HOME 駅伝

2022.11.27

廣中璃梨佳 連続区間賞ストップもチームのために「やれることは出せました」/クイーンズ駅伝
廣中璃梨佳 連続区間賞ストップもチームのために「やれることは出せました」/クイーンズ駅伝

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km)

全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)が11月27日に行われ、日本代表で5000m日本記録保持者の廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)は3区に入って区間2位の力走を見せた。

チームは総合3位。「一人ひとりやるべきことをやって、信じてやってきた結果。自分としても、やれることはすべて出しました」と振り返る。

トップの資生堂からは47秒差の4位で走り出した廣中。3秒後ろからは積水化学の新谷仁美が迫るが、振り返らずに前へと攻めの走りを見せる。5km通過は15分33秒。8kmで資生堂の一山麻緒に並びかけた。

一度は一山も粘ったが、残り1kmで一山を突き放す。しかし、その後ろから新谷が迫り、10.3kmで新谷が廣中をかわした。

陸上界に刻まれるような名勝負。ここからが廣中の強さだった。懸命に腕を振ると、残り300mでスパート。トップは譲らなかった。

区間賞は新谷から1秒遅れで逃した廣中。これまで中学時代から続いていた連続区間賞がついにストップ。だが、「悔しさはありますが、区間賞のためにやっているわけではありません。チームのために走り切れたので良かった」と胸を張った。

たとえ連続区間賞が途切れても、これまでの取り組みや結果の価値は何も変わらない。むしろ、世界選手権以降、悩み、試行錯誤を繰り返す中でも強さを見せてトップを奪ったことに新たな価値観がある。

「トップで渡せたこと、流れを変えられたことが良かった。これからも駅伝ではチームで一致団結してやっていきたいです」

5000mで日本記録14分52秒84、10000mは日本歴代2位の30分39秒71を持ち、東京五輪では10000m7位入賞。これまで結果を残してきた。

それでも世界と戦うために「引き出しを増やさないと」と、さまざまな取り組みに挑戦。オレゴン後は連戦して練習の一環としてレースを使うなど、新たな試みもあった。その中で本来の走りができず「葛藤もあった」。

今回の駅伝での粘りの走りは廣中の真骨頂。「自分らしい走りができました。これを一つのきっかけにしたい」。連続区間賞ストップを、次の舞台へと進むためのステップにする強さを廣中は持っている。

◇廣中の駅伝成績
・都道府県対抗女子駅伝
16年3区1位
17年4区1位
18年4区1位
19年1区1位
20年1区1位
22年9区1位
・全国高校駅伝
18年1区1位
・全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)
19年1区1位
20年1区1位
21年3区1位
22年3区2位

◇クイーンズ駅伝in宮城(11月27日/宮城・松島~仙台、6区間42.195km) 全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)が11月27日に行われ、日本代表で5000m日本記録保持者の廣中璃梨佳(JP日本郵政グループ)は3区に入って区間2位の力走を見せた。 チームは総合3位。「一人ひとりやるべきことをやって、信じてやってきた結果。自分としても、やれることはすべて出しました」と振り返る。 トップの資生堂からは47秒差の4位で走り出した廣中。3秒後ろからは積水化学の新谷仁美が迫るが、振り返らずに前へと攻めの走りを見せる。5km通過は15分33秒。8kmで資生堂の一山麻緒に並びかけた。 一度は一山も粘ったが、残り1kmで一山を突き放す。しかし、その後ろから新谷が迫り、10.3kmで新谷が廣中をかわした。 陸上界に刻まれるような名勝負。ここからが廣中の強さだった。懸命に腕を振ると、残り300mでスパート。トップは譲らなかった。 区間賞は新谷から1秒遅れで逃した廣中。これまで中学時代から続いていた連続区間賞がついにストップ。だが、「悔しさはありますが、区間賞のためにやっているわけではありません。チームのために走り切れたので良かった」と胸を張った。 たとえ連続区間賞が途切れても、これまでの取り組みや結果の価値は何も変わらない。むしろ、世界選手権以降、悩み、試行錯誤を繰り返す中でも強さを見せてトップを奪ったことに新たな価値観がある。 「トップで渡せたこと、流れを変えられたことが良かった。これからも駅伝ではチームで一致団結してやっていきたいです」 5000mで日本記録14分52秒84、10000mは日本歴代2位の30分39秒71を持ち、東京五輪では10000m7位入賞。これまで結果を残してきた。 それでも世界と戦うために「引き出しを増やさないと」と、さまざまな取り組みに挑戦。オレゴン後は連戦して練習の一環としてレースを使うなど、新たな試みもあった。その中で本来の走りができず「葛藤もあった」。 今回の駅伝での粘りの走りは廣中の真骨頂。「自分らしい走りができました。これを一つのきっかけにしたい」。連続区間賞ストップを、次の舞台へと進むためのステップにする強さを廣中は持っている。 ◇廣中の駅伝成績 ・都道府県対抗女子駅伝 16年3区1位 17年4区1位 18年4区1位 19年1区1位 20年1区1位 22年9区1位 ・全国高校駅伝 18年1区1位 ・全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝) 19年1区1位 20年1区1位 21年3区1位 22年3区2位

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.17

100mH初五輪の田中佑美「緊張、楽しいを素直に表現できるように」準決勝進出に向けて最大パフォーマンス誓う

富士通は7月17日、女子100mハードルでパリ五輪代表に内定した田中佑美のオンライン会見を開いた。 日本選手権で2位となった田中。参加標準記録(12秒77)には届かず、ワールドランキングではターゲットナンバー(出場枠)4 […]

NEWS 女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

2024.07.17

女子800mU18世界歴代2位のギルがプーマと契約 英国選手権V パリ五輪代表の17歳

女子800mのP.ギル(英国)がプーマとの契約締結を自身のSNSで発表した。 ギルは2007年4月生まれの17歳。800mで今年5月のベルファスト・アイリッシュ・マイラーズ・ミーティング(英国)でU18世界歴代2位、U2 […]

NEWS トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

2024.07.17

トワイライトゲームス 泉谷駿介の出場が急遽決定!パリ五輪前ラストレース

関東学連が主催する第19回トワイライト・ゲームス(7月21日)のスタートリストが更新され、男子110mハードルに日本記録を持つ泉谷駿介(住友電工)が出場することがわかった。 泉谷は13秒04の日本記録保持者。今年はこれま […]

NEWS 「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

2024.07.16

「とにかくよく跳ねて、楽にスピードを出せるシューズ」、発売初日に入荷した半分以上が売れた大人気のOn『Cloudboom Strike』を横田真人氏が絶賛

スイスのスポーツブランド「On(オン)」およびオン・ジャパンは、レーシングシューズやスパイクシューズを含むランニングシューズコレクションの最高峰「Prism Capsule(プリズム カプセル)」4品番を7月11日から発 […]

NEWS 福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

2024.07.16

福井ナイトゲームズのクラウドファンディングがスタート!フィールド内観戦も!支援金はアスリートへの報奨金

福井陸協が主催する日本グランプリシリーズG2の「Athlete Night Games in FUKUI 2024」のクラウドファンディングが今年もスタートした。 同大会は「海外のような雰囲気」を目指し、福井陸協がクラウ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top