HOME 特集

2020.03.24

【コラム】陸上の「U20日本記録」って? 今も残る1983年の記録とは
【コラム】陸上の「U20日本記録」って? 今も残る1983年の記録とは

女子円盤投でU20日本記録を樹立した齋藤真希

3月22日に行われた東京女子体育大学の土曜競技会(学内のみで実施)で、女子円盤投の齋藤真希(東女体大1年)が54m19をマーク。これはU20日本記録で、1996年に室伏由佳(中京大)が作った54m12を24年ぶりに更新するものだった。

齋藤は山形県出身。余目中から鶴岡工高を経て、昨年春から東女体大に進学した。姉・早希もインターハイ入賞者だった齋藤は、中学時代から円盤投に取り組み、中3から高校卒業まで、学年別記録を次々と更新。高3だった18年にはこの種目では戦後初となる日本選手権優勝を果たした。やり投を除いて「世界から遠い」と言われる女子投てき種目において、今後のさらなる成長が期待される逸材の一人だ。

U20は「20歳未満」

日本陸上競技連盟は、日本記録のほかに、「U20日本記録」と「U18日本記録」を認定している(※世界陸連ではU20世界記録のみ)。今回、齋藤がマークしたのがU20日本記録。では、この「U20」とは一体何を表しているのか?

「U=アンダー」は年齢を表しており、サッカー用語としてよく使用されて浸透したと言える。
U20……20歳未満
U18……18歳未満
とカテゴライズされ、陸上においては「該当年の12月31日現在の満年齢」である。

例えば、ストレートで大学に入学した場合は、多くの選手が「大学1年目の12月まで」がU20世代、早生まれの選手であれば「大学2年目の12月まで」がU20世代に該当する。

齋藤は今年4月から大学2年目を迎えるが、2001年2月13日生まれの「早生まれ」であるため、今年いっぱいまではU20記録の資格を持っている。

19年度は日本選手権実施種目でU20日本記録(◎マークは日本陸連が公認していない種目・記録であり、U20日本最高記録とする)が更新されたのがこちら。男女合わせて9種目で更新された。
※複数更新されたものは最高のみ

【男子】
800m 1分46秒59 クレイ・アーロン竜波(相洋高)
110mH◎ 13秒36 泉谷駿介(順大)
走幅跳 8m12 藤原孝輝(洛南高)
三段跳 16m34 伊藤 陸(近大高専)
【女子】
5000m 15分05秒40 廣中瑠璃佳(JP日本郵政G)
3000m障害◎ 9分49秒30 吉村玲美(大東大)
棒高跳 4m15 田中伶奈(香川大)
円盤投 54m19 齋藤真希(東女体大)
ハンマー投 60m49 渡邊ももこ(筑波大)

このうち、泉谷の13秒36は当時日本タイ記録で、U20世界歴代4位という驚異的な記録だ。また、高校2年生の藤原の8m12はU18日本記録でもあり、U18世界歴代4位タイに入る。

今も残る愛敬重之の3000m障害

アジア大会優勝など活躍した愛敬重之

U20日本記録には、男子の100m10秒01・桐生祥秀(洛南高/13年)、400mH49秒09・為末大(広島皆実高/96年)、やり投78m57・ディーン元気(早大/10年)、女子の100m11秒43・土井杏南(埼玉栄高/12年)、1500m4分07秒86・小林祐梨子(須磨学園高/06年)、やり投61m38・北口榛花(日大/16年)といった、名実ともにトップクラスの選手たちがズラリと並ぶ。

そのU20日本記録の中で、2020年3月時点で「最古の記録」となっているのがこちら。

男子3000m障害 8分31秒27
愛敬重之(中京大)
1983年8月9日/ヘルシンキ世界選手権

なんと36年前の記録だ。愛敬は三重県出身で、名門・四日市工高時代にも1500m障害や5000mを中心に世代トップとして活躍。中京大時代に世界選手権でU20記録更新、インカレ制覇など果たし、NTNでもアジア大会金メダルなど、華々しい活躍を見せた名ランナーだった。現在は桑名市の市議会議員を務めている。

