HOME 国内

2022.12.03

父になった川内優輝、初優勝を狙う市山翼、地元出身の坪内、後半勝負をにらむ橋本 防府読売マラソンを制するのは果たして
父になった川内優輝、初優勝を狙う市山翼、地元出身の坪内、後半勝負をにらむ橋本 防府読売マラソンを制するのは果たして

「ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズ」の第53回防府読売マラソンが12月4日(日)に行われる。

この大会はJMCシリーズ最高ランクの「グレード1(G1)」レースで、シリーズチャンピオンに輝くと第106回日本選手権者となり、2023年8月にハンガリーで行われるブダペスト世界選手権の日本代表に内定する。

また、2024年パリ五輪マラソン代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権獲得も懸かっており、2時間10分以内で日本人1位~3位、2時間9分以内で日本人4~6位、順位にかかわらず2時間8分以内でフィニッシュ、または対象レース2本の平均タイムが2時間10分以内のワイルドカードの条件をクリアすると、MGCの出場権を獲得することができる。

注目は、すでにMGC出場権を獲得している川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)。この防府は12年連続出場で、大会最多4度の優勝を誇る。そんな相性の良い大会だが、11月上旬に右ふくらはぎを故障し、万全な状態ではない。それでも、11月30日には長男が生まれ、記者会見では「子供に恥ずかしくないようなレースをしたい」と語った川内。父となって初めてのマラソンでどんな走りを見せるのか。

川内に次ぐ自己ベスト、2時間7分41秒を持つのが市山翼(小森コーポレーション)。これまでマラソンでの優勝経験はない。記者会見では「しっかり準備してきたので結果を出したい」と語った。自身初の優勝、そしてMGC出場権獲得を狙う。

「良い状態でスタートラインに立てそう」という坪内淳一(黒崎播磨)は地元山口県出身。「お世話になった方々へ良い報告がしたい」と語り、目指すは「地元優勝」だ。

6年前の同大会で川内を抑えて優勝し、「人生が変わった」という橋本崚(GMOインターネットグループ)は、2時間8分台を狙っている。橋本と言えば、2019年に行われた東京五輪マラソン代表決定戦・MGCでの「スパート」が思い出される。沿道を沸かせた見事な走りだったが、最近では「35km以降の走り」が苦手になってきているという。「もう一回勝負できる自分に持っていきたい」と語る橋本。思い出の地で優勝を狙う。

JMCシリーズⅡのG3大会となる女子の注目は大塚製薬の2人。川内理江(大塚製薬)は今年1月、大阪国際女子マラソンで自己ベストの2時間25分35秒を出し、7位に入ると、3月の名古屋ウィメンズマラソンでMGC出場権を獲得した。今大会で完走すれば、JMCシリーズランキングトップとなる。

福良郁美(大塚製薬)はその川内に名古屋で先着し、自己ベストをマークした。そのタイムは2時間25分15秒で今大会出場選手の中でトップ。大塚製薬の2人による優勝争いとなるか。

第53回防府読売マラソンは12月4日(日)10時40分に号砲が鳴る。キリンレモンスタジアムソルトアリーナ防府前県道をスタートし、キリンレモンスタジアム陸上競技場がフィニッシュとなる42.195km。KRY山口放送をはじめ、日本テレビ系列14局で10時25分から放送される。

「ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズ」の第53回防府読売マラソンが12月4日(日)に行われる。 この大会はJMCシリーズ最高ランクの「グレード1(G1)」レースで、シリーズチャンピオンに輝くと第106回日本選手権者となり、2023年8月にハンガリーで行われるブダペスト世界選手権の日本代表に内定する。 また、2024年パリ五輪マラソン代表選考レース「マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)」の出場権獲得も懸かっており、2時間10分以内で日本人1位~3位、2時間9分以内で日本人4~6位、順位にかかわらず2時間8分以内でフィニッシュ、または対象レース2本の平均タイムが2時間10分以内のワイルドカードの条件をクリアすると、MGCの出場権を獲得することができる。 注目は、すでにMGC出場権を獲得している川内優輝(あいおいニッセイ同和損保)。この防府は12年連続出場で、大会最多4度の優勝を誇る。そんな相性の良い大会だが、11月上旬に右ふくらはぎを故障し、万全な状態ではない。それでも、11月30日には長男が生まれ、記者会見では「子供に恥ずかしくないようなレースをしたい」と語った川内。父となって初めてのマラソンでどんな走りを見せるのか。 川内に次ぐ自己ベスト、2時間7分41秒を持つのが市山翼(小森コーポレーション)。これまでマラソンでの優勝経験はない。記者会見では「しっかり準備してきたので結果を出したい」と語った。自身初の優勝、そしてMGC出場権獲得を狙う。 「良い状態でスタートラインに立てそう」という坪内淳一(黒崎播磨)は地元山口県出身。「お世話になった方々へ良い報告がしたい」と語り、目指すは「地元優勝」だ。 6年前の同大会で川内を抑えて優勝し、「人生が変わった」という橋本崚(GMOインターネットグループ)は、2時間8分台を狙っている。橋本と言えば、2019年に行われた東京五輪マラソン代表決定戦・MGCでの「スパート」が思い出される。沿道を沸かせた見事な走りだったが、最近では「35km以降の走り」が苦手になってきているという。「もう一回勝負できる自分に持っていきたい」と語る橋本。思い出の地で優勝を狙う。 JMCシリーズⅡのG3大会となる女子の注目は大塚製薬の2人。川内理江(大塚製薬)は今年1月、大阪国際女子マラソンで自己ベストの2時間25分35秒を出し、7位に入ると、3月の名古屋ウィメンズマラソンでMGC出場権を獲得した。今大会で完走すれば、JMCシリーズランキングトップとなる。 福良郁美(大塚製薬)はその川内に名古屋で先着し、自己ベストをマークした。そのタイムは2時間25分15秒で今大会出場選手の中でトップ。大塚製薬の2人による優勝争いとなるか。 第53回防府読売マラソンは12月4日(日)10時40分に号砲が鳴る。キリンレモンスタジアムソルトアリーナ防府前県道をスタートし、キリンレモンスタジアム陸上競技場がフィニッシュとなる42.195km。KRY山口放送をはじめ、日本テレビ系列14局で10時25分から放送される。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.21

ゴールドコーストマラソンに川内優輝、小山裕太、川内理江ら日本人選手多数招待! 7月7日開催

7月7日に行われる第44回ゴールドコーストマラソンに先立ち、大会事務局は6月20日、21日に男女の招待選手を発表した。 日本からは男女17人の選手が招待。男子ではパリ五輪マラソンの補欠に選ばれている川内優輝(あいおいニッ […]

NEWS 棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

2024.06.21

棒高跳アジア記録保持者・オビエナ シーズンベストの5m97! 砲丸投・ファブリは大会新V/WAコンチネンタルツアー

6月20日、ポーランド・ビドゴシュチでWAコンチネンタルツアー・ゴールドのイレーナ・シェビンスカ記念が開催され、男子棒高跳ではオレゴン世界選手権銀メダルのE.J.オビエナ(フィリピン)が5m97で優勝した。 6m00のア […]

NEWS 泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

2024.06.20

泉谷駿介 パリ五輪メダルに向け「自分の力を出し切れるように」

男子110mハードルで今夏のパリ五輪代表に内定している泉谷駿介(住友電工)が6月20日、都内で行われたナイキのイベントに出席。五輪に向けての意気込みなどを語った。 泉谷は昨年のブダペスト世界選手権で5位に入賞。4月20日 […]

NEWS エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

2024.06.20

エリヨン・ナイトンの暫定資格停止処分が解除 ドーピング検査陽性反応も「過失なし」で五輪選考会出場へ

6月19日、米国アンチドーピング機構(USADA)は、男子短距離のエリヨン・ナイトン(米国)の暫定資格停止処分を解除することを発表した。 20歳のナイトンは昨年のブダペスト世界選手権200m銀メダリスト。17歳だった21 […]

NEWS 五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

2024.06.19

五輪シーズンにキングとクイーンの座に就くのは!?丸山優真、山﨑有紀が連覇に挑む/日本選手権混成

第108回日本選手権・混成競技が6月22、23日に岐阜メモリアルセンター長良川競技場で行われる。パリ五輪代表選考会を兼ねた一戦の注目選手を見ていく。 男子十種競技の優勝候補は丸山優真(住友電工)。前回は7816点で初優勝 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top