HOME お役立ち情報

2022.12.16

【パパママ応援団】佐藤大亮さん、英子さん「できることはなるべく協力するようにしています」

「子供のがんばりを応援しよう!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。

そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう!

広告の下にコンテンツが続きます

第6回目は、小学校までダンスと水泳に打ち込んでいた佐藤ひなのさんとご家族にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第6回 佐藤大亮さん、英子さん/ひなのさん(中3)「できることはなるべく協力するようにしています」

家族メモ
両親と3きょうだいの5人家族。ひなのさん以外に陸上経験者はおらず、ひなのさんも小学校まではダンスと水泳に打ち込んだ。現在は陸上と学習塾の両立に励む。

Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと

時間の使い方がうまくなったことです。練習と勉強、どうしたら両方がんばれるか、考えながら行動する力が培ったと思います。父も母も陸上の知識はゼロでしたが、娘が一生懸命に取り組んでいく中で、初めて知り得ることが増えました。

広告の下にコンテンツが続きます

Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは?

タンパク質を多く含む鶏むね肉や、疲労回復に良いとされる豚肉をよく使います。『勝負メシ』は家族みんなが好きな豚の生姜焼きです!

Q.洗濯でのこだわり、気をつけていること

広告の下にコンテンツが続きます

汗をたくさんかいた日は、洗濯機の「念入りモード」で時間をかけて洗うようにしています。

Q.陸上ならではの大変なこと、悩みは?

試合の日は朝が早い! 滞在時間が長いのに、競技自体はアッという間に終わってしまいます。

Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。

広告の下にコンテンツが続きます

YouTubeで検索して動画を見たり、DVDを買って見たりしました。同じクラブの親御さんから情報を教えてもらうこともあります。

Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか

とても大変なことですが、がんばって両立しています。好きでやっていることなので、基本的に本人任せにしていますが、車での送迎など、私たちにできることはなるべく協力しています。

広告の下にコンテンツが続きます

Q.お子様の進路先はどんな風に決めていく予定ですか?

本人の希望としては、勉強も陸上もがんばりたいということなので、文武両道を目指していくようです!

Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?その時に気をつけていることは?

両親とも素人なので、あまり気の利いたことは言ってあげられませんが、見ていて気になることがあれば、伝えるようにしています。

広告の下にコンテンツが続きます

佐藤ひなの さん(KMC陸上クラブ/国分寺三中3東京)

種目&自己記録
四種競技 2469点
100mH 15秒12

Q.陸上を始めたきっかけ
小学生の時に「男の子よりも足が速くなりたい!」と思ったからです。

Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと
仲間ができたことです。目標はそれぞれ違いますが、達成のために団体競技のように支え合って高め合える仲間は、とても大きな存在です。

広告の下にコンテンツが続きます

Q.好きな選手、あこがれの選手は?
走高跳の戸邊直人選手です。以前、戸邊選手と一緒にテレビ番組の収録をする機会があり、そこで聞いた戸邊選手の練習方法に感銘を受けました。

Q.今後の目標
陸上を思いっきり楽しむことです!

※情報は2022年12月16日時点

「子供のがんばりを応援しよう!」「でも、どんなふうにサポートすればいいんだろう……」。 そんな悩みを持つみなさんのために、中学生の子を持つ先輩パパママが陸上選手の親ならではの苦労や悩み、テクニックやノウハウを共有していきます。未来の陸上パパママにバトンをつないでいきましょう! 第6回目は、小学校までダンスと水泳に打ち込んでいた佐藤ひなのさんとご家族にご登場いただきました。一体どのようにお子様の活動をサポートしているのでしょうか?

