HOME 国内

2023.03.06

松田瑞生 涙浮かべ「世界の壁は大きい」日本記録と世界への挑戦は続く/東京マラソン
松田瑞生 涙浮かべ「世界の壁は大きい」日本記録と世界への挑戦は続く/東京マラソン

東京マラソン2023で日本人トップだった松田瑞生

◇東京マラソン2023(3月5日/東京都庁~東京駅)

ワールドマラソンメジャーズの一つで、JMCシリーズG1の東京マラソン2023が行われ、女子日本人トップは松田瑞生(ダイハツ)。群を抜く安定感を見せ、自己2番目となる2時間21分44秒をマークして6位だった。

広告の下にコンテンツが続きます

しかし、フィニッシュ後は涙が止まらない。「今回は挑戦というテーマでスタートラインに立ちました」。日本記録以上のハイペースとなる1km3分17秒に設定された先頭集団。松田は序盤からいいペースを刻む。

身体に反応が起きたのは15km付近。「そこまでで、いっぱいいっぱいになりました」。松田をもってしても、ついていくのがやっと。その後は「少し落ち着いた部分もあった」が、やはり「世界選手権でも感じましたが、1人(単独走)は厳しい」とペースを落としてしまった。

ただ、収穫はあった。「最初からハイペースを経験できたのは本当に良かったです。ビックリしてしまった部分がありますが、次は楽に感じると思います」。

世界と戦うために必要な「ライン」だと捉えているのが野口みずきの日本記録2時間19分12秒。これまでのレースでも常に頭に入れてきたが、今回は記録の出る東京マラソンを選んだからには、特に狙っていた。だが、遠い。

広告の下にコンテンツが続きます

「世界というのは走れば走るほど、高い壁だと痛感します。世界選手権も、今回も、全然歯が立たない」

今は日本記録を出してもなお、世界との差は縮まるどころか広がるばかり。悔しいけど、これが現実。ただ、松田の心は折れない。

大阪薫英女学院高時代、最後の駅伝のあと、「マラソンでオリンピックに出ます」と笑顔で話していた松田。その夢が折れることはない。「世界と戦いたい」。そのために必要なことはたった一つ。「地道に今の努力を継続していった先に、何か得られるもの、結果が残せると思います。その挑戦する姿を見せていきたい」。

レース後、その野口みずきさんから、「みずきの記録は、瑞生(みずき)が切ってよと真顔で言われました。すごくうれしかったですし頑張りたい」。最後は笑顔で前を向いた。

広告の下にコンテンツが続きます

今年は夏のブダペスト世界選手権、そして秋のパリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)が待っている。松田らしく、これまで通り突っ走っていく。

◇東京マラソン2023(3月5日/東京都庁~東京駅) ワールドマラソンメジャーズの一つで、JMCシリーズG1の東京マラソン2023が行われ、女子日本人トップは松田瑞生(ダイハツ)。群を抜く安定感を見せ、自己2番目となる2時間21分44秒をマークして6位だった。 しかし、フィニッシュ後は涙が止まらない。「今回は挑戦というテーマでスタートラインに立ちました」。日本記録以上のハイペースとなる1km3分17秒に設定された先頭集団。松田は序盤からいいペースを刻む。 身体に反応が起きたのは15km付近。「そこまでで、いっぱいいっぱいになりました」。松田をもってしても、ついていくのがやっと。その後は「少し落ち着いた部分もあった」が、やはり「世界選手権でも感じましたが、1人(単独走)は厳しい」とペースを落としてしまった。 ただ、収穫はあった。「最初からハイペースを経験できたのは本当に良かったです。ビックリしてしまった部分がありますが、次は楽に感じると思います」。 世界と戦うために必要な「ライン」だと捉えているのが野口みずきの日本記録2時間19分12秒。これまでのレースでも常に頭に入れてきたが、今回は記録の出る東京マラソンを選んだからには、特に狙っていた。だが、遠い。 「世界というのは走れば走るほど、高い壁だと痛感します。世界選手権も、今回も、全然歯が立たない」 今は日本記録を出してもなお、世界との差は縮まるどころか広がるばかり。悔しいけど、これが現実。ただ、松田の心は折れない。 大阪薫英女学院高時代、最後の駅伝のあと、「マラソンでオリンピックに出ます」と笑顔で話していた松田。その夢が折れることはない。「世界と戦いたい」。そのために必要なことはたった一つ。「地道に今の努力を継続していった先に、何か得られるもの、結果が残せると思います。その挑戦する姿を見せていきたい」。 レース後、その野口みずきさんから、「みずきの記録は、瑞生(みずき)が切ってよと真顔で言われました。すごくうれしかったですし頑張りたい」。最後は笑顔で前を向いた。 今年は夏のブダペスト世界選手権、そして秋のパリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)が待っている。松田らしく、これまで通り突っ走っていく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top