HOME 高校

2022.10.24

U18女子100mは小針陽葉が高1歴代2位11秒65でV「来年のIHは200mと走幅跳と3種目で挑みたい」/U18・16大会
U18女子100mは小針陽葉が高1歴代2位11秒65でV「来年のIHは200mと走幅跳と3種目で挑みたい」/U18・16大会

22年U18大会100mで向かい風0.7mのなか、高1歴代2位の11秒65をマーク

◇第16回U18・第57回U16陸上大会(10月21日~23日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場)

広告の下にコンテンツが続きます

ジュニア五輪を兼ねた第16回U18・第57回U16陸上大会の最終日、合わせて13種目の決勝が行われ、好天に恵まれたことなどもあり5種目に8個の大会新、U16男子110mH、同女子三段跳で中学最高が誕生するなど最後まで盛況だった。

そうしたなかU18女子100mは、先日のとちぎ国体少年女子Bを11秒77(+1.0)の好タイムで全国初Vを果たしていた小針陽葉(富士市立高1静岡)が快走。向かい風0.7mを突き、高1最高に100分の5秒と迫る同歴代2位の11秒65で快勝し、国体少年Bに続く2冠を果たした。

予選で3.0mの追い風参考記録ながら11秒59を叩き出すなど好調さをうかがわせていた。決勝も、苦手とするスタートが「ドはまりしました」と話すように、遅れずに横一線で飛び出すと、「得意の後半で抜け出すことができました」と、後続に0.20秒差を付け圧勝。「調子も良かったので、できれば大会記録(11秒60)を塗り替えたかったですが、ベスト(11秒72)を更新して優勝できてよかったです」と笑顔が弾けた。

連戦の疲れもあったと話すが、「今季は、メンタル面を含めコンディションをしっかりコントロールできるようになったことが大きい」と、しっかりピークを合わせ今季最後の全国大会でもきっちり結果を残した。

広告の下にコンテンツが続きます

インターハイ2位、そして国体少年B、U18を制するなど好調だったシーズンを振り返り、「走るたびにベストを更新でき、全国優勝もできるなど、とても濃い1年でした」と言い、来シーズンに向けては、「来年のインターハイは200mと走幅跳を合わせ3種目で挑む予定にしています。100mは11秒5台でインターハイ優勝、200mは23秒台を安定して出し、走幅跳は6m23が県高校記録なのでそれを更新できるようがんばりたい」ときっぱり。持ち前の体幹の強さを生かし、後半の強さが際立っていた小針。来シーズン、どんな走りを見せてくれるか注目が集まる。

インターハイ7位、国体少年A3位の山形愛羽(熊本中央高2熊本)が11秒85で2位、インターハイ3位、国体少年Aを制していた先村若奈(高川学園高2山口)が100分の1秒差で3位に続いた。

