HOME 高校・中学

2022.12.16

【全中駅伝展望・男子】桂の連覇なるか!? 平岡、酒井根にも注目 前回2、3位の高田と中能登も虎視眈々
【全中駅伝展望・男子】桂の連覇なるか!? 平岡、酒井根にも注目 前回2、3位の高田と中能登も虎視眈々

節目となる第30回全国中学駅伝は12月18日、滋賀県の野洲市と湖南市にまたがる希望が丘文化公園で開催される。

男子6区間18㎞、女子5区間12㎞のコースは今年も変わらず。各都道府県代表に開催地枠を加えた男女それぞれ48チームが出場し、中学駅伝日本一の座を懸けて争う。ここでは男子の見どころを紹介。優勝争いを展開しそうな注目チーム&ランナーをピックアップする。

連覇狙う桂、初出場の平岡に注目

最も注目されるのは前回優勝の桂(京都)。チームを牽引するのは前回2区区間賞の福島命(3年)だ。3000mの記録では8分47秒99を持つ福島を含め、上位6人が9分20秒を切っている。前半で上位につけていれば、2年連続3回目の優勝に近けるだろう。

打倒・桂の一番手となりそうなのが、初出場の平岡(兵庫)か。近畿大会では平岡が桂に勝利している。注目は3年生の新妻遼己・昂己の双子ランナー。全中3000mでは2、4位と全国トップクラスの走力を持つ。近畿大会では1区・遼己、6区・昂己で区間賞とロードでも強さを発揮。初出場・初優勝なるか。

前回2、3位の高田(福島)と中能登(石川)も全国へ駒を進めてきた。高田はメンバーが総入れ替えとなったが、東北大会では4連覇と力はある。中能登は前回4区区間4位の酒井崇史(3年)がエース。北信越大会ではその酒井を欠いて優勝するなど、総合力も上がってきた。

次のページ 激戦の千葉を勝ち抜いた酒井根、九州勢も有力

節目となる第30回全国中学駅伝は12月18日、滋賀県の野洲市と湖南市にまたがる希望が丘文化公園で開催される。 男子6区間18㎞、女子5区間12㎞のコースは今年も変わらず。各都道府県代表に開催地枠を加えた男女それぞれ48チームが出場し、中学駅伝日本一の座を懸けて争う。ここでは男子の見どころを紹介。優勝争いを展開しそうな注目チーム&ランナーをピックアップする。

連覇狙う桂、初出場の平岡に注目

最も注目されるのは前回優勝の桂(京都)。チームを牽引するのは前回2区区間賞の福島命(3年)だ。3000mの記録では8分47秒99を持つ福島を含め、上位6人が9分20秒を切っている。前半で上位につけていれば、2年連続3回目の優勝に近けるだろう。 打倒・桂の一番手となりそうなのが、初出場の平岡(兵庫)か。近畿大会では平岡が桂に勝利している。注目は3年生の新妻遼己・昂己の双子ランナー。全中3000mでは2、4位と全国トップクラスの走力を持つ。近畿大会では1区・遼己、6区・昂己で区間賞とロードでも強さを発揮。初出場・初優勝なるか。 前回2、3位の高田(福島)と中能登(石川)も全国へ駒を進めてきた。高田はメンバーが総入れ替えとなったが、東北大会では4連覇と力はある。中能登は前回4区区間4位の酒井崇史(3年)がエース。北信越大会ではその酒井を欠いて優勝するなど、総合力も上がってきた。 次のページ 激戦の千葉を勝ち抜いた酒井根、九州勢も有力

激戦の千葉を勝ち抜いた酒井根、九州勢も有力

これまで全国最多となる23回の入賞を誇るのが千葉。今年勝ち抜いた酒井根も上位候補だ。出場選手中3000mランキングで7位の8分45秒53の記録を持つ伊藤悠ノ介(3年)など、スピードが武器だ。一気に頂点もあり得る。 山形十には3000mで中学歴代2位の8分15秒21を持つ、全中5位の菅野元太(3年)という大エースがいる。爆発力で前回の21位から大幅アップなるか。 九州勢も勢いがある。福岡は中止になった2年前を挟んで7大会連続出場を果たしていた曽根を抑えた湯川が初出場。3000m8分台を持つ津上輝大(3年)、宗像琢馬(3年)がチームの軸だ。20年ぶりの出場となる下益城城南(熊本)も、8分台の星野礼人(3年)と坂井咲太郎(3年)と2人を擁する。 今大会はBS日テレで初めてテレビ生中継されることも決定。湖国で決まる中学駅伝“日本一”の行方は? 次のページ 出場選手1500m&3000mランキング

出場選手ランキング

1500m 3.55.32 新妻 遼己(平岡3兵庫) 3.55.70 新妻 昂己(平岡3兵庫) 3.57.07 菅野 元太(山形十3山形) 4.00.34 貝原 悠里(塚越3神奈川) 4.02.15 林  和輝(小松島3徳島) 4.02.39 鶴  優希(小林3宮崎) 4.02.47 加藤 結羽(三雲3三重) 4.03.19 長尾 優汰(金山3岐阜) 4.04.15 伊藤悠ノ介(酒井根3千葉) 4.04.67 前田 結人(今市3大阪) 3000m 8.15.21 菅野 元太(山形十3山形) 8.16.78 新妻 遼己(平岡3兵庫) 8.24.27 新妻 昂己(平岡3兵庫) 8.35.15 加藤 結羽(三雲3三重) 8.39.00 貝原 悠里(塚越3神奈川) 8.43.40 鶴  優希(小林3宮崎) 8.45.53 伊藤悠ノ介(酒井根3千葉) 8.45.62 内田 涼太(西諫早3長崎) 8.46.72 前田 結人(今市3大阪) 8.47.99 福島  命(桂3京都)

次ページ:

ページ: 1 2 3

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

円盤投全国トップの田窪一翔 100m10秒5台の畠中とマルティネスの対決 走幅跳全国4位の山崎りりや登場/IH四国

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)を懸けた地区大会が6月に各地で行われる。 インターハイ四国地区大会は6月15日から17日までの3日間、高知県の春野総合運動公園陸上競技場で開かれる。 男子の注目種目は円盤投。田窪一 […]

NEWS 五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

2024.06.13

五輪目指す栁田大輝が日本選手権前ラストレース やり投・清川と巖の80mスロワー対決、女子は山本亜美山形愛羽が登場/日本学生個人

“学生ナンバーワン”を決める日本学生個人選手権が6月14日(金)から16日(日)までの3日間、神奈川・レモンガススタジアム平塚で行われる。学校対抗のインカレとは違った趣のナンバーワン決定戦。注目の選手たちを見ていこう。 […]

NEWS インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top