HOME 駅伝

2022.11.27

資生堂「みんなでつかんだ優勝」流れ作った1区・木村、5区・五島はMVP走で牽引!/クイーンズ駅伝
資生堂「みんなでつかんだ優勝」流れ作った1区・木村、5区・五島はMVP走で牽引!/クイーンズ駅伝

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km)

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)は11月27日に行われ、資生堂が2時間12分28秒の大会新で16年ぶり2度目の優勝を飾った。

その原動力のとなったのが、1区の木村友香と、5区の五島莉乃。ともに区間賞に輝き、五島は最優秀選手と、チームを力強く牽引した。

「とにかくライバルチームとの差をどれだけつけるかがカギ。自分のリズムで行こうと決めていた」という木村。スタート直後から飛び出すと、後続をグングン引き離す。

最後までペースを落とすことなく7.6kmを走り切った木村。23分29秒でトップで中継所に飛び込み、2位だった豊田自動織機の田中希実に21秒差、優勝を争う「2強」の一角・積水化学の佐藤早也伽には50秒もの大差をつけた。

昨年は2km過ぎに飛び出したものの後半伸び悩み、ヤマダホールディングスの岡本晴美と同タイムながら2位。「去年の失敗があったので、不安があった」と言うが、「今日はできるだけポジティブに考え、自分の走りに集中しようと思っていた。その走りができた」。勝負の流れを力強く引き寄せる快走だった。

その木村の走りを引き出したのが、後半区間の選手たち。岩水嘉孝監督は、2位だった昨年との比較の中で、「駅伝において先手必勝はもちろんですが、後半に力のある選手がいることも大切。昨年は後半区間が今年ほどではなく、前半区間の選手にあせりがあった」と説明する。

その中で、昨年に指揮官の想定を上回る5区区間賞に輝いたのが五島だった。

「それがきっかけで自分の走りが変わった」と自身で振り返るように、今夏、オレゴン世界選手権10000m代表になるなど、今やチームのエースと言えるほどに成長。そんな五島が5区に入ったことは、前半の選手たちに安心感を与えただろう。

そして五島は、3区で失った首位の座を4区のジュディ・チェプングティチが取り返す流れでタスキを受けると、1年分の成長をしっかりと示した。36秒だった2位との差を、一気に2分13秒にまで広げる2年連続区間賞(31分40秒)で、勝負を決定づけた。

「今までの人生の中で、優勝は初めて。今日は本当に夢みたい」と、五島はうれし涙を流す。

木村も、五島も、他の4人も、全員が口にしたのが「去年の2位から1年、みんなが『優勝したい』と思って高め合ってきた」ということ。

今春に東京五輪マラソン8位入賞の一山麻緒が加入し、アンカーとしてVテープを切った高島由香を含めて世界大会代表経験者は4人に。そのハイレベルな選手たちが、「優勝」という目標に向けて切磋琢磨して高め合い、他を圧倒するチームを作り上げた。

