HOME 駅伝

2023.01.01

富士通が2位、王座奪還はならず!「あと一段ずつ上に乗せ切れなかった」/ニューイヤー駅伝
富士通が2位、王座奪還はならず!「あと一段ずつ上に乗せ切れなかった」/ニューイヤー駅伝

5区塩尻和也(左)から6区浦野雄平(右)へ襷リレー 2023年ニューイヤー駅伝

◇ニューイヤー駅伝(1月1日/群馬県庁発着、7区間100km)

ニューイヤー駅伝が行われ、2年ぶりの優勝を狙った富士通は4時間48分52秒で2位だった。

1区で塩澤稀夕が4位、トップのGMOインターネットグループとは1秒差という好スタートを切り、流れを作ったかに見えた。

だが、2区のキメリ・べナードから同じ4位でタスキを受けた3区の主将、東京五輪5000m代表の坂東悠汰のペースが上がらない。区間16位と振るわず、4つ順位を落とした。

そこから、激しい上位争いを繰り広げながら4区の横手健が2つ、5区の塩尻和也が3つ順位を上げたが、連覇に向けて首位を独走するHondaの背中がなかなか大きくならなかった。

高橋健一監督は、38秒差の3位でスタートした浦野雄平に対して、「ここでトップに立てなかったら優勝はない」とアタックさせたという。それでも、2位に上がるのが精いっぱいでHondaとの差は逆に46秒に広がって万事休す。

2位は確保したものの、「予選で勝っている相手に負けたので悔しいですし、勝ちたかった。各区間であと一段ずつ上に乗せ切れなかった」と高橋監督は振り返った。

塩尻も「チームとしても、個人でも2位。悔しさの残る結果です」と唇をかむ。

3年前は予選で敗退して出場できず、翌年にその雪辱を果たす3度目の優勝。だが、前回は12位にとどまるなど、上下動の激しい駅伝が続いている。

ただ、今回はV奪還こそ果たせなかったものの、マラソン日本記録保持者・鈴木健吾、同東京五輪代表の中村匠吾、さらには東京五輪5000m出場の松枝博輝を欠く陣容ながら、その強さを示した。

3年目の塩澤、29歳の横手健が5年ぶりの4区で力走するなど、若手、ベテランのバランス、選手層の厚さ含め、他チームを上回る戦力を誇る。

王座を取り戻す日は、近いはずだ。

◇ニューイヤー駅伝(1月1日/群馬県庁発着、7区間100km) ニューイヤー駅伝が行われ、2年ぶりの優勝を狙った富士通は4時間48分52秒で2位だった。 1区で塩澤稀夕が4位、トップのGMOインターネットグループとは1秒差という好スタートを切り、流れを作ったかに見えた。 だが、2区のキメリ・べナードから同じ4位でタスキを受けた3区の主将、東京五輪5000m代表の坂東悠汰のペースが上がらない。区間16位と振るわず、4つ順位を落とした。 そこから、激しい上位争いを繰り広げながら4区の横手健が2つ、5区の塩尻和也が3つ順位を上げたが、連覇に向けて首位を独走するHondaの背中がなかなか大きくならなかった。 高橋健一監督は、38秒差の3位でスタートした浦野雄平に対して、「ここでトップに立てなかったら優勝はない」とアタックさせたという。それでも、2位に上がるのが精いっぱいでHondaとの差は逆に46秒に広がって万事休す。 2位は確保したものの、「予選で勝っている相手に負けたので悔しいですし、勝ちたかった。各区間であと一段ずつ上に乗せ切れなかった」と高橋監督は振り返った。 塩尻も「チームとしても、個人でも2位。悔しさの残る結果です」と唇をかむ。 3年前は予選で敗退して出場できず、翌年にその雪辱を果たす3度目の優勝。だが、前回は12位にとどまるなど、上下動の激しい駅伝が続いている。 ただ、今回はV奪還こそ果たせなかったものの、マラソン日本記録保持者・鈴木健吾、同東京五輪代表の中村匠吾、さらには東京五輪5000m出場の松枝博輝を欠く陣容ながら、その強さを示した。 3年目の塩澤、29歳の横手健が5年ぶりの4区で力走するなど、若手、ベテランのバランス、選手層の厚さ含め、他チームを上回る戦力を誇る。 王座を取り戻す日は、近いはずだ。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top