HOME 駅伝

2023.01.22

高校は神村学園が区間新2つの快走でV4 一般は森田姉妹のパナソニックが初制覇 /選抜女子駅伝
高校は神村学園が区間新2つの快走でV4 一般は森田姉妹のパナソニックが初制覇 /選抜女子駅伝

23年選抜女子駅伝高校の部を制した神村学園の5区上野(写真は22年全国高校駅伝)

◇第34回選抜女子駅伝北九州大会(1月22日/福岡・小倉城歴史の道広場発着)

高校と一般が同時スタートし、27.2kmで行われるレース。17チームが参加した高校の部(6区間)は、神村学園(鹿児島)が1時間28分56秒で3年ぶり4回目の優勝。9チームが出場した一般の部(5区間)は、パナソニックが1時間28分14秒で初めて制した。

広告の下にコンテンツが続きます

高校の部では、昨年末の全国高校駅伝3位の神村学園がその実力を見せた。1区の田島愛梨(3年)が17秒差の3位発進だったが、2区(3.8km)のジェプチルチル・ブレンダ(1年)が11分51秒の区間新記録でトップに浮上する。

その後、3区の沖田萌々(3年)は首位をキープすると、4区の黒神璃菜(1年)が区間新でリードを拡大。5区上野優月(3年)からトップでタスキを受けたアンカーの小倉陽菜(1年)も区間賞を獲得し、高校では真っ先にフィニッシュした。

2位は1分差で薫英女学院(大阪)で、3位は立命館宇治(京都)だった。なお、1区(5.3km)で地元の北九州市立(福岡)・野田真理耶(3年)が16分49秒の区間新記録をマークした。

一方のパナソニックは序盤こそ、同時スタートした高校生に先行されたが、3区の森田香織が区間賞で先頭に立つと、4区に入った双子の妹・詩織に中継。このレースで引退する森田詩織はがっちりと首位を守り、アンカーの中村優希が優勝テープを切った。

広告の下にコンテンツが続きます

2位は34秒差で九電工、3位はユニバーサルエンターテインメントだった。

次のページに総合成績と区間賞

◇第34回選抜女子駅伝北九州大会(1月22日/福岡・小倉城歴史の道広場発着) 高校と一般が同時スタートし、27.2kmで行われるレース。17チームが参加した高校の部(6区間)は、神村学園(鹿児島)が1時間28分56秒で3年ぶり4回目の優勝。9チームが出場した一般の部(5区間)は、パナソニックが1時間28分14秒で初めて制した。 高校の部では、昨年末の全国高校駅伝3位の神村学園がその実力を見せた。1区の田島愛梨(3年)が17秒差の3位発進だったが、2区(3.8km)のジェプチルチル・ブレンダ(1年)が11分51秒の区間新記録でトップに浮上する。 その後、3区の沖田萌々(3年)は首位をキープすると、4区の黒神璃菜(1年)が区間新でリードを拡大。5区上野優月(3年)からトップでタスキを受けたアンカーの小倉陽菜(1年)も区間賞を獲得し、高校では真っ先にフィニッシュした。 2位は1分差で薫英女学院(大阪)で、3位は立命館宇治(京都)だった。なお、1区(5.3km)で地元の北九州市立(福岡)・野田真理耶(3年)が16分49秒の区間新記録をマークした。 一方のパナソニックは序盤こそ、同時スタートした高校生に先行されたが、3区の森田香織が区間賞で先頭に立つと、4区に入った双子の妹・詩織に中継。このレースで引退する森田詩織はがっちりと首位を守り、アンカーの中村優希が優勝テープを切った。 2位は34秒差で九電工、3位はユニバーサルエンターテインメントだった。 次のページに総合成績と区間賞