「走ったメンバー、補欠のメンバー、サポートしてくれたスタッフ、応援してくださる社員のみなさん、みんなでつかんだ優勝です」

五島はそう言って、胸を張った。

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km) 全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)は11月27日に行われ、資生堂が2時間12分28秒の大会新で16年ぶり2度目の優勝を飾った。 その原動力のとなったのが、1区の木村友香と、5区の五島莉乃。ともに区間賞に輝き、五島は最優秀選手と、チームを力強く牽引した。 「とにかくライバルチームとの差をどれだけつけるかがカギ。自分のリズムで行こうと決めていた」という木村。スタート直後から飛び出すと、後続をグングン引き離す。 最後までペースを落とすことなく7.6kmを走り切った木村。23分29秒でトップで中継所に飛び込み、2位だった豊田自動織機の田中希実に21秒差、優勝を争う「2強」の一角・積水化学の佐藤早也伽には50秒もの大差をつけた。 昨年は2km過ぎに飛び出したものの後半伸び悩み、ヤマダホールディングスの岡本晴美と同タイムながら2位。「去年の失敗があったので、不安があった」と言うが、「今日はできるだけポジティブに考え、自分の走りに集中しようと思っていた。その走りができた」。勝負の流れを力強く引き寄せる快走だった。 その木村の走りを引き出したのが、後半区間の選手たち。岩水嘉孝監督は、2位だった昨年との比較の中で、「駅伝において先手必勝はもちろんですが、後半に力のある選手がいることも大切。昨年は後半区間が今年ほどではなく、前半区間の選手にあせりがあった」と説明する。 その中で、昨年に指揮官の想定を上回る5区区間賞に輝いたのが五島だった。 「それがきっかけで自分の走りが変わった」と自身で振り返るように、今夏、オレゴン世界選手権10000m代表になるなど、今やチームのエースと言えるほどに成長。そんな五島が5区に入ったことは、前半の選手たちに安心感を与えただろう。 そして五島は、3区で失った首位の座を4区のジュディ・チェプングティチが取り返す流れでタスキを受けると、1年分の成長をしっかりと示した。36秒だった2位との差を、一気に2分13秒にまで広げる2年連続区間賞(31分40秒)で、勝負を決定づけた。 「今までの人生の中で、優勝は初めて。今日は本当に夢みたい」と、五島はうれし涙を流す。 木村も、五島も、他の4人も、全員が口にしたのが「去年の2位から1年、みんなが『優勝したい』と思って高め合ってきた」ということ。 今春に東京五輪マラソン8位入賞の一山麻緒が加入し、アンカーとしてVテープを切った高島由香を含めて世界大会代表経験者は4人に。そのハイレベルな選手たちが、「優勝」という目標に向けて切磋琢磨して高め合い、他を圧倒するチームを作り上げた。 「走ったメンバー、補欠のメンバー、サポートしてくれたスタッフ、応援してくださる社員のみなさん、みんなでつかんだ優勝です」 五島はそう言って、胸を張った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.18

女子短距離の山中日菜美が地元・滋賀のマリングレイスとスポンサー契約を締結

女子短距離の山中日菜美(滋賀陸協)と株式会社マリングレイスがスポンサー契約を締結したことを発表した。 山中は滋賀県出身の27歳。立命大を経て、大学卒業1年目の2019年には世界リレー代表にも選出された。2022年に実業団 […]

NEWS サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

2024.06.18

サニブラウン主宰「DAWN GAMES」東日本予選にもバドミントンの桃田賢斗がゲスト参加!小学校低学年50mも追加

男子100m2大会連続世界選手権ファイナリストでパリ五輪代表に内定しているサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が主宰する小中高生を対象とした100mの競技会「DAWN GAMES(ドーンゲームス)」の東日本エリア予選 […]

NEWS サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

2024.06.18

サニブラウン主宰の「DAWN GAMES」西日本予選が開催!約400人が参加、各カテゴリー4人が決勝大会へ

男子短距離のサニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ)が企画した100mの競技会「DAWN GAMES」の西日本予選が去る6月9日、大阪・ヤンマースタジアム長居で行われた。 この大会は「陸上人口を増やし、層を厚くしたい」「 […]

NEWS 【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

2024.06.18

【プレゼント】ニシ・スポーツの 「ジャカードレーシングTシャツ」&「WGレーシングショートタイツ」/2024年7月号

ニシ・スポーツから新登場した2024年春夏モデルの「HIGH TECH LINE」シリーズが好評だ。 なかでも、機能性を追求した「ジャカードレーシングTシャツ」は、胸・背・脇に配したエアーダクトホール、吸汗速乾性のある素 […]

NEWS 中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

2024.06.18

中島佑気ジョセフがバハマで45秒49 シーズンベストで優勝 日本選手権前に弾み

WAコンチネンタルツアー・チャレンジャーのNACACニューライフ招待が6月16日にバハマで行われ、男子400mに中島佑気ジョセフ(富士通)が出場。45秒49のシーズンベストで優勝した。 中島は、東洋大4年だった昨年の日本 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top