●U18・16大会の優勝者一覧
<U18男子>
100m 黒木海翔(東福岡高2福岡)10秒49(-0.4)
300m 平川慧(コザ高2沖縄)32秒85=高校最高、大会新
800m 平澤潤燕(作新学院高2栃木)1分52秒52
3000m 大場崇義(上伊那農高2長野)8分16秒86
110mH 嶋渡涼太(比叡山高3滋賀)13秒81(+0.9)
300mH 渕上翔太(東福岡高2福岡)35秒94=大会新
3000mW 下田悠樹(自由ケ丘高2福岡)11分56秒17=大会新
走高跳 永瀬裕大(倉敷商高3岡山)2m10
棒高跳 牧野友哉(成田高2千葉)4m90
走幅跳 木住野幸大(八王子高2東京)7m42(+1.4)
三段跳 藤本謙伸(社高2兵庫)15m36(-0.2)
砲丸投 桑添喬偉(和歌山工高2和歌山)15m81
円盤投 藤原琢磨(稲生高2三重)46m41
ハンマー投 尾濱太陽(西条農高2広島)58m97
やり投 谷口大翔(彦根翔西館高2滋賀)68m55=大会新
<U18女子>
100m 小針陽葉(富士市立高1静岡)11秒65(-0.7)
300m 瀧野未来(京都橘高2京都)38秒70(予選38秒42=大会新)
800m 西田有里(草津東高2滋賀)2分07秒05
1500m 松本未空(鈴鹿高2三重)4分22秒05=大会新
100mH 林美希(中京大中京高2愛知)13秒32(+0.9)=U18日本新、大会新
300mH 中村真琴(光高3山口)41秒98=大会タイ
3000mW 大山藍(鹿児島女高2鹿児島)13分17秒80=大会新
走高跳 森崎優希(明星学園高2東京)1m72
棒高跳 柳川美空(前橋育英高2群馬)3m90
走幅跳 近藤いおん(流山ホークアイ)5m90(+1.1)
三段跳 田口侑楽(国際学院高2埼玉)12m50(-0.7)
砲丸投 坂ちはる(大体大浪商高1大阪)14m31
円盤投 友利晟弓(那覇西高3沖縄)43m62
ハンマー投 嶋本美海(添上高2奈良)55m58
やり投 櫻井希美(済美2岐阜)53m22
<U16男子>
100m 米山和磨(茅ヶ崎中3神奈川)10秒69(+0.7)
150m 中村遥斗(萩商工高1山口)16秒27(+2.1)
1000m 渡辺敦紀(岩出二中3和歌山)2分29秒66
110mH 岩本咲真(八屋中3福岡)13秒98=中学最高、大会新
走高跳 崔宰原(北見北斗高1北海道)2m00
棒高跳 谷口海斗(中京大中京高1愛知)4m71=大会新
走幅跳 佐々木景亮(今治立花中3愛媛)7m02(+1.1)
三段跳 奥村莉生(和歌山北高1和歌山)13m96(+0.8)=大会新
砲丸投 永江翔太朗(紀央館高1和歌山)15m75
円盤投 東琉空(小俣中3三重)42m44
ジャベリックスロー 渡部緋悠(岡山御南中3岡山)64m12
<U16女子>
100m 三好美羽(神辺西中1広島)12秒07※風力未測定のため参考記録
150m 福岡梓音(中村学園女高1福岡)18秒22(+0.2)
1000m ドルーリー朱瑛里(鶴山中3岡山)2分45秒84=大会新
100mH 坂田涼音(木更津太田中3千葉)13秒59(+0.9)=大会新
走高跳 淺井琥桃(皇學館高1三重)1m64
棒高跳 渡邊紗菜(幸並中3埼玉)3m60
走幅跳 成澤柚日(籔塚本町中3群馬)5m77
三段跳 菅野穂乃(天童二中3山形)12m27(+1.3)=大会新
砲丸投 小川莉緒(東海中2三重)14m88
円盤投 川村羽海(幕別清陵高1北海道)39m49
ジャベリックスロー 河上由奈(伊豆長岡AC)50m86=大会新

