HOME 駅伝

2023.01.22

長野が最多9度目の栄冠!埼玉が2位、東京が8年ぶりのトップ3、高校生3区間で区間新が誕生/都道府県男子駅伝
長野が最多9度目の栄冠!埼玉が2位、東京が8年ぶりのトップ3、高校生3区間で区間新が誕生/都道府県男子駅伝

23年都道府県男子駅伝で長野のアンカーを務めた上野裕一郎

◇第28回全国都道府県男子駅伝(1月22日/広島・平和記念公園前発着:7区間48km)

3年ぶりの開催となった第28回全国都道府県男子駅伝が行われ、長野が2時間17分10秒で9度目の優勝を果たした。

広告の下にコンテンツが続きます

長野は1区で2位につけると、4区の山口竣平(佐久長聖高2)の区間賞(区間新)で先頭へ。続く吉岡大翔(佐久長聖高3)も区間新の快走で後続を突き放し、最後はアンカーの上野裕一郎(セントポールクラブ)が悠々と逃げ切った。

アンカー・荻久保寛也(ヤクルト)が区間2位で2人を抜いた埼玉が25秒差で2位。4区の久保田琉月(埼玉栄高3)が5人抜きで5位に浮上すると、5区以降も好走が続いた。

東京は1区8位から徐々に順位を上げ、アンカーの嶋津雄大(創価大)が6位から3人を抜いて3位でフィニッシュ。2015年(3位)以来のトップスリーだった。

4位以下は千葉、岡山、京都、広島、兵庫と続き、5位の岡山は過去最高成績(7位)を更新。兵庫は1区、2区の連続区間賞が光った。

広告の下にコンテンツが続きます

次ページ 第28回都道府県対抗男子駅伝 総合成績&区間賞一覧

◇第28回全国都道府県男子駅伝(1月22日/広島・平和記念公園前発着:7区間48km) 3年ぶりの開催となった第28回全国都道府県男子駅伝が行われ、長野が2時間17分10秒で9度目の優勝を果たした。 長野は1区で2位につけると、4区の山口竣平(佐久長聖高2)の区間賞(区間新)で先頭へ。続く吉岡大翔(佐久長聖高3)も区間新の快走で後続を突き放し、最後はアンカーの上野裕一郎(セントポールクラブ)が悠々と逃げ切った。 アンカー・荻久保寛也(ヤクルト)が区間2位で2人を抜いた埼玉が25秒差で2位。4区の久保田琉月(埼玉栄高3)が5人抜きで5位に浮上すると、5区以降も好走が続いた。 東京は1区8位から徐々に順位を上げ、アンカーの嶋津雄大(創価大)が6位から3人を抜いて3位でフィニッシュ。2015年(3位)以来のトップスリーだった。 4位以下は千葉、岡山、京都、広島、兵庫と続き、5位の岡山は過去最高成績(7位)を更新。兵庫は1区、2区の連続区間賞が光った。 次ページ 第28回都道府県対抗男子駅伝 総合成績&区間賞一覧

第28回都道府県対抗男子駅伝 総合成績&区間賞一覧

■総合成績 1位 長野 2.17.10=大会新 2位 埼玉 2.17.35 3位 東京 2.18.20 4位 千葉 2.18.21 5位 岡山 2.18.28 6位 京都 2.18.32 7位 広島 2.18.38 8位 兵庫 2.18.45 9位 宮城 2.20.07 10位 茨城 2.20.09 11位 佐賀 2.20.10 12位 和歌山 2.20.11 13位 山口 2.20.11 14位 大阪 2.20.30 15位 長崎 2.20.33 16位 福島 2.20.34 17位 宮崎 2.20.37 18位 静岡 2.20.48 19位 福岡 2.20.50 20位 熊本 2.20.57 21位 愛知 2.21.03 22位 栃木 2.21.42 23位 新潟 2.21.43 24位 岐阜 2.21.48 25位 三重 2.21.55 26位 福井 2.22.08 27位 秋田 2.22.10 28位 神奈川 2.22.12 29位 鹿児島 2.22.14 30位 岩手 2.22.14 31位 大分 2.22.18 32位 滋賀 2.22.34 33位 群馬 2.22.36 34位 鳥取 2.22.57 35位 山梨 2.23.03 36位 奈良 2.23.27 37位 愛媛 2.23.36 38位 香川 2.23.39 39位 富山 2.24.38 40位 沖縄 2.24.48 41位 島根 2.24.49 42位 高知 2.25.06 43位 徳島 2.25.34 44位 青森 2.26.05 45位 山形 2.26.19 46位 石川 2.26.51 47位 北海道 2.26.56 ■区間賞 1区(7km) 長嶋幸宝(兵庫・西脇工高) 19.39=区間新 2区(3km) 新妻遼己(兵庫・平岡中) 8.17 3区(8.5km) 塩尻和也(群馬・富士通) 23.30 4区(5km) 山口竣平(長野・佐久長聖高) 14.02=区間新 5区(8.5km) 吉岡大翔(長野・佐久長聖高) 23.52=区間新 6区(3km) 増子陽太(福島・鏡石中) 8.36 7区(13km) 山﨑諒介(佐賀・神奈川大) 37.26

次ページ:

ページ: 1 2

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top