HOME 国内

2023.02.20

藤井菜々子が2年ぶり2度目の制覇「思ったよりも寒く感じた」連覇を目指した岡田が2位/日本選手権20km競歩
藤井菜々子が2年ぶり2度目の制覇「思ったよりも寒く感じた」連覇を目指した岡田が2位/日本選手権20km競歩

2023年日本選手権20km競歩女子で優勝した藤井菜々子(エディオン)

◇第106回日本選手権20km競歩(2月19日/兵庫・神戸)

男子のレース後に行われた女子は、東京五輪代表で昨夏のオレゴン世界選手権で6位入賞を果たしている藤井菜々子(エディオン)が1時間29分54秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。しかし、目標にしていた日本陸連が定めるブタペスト世界選手権の派遣設定記録の1時間28分30秒をクリアできず、悔しさを滲ませた。

広告の下にコンテンツが続きます

前回覇者・岡田久美子(富士通)を3km過ぎに早くも引き離す。初めての経験となる序盤からの一人旅に加え、冷たい雨に強風が加わる悪コンディションに阻まれ、狙ったタイムには届かなかった。それでも、「いい経験ができました。強い向かい風のなか、注意も1回のみと歩型を維持できたのも収穫。課題の後半もタイムを落とさず歩き切れました」と、東京五輪後から取り組んでいる歩型の修正にも手応えを得たレースとなった。

宮崎でともに練習を積んだ岡田の状態が良くないことも把握しており、「早い段階でひとりになることも予想していました。思っていたより寒く感じ10km過ぎまで身体が動かず、1km4分25秒で押していくつもりが30秒前後とスローになってしまったのが反省点」と淡々とレースを振り返る。

世界選手権の内定は先延ばしになったものの、「悪コンディションでも男子は2人の内定者が出た。そこが男子と女子の実力の差。今後の予定はまだ決まっていませんが、(世界選手権の)出場が決まればメダルが取れるようしっかり準備していきたい」と力強く抱負を話した。

連覇を目指した岡田は1時間31分21秒の2位。「目標には届きませんでしたが、悪いなりに最低限のタイムでまとめられたのは収穫。次につながるレースになりました」と感想を話す。

広告の下にコンテンツが続きます

環境の変化や年齢のことなどもあり、現状にマッチした練習内容や強度をつかみかねている段階でのレースとなり、「若い頃のように練習をすればするだけ力になるという状況ではなくなっています」と打ち明ける。今後は「その中でどう自分を高めていくか。パリ五輪に向け、コーチなどと相談しつつ、じっくり取り組んでいければ」と前を見据えていた。

大学1年生の柳井綾音(立命大)が1時間33分46秒で3位と健闘。初の20kmで「1時間36分が目標だった」と言うが、「さすがに後半はきつかったですが、動きをキープすることを意識して歩きました。何より(北九州市立高の先輩でもある藤井)菜々子先輩と同じ舞台で歩けることがうれしかった」と笑顔を見せた。

ワールドユニバーシティゲームズでのメダル獲得を今シーズンの目標に置く。「実力の差はまだまだ大きいですが、3位に入ったことで、菜々子先輩のように世界で戦う選手になりたいと思えるようになりました」と神戸をステップにさらなる飛躍を誓った。