第6回 佐藤大亮さん、英子さん/ひなのさん(中3)「できることはなるべく協力するようにしています」

家族メモ 両親と3きょうだいの5人家族。ひなのさん以外に陸上経験者はおらず、ひなのさんも小学校まではダンスと水泳に打ち込んだ。現在は陸上と学習塾の両立に励む。
Q.子供が陸上を始めて良かったと思うこと 時間の使い方がうまくなったことです。練習と勉強、どうしたら両方がんばれるか、考えながら行動する力が培ったと思います。父も母も陸上の知識はゼロでしたが、娘が一生懸命に取り組んでいく中で、初めて知り得ることが増えました。 Q.お子様の食事でのこだわりや気をつけていることは? タンパク質を多く含む鶏むね肉や、疲労回復に良いとされる豚肉をよく使います。『勝負メシ』は家族みんなが好きな豚の生姜焼きです! Q.洗濯でのこだわり、気をつけていること 汗をたくさんかいた日は、洗濯機の「念入りモード」で時間をかけて洗うようにしています。 Q.陸上ならではの大変なこと、悩みは? 試合の日は朝が早い! 滞在時間が長いのに、競技自体はアッという間に終わってしまいます。 Q.陸上の知識はどのようにして学んでいますか。 YouTubeで検索して動画を見たり、DVDを買って見たりしました。同じクラブの親御さんから情報を教えてもらうこともあります。 Q.お子様は陸上と勉強との両立はできていますか とても大変なことですが、がんばって両立しています。好きでやっていることなので、基本的に本人任せにしていますが、車での送迎など、私たちにできることはなるべく協力しています。 Q.お子様の進路先はどんな風に決めていく予定ですか? 本人の希望としては、勉強も陸上もがんばりたいということなので、文武両道を目指していくようです! Q.お子様の競技についてアドバイスすることはありますか?その時に気をつけていることは? 両親とも素人なので、あまり気の利いたことは言ってあげられませんが、見ていて気になることがあれば、伝えるようにしています。

佐藤ひなの さん(KMC陸上クラブ/国分寺三中3東京)

種目&自己記録 四種競技 2469点 100mH 15秒12 Q.陸上を始めたきっかけ 小学生の時に「男の子よりも足が速くなりたい!」と思ったからです。 Q.陸上に取り組んで良かったと思うこと 仲間ができたことです。目標はそれぞれ違いますが、達成のために団体競技のように支え合って高め合える仲間は、とても大きな存在です。 Q.好きな選手、あこがれの選手は? 走高跳の戸邊直人選手です。以前、戸邊選手と一緒にテレビ番組の収録をする機会があり、そこで聞いた戸邊選手の練習方法に感銘を受けました。 Q.今後の目標 陸上を思いっきり楽しむことです! ※情報は2022年12月16日時点

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

NEWS 第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

2024.02.29

第103回関東インカレは5/9~12に国立競技場で開催!全日本大学駅伝選考会は6月23日相模原で

関東学生陸上競技連盟は2024年度の競技会スケジュールを公開した。 第103回関東学生対校選手権(関東インカレ)は5月9日から12日の4日間、東京・国立競技場で行われる。国立開催は2年ぶりとなる。 広告の下にコンテンツが […]

NEWS 棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

2024.02.29

棒高跳のファビアン・シュルツ氏が39歳で他界 06年世界室内4位など欧州の一線級で活躍

男子棒高跳で活躍したファビアン・シュルツェ氏(ドイツ)が2月25日、39歳の若さで病気のためゾントホーフェンで亡くなったことがわかった。 1984年3月生まれ。ジュニア時代から活躍し、2003年欧州ジュニア選手権3位、0 […]

NEWS 2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

2024.02.29

2025年東京世界陸上からファイナルが9人制へ!準決勝は各組3人が突破か

世界陸連(WA)の理事会は英国・グラスゴーで開かれ、世界選手権のトラック種目についての変更点を承認した。 世界選手権のトラック種目のうち、スプリントから800mまでのレースにおいて、準決勝と決勝で9レーン(利用可能な競技 […]

NEWS 2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

2024.02.29

2025年以降の世界陸上を秋開催へ シーズン再編でクライマックスにする方針

世界陸連(WA)は英国・グラスゴーで理事会を開き、2025年から夏季シーズンを再編すると発表した。 現在の主要カレンダーは、4月からダイヤモンドリーグやコンチネンタルツアーが本格化し、6月あたりに各国選手権が開催。主催す […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top