HOME 国内

2023.02.18

五輪&世界陸上銀の池田向希「ピーク合わせられた。自信ある」6度Vの髙橋英輝「経験生かしたい」/日本選手権20km競歩
五輪&世界陸上銀の池田向希「ピーク合わせられた。自信ある」6度Vの髙橋英輝「経験生かしたい」/日本選手権20km競歩

池田向希(旭化成)と髙橋英輝(富士通)

2月19日に行われる日本選手権20km競歩の前日会見が、兵庫県神戸市内で開かれて有力選手が登壇した。

今夏のブダペスト世界選手権代表選考会となる一戦。男子は世界選手権連覇中の山西利和(愛知製鋼)が出場を見送っている。

広告の下にコンテンツが続きます

優勝候補筆頭に挙がる東京五輪&オレゴン世界選手権の銀メダリスト・池田向希(旭化成)は、「大きなケガなく秋、冬とトレーニングを継続できていて、ピークを合わせられているので自信があります」と充実ぶりを漂わせる。

オレゴン世界選手権の結果から、参加標準記録1時間20分10秒を突破してフィニッシュすればブダペスト世界選手権代表に内定するだけに、「内定を絶対条件に頑張りたい」と意気込みを語る。

昨年の夏以降は「歩型の技術、スピード、スタミナの強化に励んできた」と池田。記録を意識しつつも「どうレース展開をもっていき、仕掛けて引き離すか。イメージしながら、それを実現できるか試したい」と言う。

前回王者で通算最多6度の優勝を誇る髙橋英輝(富士通)は「オレゴン世界選手権が終わってから、右膝裏の故障が長引いて始動が遅れた」と言う。元々、昨年の4月から腓骨周辺を痛めていたため、世界選手権でも力を発揮できず29位。「まだ消化できていない」というのも本音だが「もう一度頑張りたいと思えた」と前を向く。

広告の下にコンテンツが続きます

状態は万全とはいえないが、そこはベテラン。「合宿をしながらこのレースに向けて準備してきた。不安もありますが、キャリアも積み重ねてきたので、経験を生かしながら目標をつかみとりたい」と、ブダペスト世界選手権代表入りを目指す。髙橋をはじめ、池田以外の選手は1時間19分30秒を切って池田を除く最上位に入れば代表に内定する。

ブダペスト世界選手権、さらには来年に控えるパリ五輪も視野に入る大事な一戦。日本選手権20km競歩は2月19日、男子は8時50分、女子は10時35分にスタート。レースの模様はライブ配信される。

2月19日に行われる日本選手権20km競歩の前日会見が、兵庫県神戸市内で開かれて有力選手が登壇した。 今夏のブダペスト世界選手権代表選考会となる一戦。男子は世界選手権連覇中の山西利和(愛知製鋼)が出場を見送っている。 優勝候補筆頭に挙がる東京五輪&オレゴン世界選手権の銀メダリスト・池田向希(旭化成)は、「大きなケガなく秋、冬とトレーニングを継続できていて、ピークを合わせられているので自信があります」と充実ぶりを漂わせる。 オレゴン世界選手権の結果から、参加標準記録1時間20分10秒を突破してフィニッシュすればブダペスト世界選手権代表に内定するだけに、「内定を絶対条件に頑張りたい」と意気込みを語る。 昨年の夏以降は「歩型の技術、スピード、スタミナの強化に励んできた」と池田。記録を意識しつつも「どうレース展開をもっていき、仕掛けて引き離すか。イメージしながら、それを実現できるか試したい」と言う。 前回王者で通算最多6度の優勝を誇る髙橋英輝(富士通)は「オレゴン世界選手権が終わってから、右膝裏の故障が長引いて始動が遅れた」と言う。元々、昨年の4月から腓骨周辺を痛めていたため、世界選手権でも力を発揮できず29位。「まだ消化できていない」というのも本音だが「もう一度頑張りたいと思えた」と前を向く。 状態は万全とはいえないが、そこはベテラン。「合宿をしながらこのレースに向けて準備してきた。不安もありますが、キャリアも積み重ねてきたので、経験を生かしながら目標をつかみとりたい」と、ブダペスト世界選手権代表入りを目指す。髙橋をはじめ、池田以外の選手は1時間19分30秒を切って池田を除く最上位に入れば代表に内定する。 ブダペスト世界選手権、さらには来年に控えるパリ五輪も視野に入る大事な一戦。日本選手権20km競歩は2月19日、男子は8時50分、女子は10時35分にスタート。レースの模様はライブ配信される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top