文/花木雫

広告の下にコンテンツが続きます
◇第16回U18・第57回U16陸上大会(10月21日~23日/愛媛・県総合運動公園陸上競技場) ジュニア五輪を兼ねた第16回U18・第57回U16陸上大会の最終日、合わせて13種目の決勝が行われ、好天に恵まれたことなどもあり5種目に8個の大会新、U16男子110mH、同女子三段跳で中学最高が誕生するなど最後まで盛況だった。 そうしたなかU18女子100mは、先日のとちぎ国体少年女子Bを11秒77(+1.0)の好タイムで全国初Vを果たしていた小針陽葉(富士市立高1静岡)が快走。向かい風0.7mを突き、高1最高に100分の5秒と迫る同歴代2位の11秒65で快勝し、国体少年Bに続く2冠を果たした。 予選で3.0mの追い風参考記録ながら11秒59を叩き出すなど好調さをうかがわせていた。決勝も、苦手とするスタートが「ドはまりしました」と話すように、遅れずに横一線で飛び出すと、「得意の後半で抜け出すことができました」と、後続に0.20秒差を付け圧勝。「調子も良かったので、できれば大会記録(11秒60)を塗り替えたかったですが、ベスト(11秒72)を更新して優勝できてよかったです」と笑顔が弾けた。 連戦の疲れもあったと話すが、「今季は、メンタル面を含めコンディションをしっかりコントロールできるようになったことが大きい」と、しっかりピークを合わせ今季最後の全国大会でもきっちり結果を残した。 インターハイ2位、そして国体少年B、U18を制するなど好調だったシーズンを振り返り、「走るたびにベストを更新でき、全国優勝もできるなど、とても濃い1年でした」と言い、来シーズンに向けては、「来年のインターハイは200mと走幅跳を合わせ3種目で挑む予定にしています。100mは11秒5台でインターハイ優勝、200mは23秒台を安定して出し、走幅跳は6m23が県高校記録なのでそれを更新できるようがんばりたい」ときっぱり。持ち前の体幹の強さを生かし、後半の強さが際立っていた小針。来シーズン、どんな走りを見せてくれるか注目が集まる。 インターハイ7位、国体少年A3位の山形愛羽(熊本中央高2熊本)が11秒85で2位、インターハイ3位、国体少年Aを制していた先村若奈(高川学園高2山口)が100分の1秒差で3位に続いた。 ●U18・16大会の優勝者一覧 <U18男子> 100m 黒木海翔(東福岡高2福岡)10秒49(-0.4) 300m 平川慧(コザ高2沖縄)32秒85=高校最高、大会新 800m 平澤潤燕(作新学院高2栃木)1分52秒52 3000m 大場崇義(上伊那農高2長野)8分16秒86 110mH 嶋渡涼太(比叡山高3滋賀)13秒81(+0.9) 300mH 渕上翔太(東福岡高2福岡)35秒94=大会新 3000mW 下田悠樹(自由ケ丘高2福岡)11分56秒17=大会新 走高跳 永瀬裕大(倉敷商高3岡山)2m10 棒高跳 牧野友哉(成田高2千葉)4m90 走幅跳 木住野幸大(八王子高2東京)7m42(+1.4) 三段跳 藤本謙伸(社高2兵庫)15m36(-0.2) 砲丸投 桑添喬偉(和歌山工高2和歌山)15m81 円盤投 藤原琢磨(稲生高2三重)46m41 ハンマー投 尾濱太陽(西条農高2広島)58m97 やり投 谷口大翔(彦根翔西館高2滋賀)68m55=大会新 <U18女子> 100m 小針陽葉(富士市立高1静岡)11秒65(-0.7) 300m 瀧野未来(京都橘高2京都)38秒70(予選38秒42=大会新) 800m 西田有里(草津東高2滋賀)2分07秒05 1500m 松本未空(鈴鹿高2三重)4分22秒05=大会新 100mH 林美希(中京大中京高2愛知)13秒32(+0.9)=U18日本新、大会新 300mH 中村真琴(光高3山口)41秒98=大会タイ 3000mW 大山藍(鹿児島女高2鹿児島)13分17秒80=大会新 走高跳 森崎優希(明星学園高2東京)1m72 棒高跳 柳川美空(前橋育英高2群馬)3m90 走幅跳 近藤いおん(流山ホークアイ)5m90(+1.1) 三段跳 田口侑楽(国際学院高2埼玉)12m50(-0.7) 砲丸投 坂ちはる(大体大浪商高1大阪)14m31 円盤投 友利晟弓(那覇西高3沖縄)43m62 ハンマー投 嶋本美海(添上高2奈良)55m58 やり投 櫻井希美(済美2岐阜)53m22 <U16男子> 100m 米山和磨(茅ヶ崎中3神奈川)10秒69(+0.7) 150m 中村遥斗(萩商工高1山口)16秒27(+2.1) 1000m 渡辺敦紀(岩出二中3和歌山)2分29秒66 110mH 岩本咲真(八屋中3福岡)13秒98=中学最高、大会新 走高跳 崔宰原(北見北斗高1北海道)2m00 棒高跳 谷口海斗(中京大中京高1愛知)4m71=大会新 走幅跳 佐々木景亮(今治立花中3愛媛)7m02(+1.1) 三段跳 奥村莉生(和歌山北高1和歌山)13m96(+0.8)=大会新 砲丸投 永江翔太朗(紀央館高1和歌山)15m75 円盤投 東琉空(小俣中3三重)42m44 ジャベリックスロー 渡部緋悠(岡山御南中3岡山)64m12 <U16女子> 100m 三好美羽(神辺西中1広島)12秒07※風力未測定のため参考記録 150m 福岡梓音(中村学園女高1福岡)18秒22(+0.2) 1000m ドルーリー朱瑛里(鶴山中3岡山)2分45秒84=大会新 100mH 坂田涼音(木更津太田中3千葉)13秒59(+0.9)=大会新 走高跳 淺井琥桃(皇學館高1三重)1m64 棒高跳 渡邊紗菜(幸並中3埼玉)3m60 走幅跳 成澤柚日(籔塚本町中3群馬)5m77 三段跳 菅野穂乃(天童二中3山形)12m27(+1.3)=大会新 砲丸投 小川莉緒(東海中2三重)14m88 円盤投 川村羽海(幕別清陵高1北海道)39m49 ジャベリックスロー 河上由奈(伊豆長岡AC)50m86=大会新 文/花木雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.04.13