選抜女子駅伝北九州大会の総合成績と区間賞

■高校の部 ●総合成績 1位 神村学園(鹿児島) 1.28.56 2位 薫英女学院(大阪) 1.29.56 3位 立命館宇治(京都) 1.30.32 4位 諫早(長崎) 1.30.44 5位 北九州市立(福岡) 1.32.27 6位 鹿児島(鹿児島) 1.33.20 7位 九国大付属(福岡) 1.33.57 8位 宮崎日大(宮崎) 1.34.01 9位 西脇工(兵庫) 1.34.10 10位 ルーテル学院(熊本) 1.35.00 11位 白石(佐賀) 1.35.02 12位 西京(山口) 1.36.04 13位 小林(宮崎) 1.36.38 14位 八幡浜(愛媛) 1.37.46 15位 佐賀清和(佐賀) 1.38.53 16位 北九州市高校選抜 1.40.02 17位 鳥取城北(鳥取) 1.40.50 ●区間賞 1区(5.3km)野田真理耶(北九州市立・福岡)16.49=区間新 2区(3.8km)ジェプチルチル・ブレンダ(神村学園・鹿児島)11.51=区間新 3区(3.9km)池田悠音(立命館宇治・京都)12.58 4区(3.8km)黒神璃菜(神村学園・鹿児島)11.54=区間新 5区(5.9km)水本佳菜(薫英女学院・大阪)19.00 6区(4.5km)小倉陽菜(神村学園・鹿児島)14.59 ■一般の部 ●総合成績 1位 パナソニック 1.28.14 2位 九電工 1.28.48 3位 ユニバーサルエンターテインメント 1.29.11 4位 肥後銀行 1.31.04 5位 岩谷産業 1.31.13 6位 大阪学院大学 1.31.38 7位 TOTO 1.32.30 8位 キヤノン 1.32.43 9位 北九州市一般選抜 1.36.19 ●区間賞 1区(5.3km)渡邊菜々美(パナソニック)16.55=区間新 2区(3.8km)エヴァ・チェロノ(TOTO)11.34 3区(3.9km)森田香織(パナソニック)12.42 4区(3.8km)猿見田裕香(ユニバーサルエンターテインメント)11.53 5区(10.4km)唐沢ゆり(九電工)34.30

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.14

大迫傑 GMOインターネットGとの契約は8月末で満了「スケジュール考慮」し継続せず

ボストンマラソンに出場する大迫傑(Nike)が自身のSNSを更新し、GMOインターネットグループとのパートナーシップ契約をを更新しないことを明かした。 大迫は22年秋に同チームとパートナーシップ契約を締結し、チームに参画 […]

NEWS サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

2024.04.14

サニブラウン 2レース連続10秒0台!ライルズらを中盤までリードし10秒04

トム・ジョーンズ招待が米国・フロリダ州で行われ、男子100mにサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が出場。10秒04(+1.7)をマークした。 昨年のブダペスト世界選手権で100m、200mを制しているノア・ライルズ […]

NEWS 【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

2024.04.14

【男子110mH】髙城昊紀(宮崎西高1)14秒32=高1歴代3位タイ

4月13日、第1回宮崎県記録会の1日目が宮崎市の宮崎県総合運動公園競技場で行われ、男子110mハードルで高校1年生の髙城昊紀(宮崎西高)が14秒32(+0.8)をマークした。この記録は高1歴代3位タイとなる。 髙城は昨年 […]

NEWS 五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

2024.04.14

五輪マラソン代表の赤﨑暁が5000mサードベストの13分30秒62 女子3000mは山本有真がV/金栗記念

◇金栗記念選抜陸上中長距離大会2024(4月13日/熊本・えがお健康スタジアム) 日本グランプリシリーズ開幕戦の金栗記念が行われ、男子5000mにパリ五輪マラソン代表の赤﨑暁(九電工)が出場し、13分30秒62と自己3番 […]

NEWS 学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

2024.04.13

学法石川高・増子陽太が5000m13分34秒60の高2最高!!「海外の選手にも負けない気持ちで臨んだ」/日体大長距離競技会

4月13日、第312回日体大長距離競技会が神奈川県の日体大健志台競技場で行われ、男子5000mの最終組で6着に入った増子陽太(学法石川高2福島)が高校歴代6位、高2歴代最高となる13分34秒60をマークした。 増子は鏡石 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top