HOME 駅伝

2022.10.24

パナソニック復権へ自信を取り戻す継走で優勝をつかむ 九電工は悔しさも逸木が区間新/プリンセス駅伝
パナソニック復権へ自信を取り戻す継走で優勝をつかむ 九電工は悔しさも逸木が区間新/プリンセス駅伝

22年全日本実業団対抗女子駅伝予選会(プリンセス駅伝)でトップ通過したパナソニック


◇第8回全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(10月23日/福岡・宗像)

レースが進むたびに順位が入れ替わる激戦を制したのはパナソニック。2017年、2018年に全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)を2連覇したチームは、勝負強さを見せた。

強い日差しに加え、風が吹く中で行われた今大会で、パナソニックは安定したレースを展開。1区でチーム最年長の内藤早紀子がトップと3秒差の4位と好スタートを切り、2区の渡邊菜々美が区間賞で加速してトップに立った。3区で2位、4区で4位と順位を下げたが、5区の森田香織が区間2位で3位に押し上げると、アンカーの信櫻空が攻めの走り。9秒先に飛び出した第一生命グループを1km付近で抜き去ると、フィニッシュまで残り300mで先頭の九電工を逆転した。

「1、2区でいい流れを作って3、4区で粘り強さを発揮。5、6区でトップを狙いつつ、3位以内に入るつもりだったので想定通りの走りでした」と安養寺俊隆監督にとっては、イメージしていた通りの展開だった。昨シーズンは故障者が多く、クイーンズ駅伝は25位と惨敗。「ケガさえしなければ自分たちは強いはずだと思っていたので、苦しかった昨年を思い出したら目頭が熱くなりました」と感慨深げだった。

ほぼベストの布陣で臨んだ今大会は、順位、タイム(2時間18分06秒)ともに納得の結果を残し、自信を取り戻した。「チーム内の競争はまだまだあり得る」と安養寺監督。1ヵ月後のクイーンズ駅伝(11月27日/宮城)は、もうひと段階レベルアップして、8位以内を目指している。

一方、パナソニックから6秒差で2位フィニッシュした九電工。地元・福岡を拠点にするだけに、藤野圭太監督は「昨年の全日本(14位)が終わった時から予選会の優勝を目標に掲げていたので残念な結果」と敗戦を悔やんだ。

ただ、1区12位発進から徐々に順位を上げ、5区では逸木和香菜が区間新記録の34分02秒で3位からトップに立つなど、見せ場を作った。逸木は福岡大若葉高から福岡大を経て、九電工に入社した生粋の福岡県人。「予選会は2年ぶりでしたが、その時はコロナ禍で声援がなかったので、本当に多くの声援の中に元気をもらいました」と、地元での快走を振り返った。

文/田端慶子

◇第8回全日本実業団対抗女子駅伝予選会「プリンセス駅伝in宗像・福津」(10月23日/福岡・宗像) レースが進むたびに順位が入れ替わる激戦を制したのはパナソニック。2017年、2018年に全日本実業団対抗女子駅伝(クイーンズ駅伝)を2連覇したチームは、勝負強さを見せた。 強い日差しに加え、風が吹く中で行われた今大会で、パナソニックは安定したレースを展開。1区でチーム最年長の内藤早紀子がトップと3秒差の4位と好スタートを切り、2区の渡邊菜々美が区間賞で加速してトップに立った。3区で2位、4区で4位と順位を下げたが、5区の森田香織が区間2位で3位に押し上げると、アンカーの信櫻空が攻めの走り。9秒先に飛び出した第一生命グループを1km付近で抜き去ると、フィニッシュまで残り300mで先頭の九電工を逆転した。 「1、2区でいい流れを作って3、4区で粘り強さを発揮。5、6区でトップを狙いつつ、3位以内に入るつもりだったので想定通りの走りでした」と安養寺俊隆監督にとっては、イメージしていた通りの展開だった。昨シーズンは故障者が多く、クイーンズ駅伝は25位と惨敗。「ケガさえしなければ自分たちは強いはずだと思っていたので、苦しかった昨年を思い出したら目頭が熱くなりました」と感慨深げだった。 ほぼベストの布陣で臨んだ今大会は、順位、タイム(2時間18分06秒)ともに納得の結果を残し、自信を取り戻した。「チーム内の競争はまだまだあり得る」と安養寺監督。1ヵ月後のクイーンズ駅伝(11月27日/宮城)は、もうひと段階レベルアップして、8位以内を目指している。 一方、パナソニックから6秒差で2位フィニッシュした九電工。地元・福岡を拠点にするだけに、藤野圭太監督は「昨年の全日本(14位)が終わった時から予選会の優勝を目標に掲げていたので残念な結果」と敗戦を悔やんだ。 ただ、1区12位発進から徐々に順位を上げ、5区では逸木和香菜が区間新記録の34分02秒で3位からトップに立つなど、見せ場を作った。逸木は福岡大若葉高から福岡大を経て、九電工に入社した生粋の福岡県人。「予選会は2年ぶりでしたが、その時はコロナ禍で声援がなかったので、本当に多くの声援の中に元気をもらいました」と、地元での快走を振り返った。 文/田端慶子

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.23

伊勢路を懸けて学生ランナーが激闘のトラックレース 相模原で今夜開催/全日本大学駅伝関東選考会

◇全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会(6月23日/神奈川・相模原ギオンスタジアム) 第56回全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会が今日6月23日に行われる。 昨年の本大会でシード権を獲得した8校(駒大、青学大、國學院大、中 […]

NEWS やり投・北口榛花が64m28のシーズンベスト!昨年6月以来の2位も64m超を2発で調子上げる

2024.06.23

やり投・北口榛花が64m28のシーズンベスト!昨年6月以来の2位も64m超を2発で調子上げる

女子やり投のブダペスト世界選手権金メダリストでパリ五輪代表に内定している北口榛花(JAL)が、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・シルバーのクオルタネゲームズ(フィンランド)に出場。シーズンベストの64m28を投げて2 […]

NEWS 皇學館大2年ぶり7回目の本大会 就任1年・寺田夏生監督のもと、安定した走りで伊勢路復帰/全日本大学駅伝東海選考会

2024.06.22

皇學館大2年ぶり7回目の本大会 就任1年・寺田夏生監督のもと、安定した走りで伊勢路復帰/全日本大学駅伝東海選考会

◇全日本大学駅伝東海地区選考会(6月24日/愛知・マルヤス岡崎龍北スタジアム) 第56回全日本大学駅伝東海地区選考会が行われ、皇學館大が1位となり、2年ぶり7回目の本大会出場を決めた。 昨年の本大会成績をもって、東海地区 […]

NEWS ブダペスト世界選手権代表の丸山優真は3位で折り返し 4月に左膝損傷「自分の気持ち無駄にしたくない」/日本選手権混成

2024.06.22

ブダペスト世界選手権代表の丸山優真は3位で折り返し 4月に左膝損傷「自分の気持ち無駄にしたくない」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)1日目 パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技の初日が行われ、男子十種競技は森口諒也(オリコ)が4003点を上げてトップで折 […]

NEWS 十種競技・初V狙う森口諒也が初日トップ「優勝しに岐阜に来ました」/日本選手権混成

2024.06.22

十種競技・初V狙う森口諒也が初日トップ「優勝しに岐阜に来ました」/日本選手権混成

◇第108回日本選手権・混成競技(6月22、23日/岐阜メモリアルセンター長良川競技場)1日目 パリ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権・混成競技の初日が行われ、男子十種競技は森口諒也(オリコ)が4003点と、ただ1人400 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top