父・愛敬実もインカレで3000m障害優勝など中長距離として活躍した選手で、息子の愛敬彰太郎(桑名高→早大)は400mをメインに、今も父と同じNTN所属で高みを目指して走っている。

記録の面では、この「3000m障害」が非常に“くせもの”だ。

日本学生記録は新宅雅也(日体大)が1979年にマークした8分25秒8が現在も残っている。日本記録も2003年(岩水嘉孝、トヨタ自動車)から動いておらず「古い部類」に入ってきた。

昨年、三浦龍司が高校記録を更新したが、その前は櫛部静二が1989年に作った8分44秒77が「最古の高校記録」として30年間君臨していた。

ちなみに、3000m障害のU20日本記録が「最古」になったのは、昨年、伊藤陸によって男子三段跳の記録が更新されたから。それ以前は三段跳が最古のU20日本記録だった。

男子三段跳 16m29
中西正美(日体大)
1977年5月22日/関東インカレ

こちらは実に42年ぶりに更新されて話題となった。

2020年シーズン。次に「最古の記録」が更新されるのは何の種目だろうか。

文/向永拓史

女子円盤投でU20日本記録を樹立した齋藤真希 3月22日に行われた東京女子体育大学の土曜競技会(学内のみで実施)で、女子円盤投の齋藤真希(東女体大1年)が54m19をマーク。これはU20日本記録で、1996年に室伏由佳(中京大)が作った54m12を24年ぶりに更新するものだった。 齋藤は山形県出身。余目中から鶴岡工高を経て、昨年春から東女体大に進学した。姉・早希もインターハイ入賞者だった齋藤は、中学時代から円盤投に取り組み、中3から高校卒業まで、学年別記録を次々と更新。高3だった18年にはこの種目では戦後初となる日本選手権優勝を果たした。やり投を除いて「世界から遠い」と言われる女子投てき種目において、今後のさらなる成長が期待される逸材の一人だ。

U20は「20歳未満」

日本陸上競技連盟は、日本記録のほかに、「U20日本記録」と「U18日本記録」を認定している(※世界陸連ではU20世界記録のみ)。今回、齋藤がマークしたのがU20日本記録。では、この「U20」とは一体何を表しているのか? 「U=アンダー」は年齢を表しており、サッカー用語としてよく使用されて浸透したと言える。 U20……20歳未満 U18……18歳未満 とカテゴライズされ、陸上においては「該当年の12月31日現在の満年齢」である。 例えば、ストレートで大学に入学した場合は、多くの選手が「大学1年目の12月まで」がU20世代、早生まれの選手であれば「大学2年目の12月まで」がU20世代に該当する。 齋藤は今年4月から大学2年目を迎えるが、2001年2月13日生まれの「早生まれ」であるため、今年いっぱいまではU20記録の資格を持っている。 19年度は日本選手権実施種目でU20日本記録(◎マークは日本陸連が公認していない種目・記録であり、U20日本最高記録とする)が更新されたのがこちら。男女合わせて9種目で更新された。 ※複数更新されたものは最高のみ 【男子】 800m 1分46秒59 クレイ・アーロン竜波(相洋高) 110mH◎ 13秒36 泉谷駿介(順大) 走幅跳 8m12 藤原孝輝(洛南高) 三段跳 16m34 伊藤 陸(近大高専) 【女子】 5000m 15分05秒40 廣中瑠璃佳(JP日本郵政G) 3000m障害◎ 9分49秒30 吉村玲美(大東大) 棒高跳 4m15 田中伶奈(香川大) 円盤投 54m19 齋藤真希(東女体大) ハンマー投 60m49 渡邊ももこ(筑波大) このうち、泉谷の13秒36は当時日本タイ記録で、U20世界歴代4位という驚異的な記録だ。また、高校2年生の藤原の8m12はU18日本記録でもあり、U18世界歴代4位タイに入る。

