HOME 高校

2022.11.14

高校生・吉岡大翔が5000m13分22秒99!学生歴代10位相当の特大高校新「この結果に満足せず上を目指していきたい」
高校生・吉岡大翔が5000m13分22秒99!学生歴代10位相当の特大高校新「この結果に満足せず上を目指していきたい」

22年11月13日の日体大長距離競技会5000mで13分22秒99の高校新記録をマークした吉岡

第300回日体大長距離競技会の男子5000m最終組で、特大の高校新記録が誕生した。主役の名は吉岡大翔(佐久長聖高3長野)。高校生初の13分30秒切りとなる13分22秒99をマークし、佐藤圭汰(洛南高・京都/現・駒大)の持つ従来の高校記録(13分31秒19)を8秒以上も更新した。

30分ほど前までザーザー降りだった雨が小降りになり、風もぴたりと止む。まるで吉岡の大記録樹立をお膳立てするような絶好のコンディションでスタートした。

先頭集団は13分20秒切りのベストを持つジョセフ・ラジニ(拓大)やジェームス・ムオキ(コニカミノルタ)ら10人で構成され、日本人選手では18歳の吉岡がただ一人食らいついた。1000mを2分38秒、2000mは5分20秒で通過。高校記録更新を目指す吉岡にとっては絶好のペースで進んだ。

3000mは8分05秒、4000mは10分49秒とややペースは落ちたが、ここからが吉岡の真骨頂だった。

残り2周。名だたる外国人選手を尻目に吉岡が先頭に立った。一気にペースが上がり、先頭集団からついていけなくなる選手も続出。最後はアントニー・マイナ(トヨタ自動車九州)、ラジニに先着されたが、残り1000mを2分34秒でカバーして特大高校新につなげた。叩き出した13分22秒99は大学生のカテゴリーでも学生歴代10位(留学生含む)相当の大記録だ。

これまで高1(13分50秒27)、高2(13分38秒96)と5000mの学年別最高記録を樹立しており、これで3学年すべての頂点に立った吉岡。「高2最高を出した時は目の前で佐藤圭汰さんに高校記録を出されたので、目標とする方の記録を超えられて非常にうれしく思います」と笑顔でレースを振り返った。

指導する高見澤勝監督も「調子は良かったので、記録はここでしか狙わないと決めていました。外国人選手が最高のペースで引っ張ってくれたのが大きかったですが、13分22秒は上出来ですね」と教え子の快走を手放しで喜んだ

川中島中時代は全中3000m6位、全国都道府県対抗駅伝6区区間賞(区間新)と活躍し、佐久長聖高でさらにその才能が開花。1年時に全国高校駅伝4区区間賞、2年時はインターハイ5000m6位と実績を重ね、3年目の今季はインターハイを回避してU20世界選手権に出場。5000mで予選を突破して7位入賞を達成した。

今回のレースで「自己記録を狙うレースは終わり」だという。今後は疲労を抜くことに注力し、長野県代表として出場を決めている12月の全国高校駅伝にピークを合わせていく。

「僕たちにとって1番の大きな目標が駅伝。入学してから5位、5位とメダルに届いておらず、1年時には先輩方が作った日本人最高記録も破られて悔しい思いをしてきました。最後は笑顔で終われるような結果にしていきたいですし、どんな結果になったとしても、自分の最高のパフォーマンスを発揮できるようにがんばっていきたいです」

また、卒業後は学生屈指のスピードを誇る三浦龍司(3年)擁する順大への進学が決まっている。「箱根駅伝では今回の4倍の距離になりますし、スタミナ面でも20kmを走り切れるかどうかはわかりません。今の結果に満足せず、上には上がいるという思いで取り組んでいきます」と、さらなる高みを見据える。

速さに加えて、大きな舞台で外さない勝負強さも併せ持つ規格外の高校生ランナー、吉岡大翔の今後に注目が集まる。

◆男子5000m高校記録変遷(14分未満)
13.57.90   武井 隆次(國學院久我山3東京) 1989.10.29
13.55.54   古田 哲弘(浜松商3静岡)  1995.10.10
13.47.8     佐藤 清治(佐久長聖3長野) 1999.11. 6
13.44.91   土橋 啓太(大牟田3福岡)  2002.10.23
13.39.87   佐藤 秀和(仙台育英3宮城) 2004.10.27
13.36.89   石田 洸介(東農大二3群馬) 2020. 7.18
13.34.74   石田 洸介(東農大二3群馬) 2020. 9.27
13.31.19   佐藤 圭汰(洛南3京都)  2021.10. 3
13.22.99   吉岡 大翔(佐久長聖3長野)2022.11.13

