HOME 国内

2023.03.06

29歳の其田健也が日本人4人目の2時間6分切り「コツコツやってきた」/東京マラソン
29歳の其田健也が日本人4人目の2時間6分切り「コツコツやってきた」/東京マラソン

◇東京マラソン2023(3月5日/東京都庁~東京駅)

ワールドマラソンメジャーズの一つで、JMCシリーズG1の東京マラソン2023が行われた。

広告の下にコンテンツが続きます

日本人2番手に入った其田健也(JR東日本)は、複雑な表情を浮かべていた。

「2時間5分台を出したのはうれしいですが、日本人トップを取れず、後輩にも負けたので悔しいです」

最後の最後まで絞り出し、2時間5分59秒。ギリギリで日本人4人目の2時間6分切りを果たした。だが、駒大の後輩にあたる山下一貴(三菱重工)に敗れたことが悔しかった。

すでにパリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)の出場権を持っていた中で、「自分でも未知のペース」という1km2分57秒ペースを体感。さすがに「20kmまでは無理なく行こうと思って集団の後ろで力を使わないようにしていた」と言う。

広告の下にコンテンツが続きます

それでも30km以降は「身体が全然動かなかった」。ただ、最後まで粘りを見せると、腹痛もあってややペースダウンした大迫傑(Nike)をかわしてフィニッシュに飛び込んだ。

青森山田高出身から駒大は、田澤廉と同じルート。高校時代は5000m13分55秒91を持つエースで、3年のインターハイでは1500m(11位)、5000m(9位)と2種目で決勝へ。今大会女子を制したローズマリー・ワンジル(ケニア)の2学年上で、2011年にはともに全国高校駅伝にも出走している。

大学進学後は中村匠吾(現・富士通)、村山謙太(現・旭化成)ら強力なメンバーの中で揉まれ成長。箱根駅伝では2年時に10区区間2位、3年目は9区区間3位でいずれも2位に貢献した。4年時には1区を走っている。

初マラソンは18年のびわ湖毎日でその時は2時間14分53秒。20年の同大会でも2時間9分50秒と特筆すべき結果は残せていなかった。だが、全日本実業団対抗駅伝では6区区間新(区間2位)など、着実に力をつけた其田。昨年の東京マラソンで日本人2位(2時間7分23秒)となりMGCをつかんだ。

広告の下にコンテンツが続きます

今大会に向けて「特に変わったことはしていません」と言い、「コツコツとポイント練習をこなすのが大事」と、地道にトレーニングを積んだ。その姿勢は大学時代の恩師・大八木弘明監督も認めるところで、「スピード型でマラソンはどうかなと思っていましたが、努力をする。しっかりやったから結果が出たのでしょう」と称える。

「世界とはまだまだ差があるので、もっと強度の高い練習をしていきたい」

ブダペスト世界選手権も「視野にありますが、しっかりMGCで2位以内に入りたい」と、パリ五輪代表を狙っていく。

◇東京マラソン2023(3月5日/東京都庁~東京駅) ワールドマラソンメジャーズの一つで、JMCシリーズG1の東京マラソン2023が行われた。 日本人2番手に入った其田健也(JR東日本)は、複雑な表情を浮かべていた。 「2時間5分台を出したのはうれしいですが、日本人トップを取れず、後輩にも負けたので悔しいです」 最後の最後まで絞り出し、2時間5分59秒。ギリギリで日本人4人目の2時間6分切りを果たした。だが、駒大の後輩にあたる山下一貴(三菱重工)に敗れたことが悔しかった。 すでにパリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)の出場権を持っていた中で、「自分でも未知のペース」という1km2分57秒ペースを体感。さすがに「20kmまでは無理なく行こうと思って集団の後ろで力を使わないようにしていた」と言う。 それでも30km以降は「身体が全然動かなかった」。ただ、最後まで粘りを見せると、腹痛もあってややペースダウンした大迫傑(Nike)をかわしてフィニッシュに飛び込んだ。 青森山田高出身から駒大は、田澤廉と同じルート。高校時代は5000m13分55秒91を持つエースで、3年のインターハイでは1500m(11位)、5000m(9位)と2種目で決勝へ。今大会女子を制したローズマリー・ワンジル(ケニア)の2学年上で、2011年にはともに全国高校駅伝にも出走している。 大学進学後は中村匠吾(現・富士通)、村山謙太(現・旭化成)ら強力なメンバーの中で揉まれ成長。箱根駅伝では2年時に10区区間2位、3年目は9区区間3位でいずれも2位に貢献した。4年時には1区を走っている。 初マラソンは18年のびわ湖毎日でその時は2時間14分53秒。20年の同大会でも2時間9分50秒と特筆すべき結果は残せていなかった。だが、全日本実業団対抗駅伝では6区区間新(区間2位)など、着実に力をつけた其田。昨年の東京マラソンで日本人2位(2時間7分23秒)となりMGCをつかんだ。 今大会に向けて「特に変わったことはしていません」と言い、「コツコツとポイント練習をこなすのが大事」と、地道にトレーニングを積んだ。その姿勢は大学時代の恩師・大八木弘明監督も認めるところで、「スピード型でマラソンはどうかなと思っていましたが、努力をする。しっかりやったから結果が出たのでしょう」と称える。 「世界とはまだまだ差があるので、もっと強度の高い練習をしていきたい」 ブダペスト世界選手権も「視野にありますが、しっかりMGCで2位以内に入りたい」と、パリ五輪代表を狙っていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.17

メルボルン五輪女子円盤投金のフィコトバ・コノリー氏が死去 バスケ選手としても活躍

1956年メルボルン五輪女子円盤投金メダルのO.フィコトバ・コノリー氏(チェコスロバキア→米国)が4月12日に亡くなったことを欧州陸連が発表した。91歳だった。 フィコトバ・コノリー氏はメルボルン五輪を五輪新の53m69 […]

NEWS パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

2024.04.17

パリ五輪の公式スポーツウエアが公開!赤を基調にパリの日の出イメージ 環境への配慮も

今夏のパリ五輪・パラリンピックで日本選手団が着用する公式スポーツウエアが4月17日に公開された。 メーカーはアシックス。ジャケットは赤を基調に、パリの日の出をイメージしたデザインがあしらわれている。寒暖差が予想されるため […]

NEWS 男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

2024.04.17

男子はレンマが逃げ切りV 女子のオビリは連覇達成/ボストンマラソン

4月15日、伝統の第128回ボストンマラソンが米国で開催され、男子はS.レンマ(エチオピア)が2時間6分17秒で、女子はロンドン・ドーハ世界選手権5000m金メダルのH.オビリ(ケニア)が2時間22分37秒で優勝した。 […]

NEWS やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

2024.04.16

やり投・ディーン元気が始球式で139キロの剛速球披露!「もう少し出せたかな」

男子やり投のディーン元気(ミズノ)が、4月16日に行われたプロ野球の中日対ヤクルトの始球式を行った。 背番号は88で、「87m60(の日本記録)を超えたい」という思いを込めたという。ディーンはワンバウンドながら球速139 […]

NEWS 静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

2024.04.16

静岡国際のエントリー発表 200mに鵜澤飛羽と飯塚翔太 400mHは豊田兼と黒川和樹らが激突 走高跳には真野友博

日本グランプリシリーズの第39回静岡国際陸上競技大会(5月3日/静岡・エコパスタジアム)のエントリーリストが4月15日に主催者から発表されている。 男子では200mに昨年のブダペスト世界選手権代表・鵜澤飛羽(筑波大)や飯 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top