HOME 駅伝

2022.11.07

東海大・石原翔太郎3区区間賞「予選会の悔しさ晴らしたかった」ケガからの復活に涙/全日本大学駅伝
東海大・石原翔太郎3区区間賞「予選会の悔しさ晴らしたかった」ケガからの復活に涙/全日本大学駅伝

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km)

大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われた。惜しくも10位とシード権を逃した東海大だが、そんな中で輝いたのが3区に入ったエースの石原翔太郎(3年)。15位でタスキを受けると、順位を3つ上げて区間賞を獲得した。

レース後、「ここまで長かったです」と涙声になって言葉が詰まる。1年時に4区を走って区間新。箱根駅伝でも3区区間賞と飛躍を遂げた。その後は股関節を痛めて戦線離脱。長期間、表舞台から姿を消した。

懸命なリハビリと地道なトレーニング、そして「監督やコーチ、家族など周りの方が支えてくれました」と感謝するように周囲が心強くサポート。そしてエースは戻ってきた。

10月の箱根駅伝予選会では終盤まで日本人トップ争いに加わるも失速。「悔しい結果だったので、ここで晴らしたいと思っていました」。しっかりと疲労を抜いて、「順調に練習をつめていました」。

タスキを受けた順位が思ったより後方で「焦りました」と石原。だが、両角速監督から「自分の走りをしてくれればいいから」と送り出され、石原はまっすぐに前を追って順位を上げていく。

区間賞獲得に「うれしい」と喜びつつ、「タイムはもう少し上げたかった。少ししか順位を上げられたかったのが残念」と石原。今年7月に5000mで13分29秒21の自己新をマークするなど、徐々に本来の走りに近づいている。箱根路での東海大2年ぶりシード権奪還へ。頼もしいエースが戻ってきた。

◇第54回全日本大学駅伝(11月6日/愛知・熱田神宮~三重・伊勢神宮:8区間106.8km) 大学駅伝日本一を決める全日本大学駅伝が行われた。惜しくも10位とシード権を逃した東海大だが、そんな中で輝いたのが3区に入ったエースの石原翔太郎(3年)。15位でタスキを受けると、順位を3つ上げて区間賞を獲得した。 レース後、「ここまで長かったです」と涙声になって言葉が詰まる。1年時に4区を走って区間新。箱根駅伝でも3区区間賞と飛躍を遂げた。その後は股関節を痛めて戦線離脱。長期間、表舞台から姿を消した。 懸命なリハビリと地道なトレーニング、そして「監督やコーチ、家族など周りの方が支えてくれました」と感謝するように周囲が心強くサポート。そしてエースは戻ってきた。 10月の箱根駅伝予選会では終盤まで日本人トップ争いに加わるも失速。「悔しい結果だったので、ここで晴らしたいと思っていました」。しっかりと疲労を抜いて、「順調に練習をつめていました」。 タスキを受けた順位が思ったより後方で「焦りました」と石原。だが、両角速監督から「自分の走りをしてくれればいいから」と送り出され、石原はまっすぐに前を追って順位を上げていく。 区間賞獲得に「うれしい」と喜びつつ、「タイムはもう少し上げたかった。少ししか順位を上げられたかったのが残念」と石原。今年7月に5000mで13分29秒21の自己新をマークするなど、徐々に本来の走りに近づいている。箱根路での東海大2年ぶりシード権奪還へ。頼もしいエースが戻ってきた。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.17

110mH古賀ジェレミーが13秒91!11年ぶり高2最高「自信持って楽しみました」全国で13秒8台へ/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)4日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の4日目が行われ、男子110mハードルで古賀ジェレミー(東京2)が優勝した。村竹 […]

NEWS ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

2024.06.17

ぴあ株式会社が東京世界陸上とスポンサー契約を締結 多くの大規模イベントでチケッティングサービスの実績

東京2025世界陸上財団は6月178日、ぴあ株式会社とスポンサー契約を締結したことを発表した。これまで多くのイベントでチケットの販売や入場管理業務の実績を持つ同社は、2025年に開催される東京世界陸上をサポートしていくと […]

NEWS ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

2024.06.17

ケジェルチャが10000m世界歴代7位の26分31秒01! アレガヴィも歴代8位 17歳メハリーが26分37秒93

6月14日、エチオピアの10000m五輪トライアルがスペイン・ネルハで開催され、男子10000mではドーハ世界選手権銀メダルのY.ケジャルチャが今季世界最高、世界歴代7位の26分31秒01で優勝した。 ケジャルチャは東京 […]

NEWS ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

2024.06.17

ワニョニイが800m歴代3位の1分41秒70 オマニャラ9秒79 キピエゴンは1500m、5000mで五輪代表に

6月14~15日、ケニア・ナイロビでケニアの五輪選考会が開催され、男子800mではブダペスト世界選手権銀メダルのE.ワニョニイが世界歴代3位の1分41秒70で優勝した。 19歳のワニョニイは、昨年の世界選手権銀メダリスト […]

NEWS 男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

2024.06.17

男子走高跳・全中王者の清水怜修がジャンプオフ制す 山﨑天心が短距離2冠 女子200mは同記録V/IH南関東

◇インターハイ南関東地区大会(6月14~17日/東京・駒沢陸上競技場、大井陸上競技場)3日目 夏の福岡インターハイ出場を懸けた南関東地区大会の3日目が行われ、酷暑の中でも多くの好勝負が生まれ、男子走高跳は1位と6位に2人 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top