三段跳世界女王・ロハスが左アキレス腱損傷 五輪連覇の夢ついえる

女子三段跳世界記録保持者のユイマール・ロハス(ベネズエラ)の五輪連覇の夢が絶たれた。 自身のSNSを更新し、病院のベッドにいる写真とともに練習中に左アキレス腱損傷を負ったことを明かし、「パリ五輪には参加できない」と綴った […]

NEWS 女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

2024.04.12

女王シファン・ハッサンインタビュー「好奇心を持つこと」「失敗を恐れず前を向いて」挑戦し続けるメンタリティー

東京マラソン翌日の3月4日、女子10000mとマラソンで世界歴代2位の自己記録(29分06秒82&2時間13分44秒)を持つシファン・ハッサン(オランダ)がインタビューに応じた。 東京マラソンでは2時間18分05秒で4位 […]

NEWS “キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

2024.04.12

“キング”キプチョゲが語るマラソン「挑戦すること。人間に限界はありません」パリ五輪で目指すのは…

東京マラソン翌日の3月4日、男子マラソンの前世界記録保持者で五輪2連覇中のエリウド・キプチョゲ(ケニア)がインタビューに応じた。 前日の東京マラソンで、2時間6分50秒で10位。実力を発揮できなかったものの、「東京の街に […]

NEWS 編集部コラム「マラソン大会」

2024.04.12

編集部コラム「マラソン大会」

毎週金曜日更新!? ★月陸編集部★ 広告の下にコンテンツが続きます 攻め(?)のアンダーハンド リレーコラム🔥 毎週金曜日(できる限り!)、月刊陸上競技の編集部員がコラムをアップ! 陸上界への熱い想い、日頃抱いている独り […]

NEWS 世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

2024.04.12

世界リレー代表選考会!出雲陸上に飯塚翔太、東田旺洋ら参戦!女子は兒玉、君嶋、鶴田ら激戦必至

日本グランプリシリーズの吉岡隆徳記念第78回出雲陸上が4月13、14日に行われる。今大会は5月に開かれる世界リレー(バハマ)の代表選考会を兼ねて実施。その先にはパリ五輪も待つ重要なレースとなる。グランプリ種目は男子100 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年5月号 (4月12日発売)

2024年5月号 (4月12日発売)

パリ五輪イヤー開幕!

page top