HOME 高校

2022.12.26

長野東がついに頂点!終始安定のレース運びで県勢初V アンカー・村岡美玖「正直ビックリ」/全国高校駅伝・女子

2022年全国高校駅伝女子を制した長野東

◇全国高校駅伝・女子(12月25日/京都・たけびしスタジアム京都発着5区間21.0975km)

全国高校駅伝の女子(第34回)が行われ、長野東(長野)が1時間7分37秒で初優勝を飾った。

あと一歩届かなかった頂点をついにつかんだ。17年、18年に連続2位になっていた長野東。和田有菜(日本郵政グループ)や萩谷楓(エディオン)、小林成美(名城大)といった強力なランナーをそろえながら、日本一には届かなかった。

だが、前回7位メンバーが4人残り、そのうち3人は1年時から全国に出場。まさに勝利への絶好機だった。

前回1区3位と好走したエースの村岡美玖(3年)を5区に配置。そして1区には3000m9分15秒73を持つ名和夏乃子(2年)が入った。

その名和が1区4位と力走。トップから13秒差で窪田舞(1年)へとつないだ。窪田が区間7位で2位へ浮上すると、その後も仁科玲美(3年)が区間3位、佐藤悠花(3年)が区間賞の走りで仙台育英(宮城)との差を詰めてエースへとタスキが渡った。

「後ろから留学生が来るなかで、とにかく前へ前へ、1秒でも差を広げてゴールテープを目指して走りました」と村岡。2.7kmで仙台育英を捕らえると、ここぞとばかりに一気に突き放した。

歓喜のフィニッシュ。県勢初優勝で、都大路の学校最高記録を4秒更新する1時間7分37秒をマークした。村岡は「正直、ビックリしています」と喜びを語り、「たくさんの肩に支えていただいた」と感謝を述べた。

これまで指導して強豪校に押し上げた玉城良二監督(現・日体大男子駅伝監督)を引き継ぐ形で、横内史雄監督が2020年4月に就任。1年目は5年ぶりにふたケタ順位となる20位にとどまったものの、昨年は7位と入賞に舞い戻った。

「総合力で戦う」と語っていた横内監督。「すごい生徒たち。思い描いたとおりの展開を作ってくれました」と手放しで選手を称え、「支えていただいた方々のお陰で活動できています。こういった形で恩返しできてうれしいです」とこちらも感謝の思いがこぼれた。

数々の名ランナーが育ってきた長野東。2度の優勝を誇っている男子の佐久長聖に続き、「駅伝どころ・長野強し」を大きく印象づけた、長野東の初優勝だった。

■長野東のVメンバーと成績
1区 名和夏乃子(2年) 区間4位19分26秒
2区 窪田 舞(1年) 区間7位13分12秒
3区 仁科玲美(3年) 区間3位9分56秒
4区 佐藤悠花(3年) 区間1位9分18秒
5区 村岡美玖(3年) 区間3位15分45秒

[caption id="attachment_89619" align="alignnone" width="800"] 2022年全国高校駅伝女子を制した長野東[/caption] ◇全国高校駅伝・女子(12月25日/京都・たけびしスタジアム京都発着5区間21.0975km) 全国高校駅伝の女子(第34回)が行われ、長野東(長野)が1時間7分37秒で初優勝を飾った。 あと一歩届かなかった頂点をついにつかんだ。17年、18年に連続2位になっていた長野東。和田有菜(日本郵政グループ)や萩谷楓(エディオン)、小林成美(名城大)といった強力なランナーをそろえながら、日本一には届かなかった。 だが、前回7位メンバーが4人残り、そのうち3人は1年時から全国に出場。まさに勝利への絶好機だった。 前回1区3位と好走したエースの村岡美玖(3年)を5区に配置。そして1区には3000m9分15秒73を持つ名和夏乃子(2年)が入った。 その名和が1区4位と力走。トップから13秒差で窪田舞(1年)へとつないだ。窪田が区間7位で2位へ浮上すると、その後も仁科玲美(3年)が区間3位、佐藤悠花(3年)が区間賞の走りで仙台育英(宮城)との差を詰めてエースへとタスキが渡った。 「後ろから留学生が来るなかで、とにかく前へ前へ、1秒でも差を広げてゴールテープを目指して走りました」と村岡。2.7kmで仙台育英を捕らえると、ここぞとばかりに一気に突き放した。 歓喜のフィニッシュ。県勢初優勝で、都大路の学校最高記録を4秒更新する1時間7分37秒をマークした。村岡は「正直、ビックリしています」と喜びを語り、「たくさんの肩に支えていただいた」と感謝を述べた。 これまで指導して強豪校に押し上げた玉城良二監督(現・日体大男子駅伝監督)を引き継ぐ形で、横内史雄監督が2020年4月に就任。1年目は5年ぶりにふたケタ順位となる20位にとどまったものの、昨年は7位と入賞に舞い戻った。 「総合力で戦う」と語っていた横内監督。「すごい生徒たち。思い描いたとおりの展開を作ってくれました」と手放しで選手を称え、「支えていただいた方々のお陰で活動できています。こういった形で恩返しできてうれしいです」とこちらも感謝の思いがこぼれた。 数々の名ランナーが育ってきた長野東。2度の優勝を誇っている男子の佐久長聖に続き、「駅伝どころ・長野強し」を大きく印象づけた、長野東の初優勝だった。 ■長野東のVメンバーと成績 1区 名和夏乃子(2年) 区間4位19分26秒 2区 窪田 舞(1年) 区間7位13分12秒 3区 仁科玲美(3年) 区間3位9分56秒 4区 佐藤悠花(3年) 区間1位9分18秒 5区 村岡美玖(3年) 区間3位15分45秒

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top