HOME 国内

2023.02.26

堤雄司が55m87で男子円盤投逆転V!33歳のベテラン「今季は目の前の試合に勝つ」/JAG大崎
堤雄司が55m87で男子円盤投逆転V!33歳のベテラン「今季は目の前の試合に勝つ」/JAG大崎

2023年JAG大崎の男子円盤投に出場した堤雄司(ALSOK群馬)

◇Japan Athlete Games in Osaki 2023(2月26日/鹿児島県大崎町・ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅)

Japan Athlete Games in Osaki 2023が行われ、男子円盤投は堤雄司(ALSOK群馬)が55m87で優勝した。

広告の下にコンテンツが続きます

堤は2投目に54m69、3投目に55m16をマークし、トップで4投目へ。5投目に入って、幸長慎一(四国大AC)が55m85を放ってトップに立ったが、すぐさま55m87と逆転。そのまま逃げ切り、2023年の初戦を飾った。

「記録的には55m、技術的には冬季にずっと取り組んできたことを意識せずにできるか、意識しないとできないかの確認」という2つの目標を立てて臨んだ堤。結果として、「記録は目標達成」したが、「技術的にはまだまだこれから」と振り返る。

特に、前半の3投は納得のいく投てきがなかった。だが、「(ターンに入る前の)構えで重心を低くして、身体の前に深さ(空間)を作るイメージ」を大切にした4投目と、そこを含む全体の流れを意識した5投目は、まずまずの技術が出せたという。

5投目は直前に逆転を許したことで、「負けたくない」と意地も出た。今季はこの「目の前の試合を勝ちたい」という意識を大切にしていくそうで、しっかりと勝ち切ったことには笑顔がこぼれる。

広告の下にコンテンツが続きます

33歳となり、キャリアの集大成を意識し始めている。4連覇を飾った昨年の日本選手権も、「負けたら引退」という気持ちだったと明かす。だが、今季は冬季に腰の状態が思わしくなかったこともあって、心身ともにゆとりを持った冬季を過ごしてきた。

2023年シーズンに向けても、「選ばれれば7月のアジア選手権、9月のアジア大会が目標になるので、6月の日本選手権に合わせていく」というスタンス。例年なら春先から全開だったが、スロースタートの構えだ。

もちろん、「チャンスがあれば」アジアをステップに、世界への挑戦を見据えている。ただ、それ以上にこれまで最も大事にしてきたこと、「目の前の試合に勝つ、ということを貫徹していきたい」と堤。自身の円盤投をとことん追求し続けてきたベテランは、一投一投にその思いを込めて臨んでいく。

◇Japan Athlete Games in Osaki 2023(2月26日/鹿児島県大崎町・ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) Japan Athlete Games in Osaki 2023が行われ、男子円盤投は堤雄司(ALSOK群馬)が55m87で優勝した。 堤は2投目に54m69、3投目に55m16をマークし、トップで4投目へ。5投目に入って、幸長慎一(四国大AC)が55m85を放ってトップに立ったが、すぐさま55m87と逆転。そのまま逃げ切り、2023年の初戦を飾った。 「記録的には55m、技術的には冬季にずっと取り組んできたことを意識せずにできるか、意識しないとできないかの確認」という2つの目標を立てて臨んだ堤。結果として、「記録は目標達成」したが、「技術的にはまだまだこれから」と振り返る。 特に、前半の3投は納得のいく投てきがなかった。だが、「(ターンに入る前の)構えで重心を低くして、身体の前に深さ(空間)を作るイメージ」を大切にした4投目と、そこを含む全体の流れを意識した5投目は、まずまずの技術が出せたという。 5投目は直前に逆転を許したことで、「負けたくない」と意地も出た。今季はこの「目の前の試合を勝ちたい」という意識を大切にしていくそうで、しっかりと勝ち切ったことには笑顔がこぼれる。 33歳となり、キャリアの集大成を意識し始めている。4連覇を飾った昨年の日本選手権も、「負けたら引退」という気持ちだったと明かす。だが、今季は冬季に腰の状態が思わしくなかったこともあって、心身ともにゆとりを持った冬季を過ごしてきた。 2023年シーズンに向けても、「選ばれれば7月のアジア選手権、9月のアジア大会が目標になるので、6月の日本選手権に合わせていく」というスタンス。例年なら春先から全開だったが、スロースタートの構えだ。 もちろん、「チャンスがあれば」アジアをステップに、世界への挑戦を見据えている。ただ、それ以上にこれまで最も大事にしてきたこと、「目の前の試合に勝つ、ということを貫徹していきたい」と堤。自身の円盤投をとことん追求し続けてきたベテランは、一投一投にその思いを込めて臨んでいく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.24

木南記念・男子100mに坂井隆一郎、女子走幅跳に秦澄美鈴! 女子100mHは寺田明日香と田中佑美が出場

大阪陸協は4月24日、5月12日に開催される第11回木南記念(ヤンマースタジアム長居・ヤンマーフィールド長居)の主な出場選手4人を発表した。 男子100mで昨年の日本選手権で優勝を飾り、ブダペスト世界選手権に出場した坂井 […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

2024.04.24

【学生長距離Close-upインタビュー】悔しさ糧に成長した中央学大・近田陽路 「全員がいい記録を出せるチームに」

学生長距離Close-upインタビュー 近田陽路 Konda Hiro 中央学大3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。38回目は、中央学大の近 […]

NEWS セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

2024.04.24

セイコーGGP男子5000mに日本歴代8位の伊藤達彦、太田智樹、吉居兄弟、鈴木芽吹ら追加出場

日本陸連は4月24日、セイコーゴールデングランプリ陸上2024東京(5月19日/東京・国立競技場)の男子5000mの追加出場選手15人を発表した。 2021年東京五輪、22年オレゴン世界選手権男子10000m代表で、昨年 […]

NEWS 新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

2024.04.24

新潟アルビレックスRC サトウ食品とクラブネーミングライツパートナー契約「日本の陸上界にとって新たな1ページ」

新潟アルビレックスランニングクラブは4月24日、地元(新潟市)に本社を置くサトウ食品とクラブ初のネーミングライツパートナー契約を締結したことを発表した。契約は3年としている。 同市内で行われた記者会見にはサトウ食品の佐藤 […]

NEWS 世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

2024.04.24

世界リレーのエントリーリスト発表 米国男子4×100mRにN.ライルズ! ジャマイカ女子4×100mRは若手中心

バハマ・ナッソーで開催される世界リレー大会(5月4、5日)のエントリーリストが4月23日に発表された。 4×100mリレーは男子32チーム、女子30チームがエントリー。4×400mリレーは男子32チーム、女子27チーム、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top