今も残る愛敬重之の3000m障害

アジア大会優勝など活躍した愛敬重之 U20日本記録には、男子の100m10秒01・桐生祥秀(洛南高/13年)、400mH49秒09・為末大(広島皆実高/96年)、やり投78m57・ディーン元気(早大/10年)、女子の100m11秒43・土井杏南(埼玉栄高/12年)、1500m4分07秒86・小林祐梨子(須磨学園高/06年)、やり投61m38・北口榛花(日大/16年)といった、名実ともにトップクラスの選手たちがズラリと並ぶ。 そのU20日本記録の中で、2020年3月時点で「最古の記録」となっているのがこちら。 男子3000m障害 8分31秒27 愛敬重之(中京大) 1983年8月9日/ヘルシンキ世界選手権 なんと36年前の記録だ。愛敬は三重県出身で、名門・四日市工高時代にも1500m障害や5000mを中心に世代トップとして活躍。中京大時代に世界選手権でU20記録更新、インカレ制覇など果たし、NTNでもアジア大会金メダルなど、華々しい活躍を見せた名ランナーだった。現在は桑名市の市議会議員を務めている。 父・愛敬実もインカレで3000m障害優勝など中長距離として活躍した選手で、息子の愛敬彰太郎(桑名高→早大)は400mをメインに、今も父と同じNTN所属で高みを目指して走っている。 記録の面では、この「3000m障害」が非常に“くせもの”だ。 日本学生記録は新宅雅也(日体大)が1979年にマークした8分25秒8が現在も残っている。日本記録も2003年(岩水嘉孝、トヨタ自動車)から動いておらず「古い部類」に入ってきた。 昨年、三浦龍司が高校記録を更新したが、その前は櫛部静二が1989年に作った8分44秒77が「最古の高校記録」として30年間君臨していた。 ちなみに、3000m障害のU20日本記録が「最古」になったのは、昨年、伊藤陸によって男子三段跳の記録が更新されたから。それ以前は三段跳が最古のU20日本記録だった。 男子三段跳 16m29 中西正美(日体大) 1977年5月22日/関東インカレ こちらは実に42年ぶりに更新されて話題となった。 2020年シーズン。次に「最古の記録」が更新されるのは何の種目だろうか。 文/向永拓史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.05.29

弘前実が男子4×100mRで40秒58 1500m田中翔が3分52秒74の大会新V 野上源道は跳躍2種目制覇/IH青森県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 青森県大会は5月24日~27日の4日間、青森市の新青森県総合総合運動公園競技場で行われた。 大会初日に行われた男 […]

NEWS インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

2024.05.29

インターハイ都府県大会は最終週 近畿5府県、四国3県、岡山、長崎、熊本で順次開幕 地区大会進出者が出そろう

福岡インターハイ(7月28日~8月1日/東平尾公園博多の森陸上競技場)を目指して、明日5月30日から週明けにかけて11の府県大会が開催される。これで、今年度の都府県46大会が終わり、北海道地区の支部大会を含め、6月中旬に […]

NEWS 日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

2024.05.29

日本学生個人に栁田大輝、山本亜美ら登録!アツオビン、山形、米澤ら各地区からエントリー箱根駅伝Vの青学大勢も

日本学連は5月29日、2024日本学生個人選手権(6月14日~16日/神奈川・レモンガススタジアム平塚)のエントリー選手を発表した。 男子100mにブダペスト世界選手権代表の栁田大輝(東洋大)がエントリー。1年時には同大 […]

NEWS 高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

2024.05.29

高橋駿士が八種競技5643点の県高校新!円盤投・小野大輝45m70! 総合優勝は男女ともに日大東北/IH福島県大会

7月の福岡インターハイに向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 福島県大会は5月24日~27日の4日間、福島市のとうほうみんなのスタジアムで行われた。 男子では八種競技は3年前 […]

NEWS 喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

2024.05.29

喜久里彩吹3年連続3冠達成、三段跳12m35の県高校新 やり投は赤嶺勝永と上里将平が60mオーバー/IH沖縄県大会

福岡インターハイ(7月28日~8月1日)に向けた都府県大会が5月上旬から各地で行われ、高校生たちが熱い戦いを繰り広げている。 沖縄県大会は5月24日~27日の4日間、タピック県総ひやごんスタジアム(県総合運動公園陸上競技 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年6月号 (5月14日発売)

2024年6月号 (5月14日発売)

別冊付録学生駅伝ガイド

page top