文/松永貴允

第300回日体大長距離競技会の男子5000m最終組で、特大の高校新記録が誕生した。主役の名は吉岡大翔(佐久長聖高3長野)。高校生初の13分30秒切りとなる13分22秒99をマークし、佐藤圭汰(洛南高・京都/現・駒大)の持つ従来の高校記録(13分31秒19)を8秒以上も更新した。 30分ほど前までザーザー降りだった雨が小降りになり、風もぴたりと止む。まるで吉岡の大記録樹立をお膳立てするような絶好のコンディションでスタートした。 先頭集団は13分20秒切りのベストを持つジョセフ・ラジニ(拓大)やジェームス・ムオキ(コニカミノルタ)ら10人で構成され、日本人選手では18歳の吉岡がただ一人食らいついた。1000mを2分38秒、2000mは5分20秒で通過。高校記録更新を目指す吉岡にとっては絶好のペースで進んだ。 3000mは8分05秒、4000mは10分49秒とややペースは落ちたが、ここからが吉岡の真骨頂だった。 残り2周。名だたる外国人選手を尻目に吉岡が先頭に立った。一気にペースが上がり、先頭集団からついていけなくなる選手も続出。最後はアントニー・マイナ(トヨタ自動車九州)、ラジニに先着されたが、残り1000mを2分34秒でカバーして特大高校新につなげた。叩き出した13分22秒99は大学生のカテゴリーでも学生歴代10位(留学生含む)相当の大記録だ。 これまで高1(13分50秒27)、高2(13分38秒96)と5000mの学年別最高記録を樹立しており、これで3学年すべての頂点に立った吉岡。「高2最高を出した時は目の前で佐藤圭汰さんに高校記録を出されたので、目標とする方の記録を超えられて非常にうれしく思います」と笑顔でレースを振り返った。 指導する高見澤勝監督も「調子は良かったので、記録はここでしか狙わないと決めていました。外国人選手が最高のペースで引っ張ってくれたのが大きかったですが、13分22秒は上出来ですね」と教え子の快走を手放しで喜んだ 川中島中時代は全中3000m6位、全国都道府県対抗駅伝6区区間賞(区間新)と活躍し、佐久長聖高でさらにその才能が開花。1年時に全国高校駅伝4区区間賞、2年時はインターハイ5000m6位と実績を重ね、3年目の今季はインターハイを回避してU20世界選手権に出場。5000mで予選を突破して7位入賞を達成した。 今回のレースで「自己記録を狙うレースは終わり」だという。今後は疲労を抜くことに注力し、長野県代表として出場を決めている12月の全国高校駅伝にピークを合わせていく。 「僕たちにとって1番の大きな目標が駅伝。入学してから5位、5位とメダルに届いておらず、1年時には先輩方が作った日本人最高記録も破られて悔しい思いをしてきました。最後は笑顔で終われるような結果にしていきたいですし、どんな結果になったとしても、自分の最高のパフォーマンスを発揮できるようにがんばっていきたいです」 また、卒業後は学生屈指のスピードを誇る三浦龍司(3年)擁する順大への進学が決まっている。「箱根駅伝では今回の4倍の距離になりますし、スタミナ面でも20kmを走り切れるかどうかはわかりません。今の結果に満足せず、上には上がいるという思いで取り組んでいきます」と、さらなる高みを見据える。 速さに加えて、大きな舞台で外さない勝負強さも併せ持つ規格外の高校生ランナー、吉岡大翔の今後に注目が集まる。 ◆男子5000m高校記録変遷(14分未満) 13.57.90   武井 隆次(國學院久我山3東京) 1989.10.29 13.55.54   古田 哲弘(浜松商3静岡)  1995.10.10 13.47.8     佐藤 清治(佐久長聖3長野) 1999.11. 6 13.44.91   土橋 啓太(大牟田3福岡)  2002.10.23 13.39.87   佐藤 秀和(仙台育英3宮城) 2004.10.27 13.36.89   石田 洸介(東農大二3群馬) 2020. 7.18 13.34.74   石田 洸介(東農大二3群馬) 2020. 9.27 13.31.19   佐藤 圭汰(洛南3京都)  2021.10. 3 13.22.99   吉岡 大翔(佐久長聖3長野)2022.11.13 文/松永貴允

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.13

インゲブリグトセン大会新で1500mも完勝「今大会の走りに満足」 女子走幅跳ミハンボ7m22 デュプランティス金/欧州選手権

◇欧州選手権(6月7日~12日/イタリア・ローマ) 6月12日、欧州選手権の最終日が行われ、男子1500mでは東京五輪金メダルのヤコブ・インゲブリグトセン(ノルウェー)が3分31秒95で優勝した。 前回大会で自らが作った […]

NEWS 100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

2024.06.13

100mは小澤斗維が向かい風1.8mで10秒58!北海道栄4継は40秒10 女子100mは山崎心愛が11秒78でV2/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)2日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、男女短距離で好記録が誕生した。 男子100mは小澤斗維(北海道栄3)が向か […]

NEWS 【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

2024.06.13

【トレーニング講座】走高跳(2024年7月号)

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「走高跳」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu.b […]

NEWS 【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

2024.06.13

【トレーニング】400mH(2024年7月号掲載)/吉形政衡

月刊陸上競技で連載している「トレーニング講座」。種目ごとに全国の指導者の方々にご執筆いただいています! 月刊陸上競技2024年7月号の「400mH」で掲載されている練習動画はこちらをチェック! https://youtu […]

NEWS 月刊陸上競技2024年7月号

2024.06.12

月刊陸上競技2024年7月号

Contents パリ五輪への道、最終局面 Route de Paris 2024 サニブラウン・アブデル・ハキーム(東レ) ~世界一、速い男になるために 栁田大輝(東洋大) ~ 21歳の夏、輝く 岡田久美子(富士通)  […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top