文/花木 雫

広告の下にコンテンツが続きます

次ページ 第106回日本選手権20km競歩女子の上位成績

◇第106回日本選手権20km競歩(2月19日/兵庫・神戸) 男子のレース後に行われた女子は、東京五輪代表で昨夏のオレゴン世界選手権で6位入賞を果たしている藤井菜々子(エディオン)が1時間29分54秒で2年ぶり2度目の頂点に立った。しかし、目標にしていた日本陸連が定めるブタペスト世界選手権の派遣設定記録の1時間28分30秒をクリアできず、悔しさを滲ませた。 前回覇者・岡田久美子(富士通)を3km過ぎに早くも引き離す。初めての経験となる序盤からの一人旅に加え、冷たい雨に強風が加わる悪コンディションに阻まれ、狙ったタイムには届かなかった。それでも、「いい経験ができました。強い向かい風のなか、注意も1回のみと歩型を維持できたのも収穫。課題の後半もタイムを落とさず歩き切れました」と、東京五輪後から取り組んでいる歩型の修正にも手応えを得たレースとなった。 宮崎でともに練習を積んだ岡田の状態が良くないことも把握しており、「早い段階でひとりになることも予想していました。思っていたより寒く感じ10km過ぎまで身体が動かず、1km4分25秒で押していくつもりが30秒前後とスローになってしまったのが反省点」と淡々とレースを振り返る。 世界選手権の内定は先延ばしになったものの、「悪コンディションでも男子は2人の内定者が出た。そこが男子と女子の実力の差。今後の予定はまだ決まっていませんが、(世界選手権の)出場が決まればメダルが取れるようしっかり準備していきたい」と力強く抱負を話した。 連覇を目指した岡田は1時間31分21秒の2位。「目標には届きませんでしたが、悪いなりに最低限のタイムでまとめられたのは収穫。次につながるレースになりました」と感想を話す。 環境の変化や年齢のことなどもあり、現状にマッチした練習内容や強度をつかみかねている段階でのレースとなり、「若い頃のように練習をすればするだけ力になるという状況ではなくなっています」と打ち明ける。今後は「その中でどう自分を高めていくか。パリ五輪に向け、コーチなどと相談しつつ、じっくり取り組んでいければ」と前を見据えていた。 大学1年生の柳井綾音(立命大)が1時間33分46秒で3位と健闘。初の20kmで「1時間36分が目標だった」と言うが、「さすがに後半はきつかったですが、動きをキープすることを意識して歩きました。何より(北九州市立高の先輩でもある藤井)菜々子先輩と同じ舞台で歩けることがうれしかった」と笑顔を見せた。 ワールドユニバーシティゲームズでのメダル獲得を今シーズンの目標に置く。「実力の差はまだまだ大きいですが、3位に入ったことで、菜々子先輩のように世界で戦う選手になりたいと思えるようになりました」と神戸をステップにさらなる飛躍を誓った。 文/花木 雫 次ページ 第106回日本選手権20km競歩女子の上位成績

第106回日本選手権20km競歩女子の上位成績

1位 藤井菜々子(エディオン)1時間29分54秒 2位 岡田久美子(富士通)1時間31分21秒 3位 柳井綾音(立命大)1時間33分46秒 4位 内藤未唯(神奈川大)1時間36分58秒 5位 梅野倖子(順大)1時間38分30秒 6位 矢来舞香(千葉興業銀行)1時間39分26秒 7位 杉林 歩(大阪大)1時間39分42秒 8位 立見真央(田子重)1時間40分16秒

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.16

森井勇磨が初サブ10で8位入賞!パリ五輪代表・大迫傑に先着する殊勲 大迫は13位/ボストンマラソン

ワールドマラソンメジャーズの一つであるボストンマラソンが米国で行われ、S.レマ(エチオピア)が2時間6分17秒(以下、速報値)で優勝した。 東京五輪6位、そしてパリ五輪代表に内定している大迫傑(Nike)が出場。やや気温 […]

NEWS クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

2024.04.15

クローズアップ/豊田兼「4年間で一番の目標」ハードル2種目で世界へ 慶大96年ぶりと日本初の快挙に挑戦

パリ五輪に向けた戦いがいよいよスタートした。春のトラック&フィールドシーズンから注目の選手を紹介する。 異色のハードラーが2種目で五輪に挑戦 日本の110mハードルには、泉谷駿介(住友電工)や村竹ラシッド(JAL)、40 […]

NEWS 躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)
PR

2024.04.15

躍進著しい國學院大 「今季は駅伝で3つとも狙えるところにきている」(前田監督)

厳しいトレーニングを可能にするコンディショニングへのこだわり 近年の國學院大學は学生駅伝で毎回のように上位に名を連ね、その存在感を確かなものにしつつある。勢いの原動力は、日々の厳しいトレーニングとそれを可能にするコンディ […]

NEWS 男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

2024.04.15

男女混合競歩リレー出場予定の園田世玲奈が病気のため欠場 渕瀬真寿美が入れ替わり出場/世界競歩チーム選手権

日本陸連は4月15日、世界競歩チーム選手権(トルコ・アンタルヤ)の男女混合競歩リレーに出場を予定していた女子の園田世玲奈(NTN)が慢性萎縮性胃炎のため出場を辞退すると発表した。同種目には女子20kmで代表入りしていた渕 […]

NEWS 織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

2024.04.15

織田記念のエントリー発表!男子100mは坂井隆一郎、山縣亮太らが激突!三浦龍司が3000m障害に登録、ハードル、やり投ら熱戦の予感

4月29日に行われる織田記念(広島広域公園競技場)のエントリーリストが主催者から発表され、看板種目の男子100mには昨年の日本選手権覇者・坂井隆一郎(大阪ガス)、3月の世界室内選手権60mファイナリストの多田修平(住友電 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top