。ハーフマラソンでも1時間2分10秒のベストを持ち、ロードでの強さを発揮している。 順大から進んだ四釜は、大学3年次に関東インカレハーフマラソンで日本人最上位の4位に入賞。箱根駅伝では2年連続で5区を務め、今年は区間2位ながら、区間記録を上回るタイムで走破し、チームに貢献した。 また、服部翔大、栃木渡、永戸聖が3月31日をもって退部したことも発表された。 ロジスティード陸上部は、日立電線が1970年にマラソン部として発足したチームを、12年に日立物流へ移管するかたちで創部。全日本実業団駅伝には日立電線時代に25回、日立物流時代には11回出場している。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.12

男子主将の飯塚翔太 意外にも人生初キャプテン「引っ張るより若手に交じって」

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開き、男女の主将も発表。男子200mの飯塚翔太(ミズノ)、女子やり投の北口榛花(JAL)がそれぞれ選ばれた。 結団式を終え、飯塚が報道陣 […]

NEWS パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

2024.07.12

パリ五輪日本代表主将は男子・飯塚翔太、女子・北口榛花!総勢55名で世界に挑む

パリ五輪を間近に控える7月12日、日本陸連がTEAM JAPAN結団式をオンラインで開いた。 冒頭で山崎一彦・強化委員長は「みなさんはしっかり準備をして全身全霊で競技をするだけ。われわれコーチ陣、スタッフは全力でサポート […]

NEWS “中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

2024.07.12

“中学日本一決定戦” 福井全中のライブ配信が決定! 4日間の熱戦をYouTubeで

8月17日から21日に、福井市で行われる第51回全日本中学校選手権(全中)をYouTubeでライブ配信することを大会主催者が発表した。 全中は毎年8月に中学生の日本一を決定する大会として開催され、今年は福井市の福井県営陸 […]

NEWS 全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

2024.07.12

全中2027年大会から男子400mと男子3000mを廃止し、女子棒高跳や男女円盤投の実施を検討 ターゲットナンバー導入も

毎年夏に開催される全中(全国中学校体育大会/全日本中学校陸上競技選手権大会)について、日本中学校体育連盟陸上競技部は2027年大会から実施種目を変更し、現行から男子400mと男子3000mを廃止するとともに、女子棒高跳と […]

NEWS パリ五輪TVスケジュール

2024.07.12

パリ五輪TVスケジュール

8月1日(木) NHK 14:30~ 男子20kmW、女子20kmW 8月2日(金) TBS系 24:30~29:30 男子10000m決勝 8月3日(土) フジテレビ系 25:00~29:30 女子100m決勝 8月4 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top