HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.10.16

「練習では厳しいけれど、普段は優しい」4年ぶり箱根路復帰決めた大東大・真名子圭監督の手腕/箱根駅伝予選会
「練習では厳しいけれど、普段は優しい」4年ぶり箱根路復帰決めた大東大・真名子圭監督の手腕/箱根駅伝予選会

第99回箱根駅伝予選会をトップ通過した大東大(2022年)

◇第99回箱根駅伝予選会(10月15日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

広告の下にコンテンツが続きます

来年正月の第99回箱根駅伝の出場権を懸けた箱根駅伝予選会が行われた。伝統校や強豪校がひしめく中、10時間40分39秒で堂々のトップ通過を果たしたのが、前回まで3年連続で本戦行きを逃していた大東大だった。

関東学生連合で前回8区を走ったチーム唯一の箱根経験者・大野陽人(4年)は、「ボードの用意がなくて途中の順位がわからず、2位か3位と思っていたので……」と1位通過に驚きつつ、「いろいろな方々のサポートのお陰です」と語った際には思わず涙が頬を伝った。

ただ、1年前に流した悔し涙とは意味合いが全く違う涙だ。

1990年度に史上初の学生駅伝3冠を達成した大東大も、近年は苦戦を強いられ、悪い流れを変えるべく、今年4月にOBの真名子圭監督が就任。当初は「箱根を目指せるようなチームではなかった」というチームを毎日の生活やジョグの考え方から見直し、戦える集団へと変えていった。

広告の下にコンテンツが続きます

その成果は、早くもトラックシーズンから発揮される。特に6月の全日本大学駅伝関東地区選考会では、10000m28分台の主将・谷口辰熙や木山凌(ともに4年)らを欠きながら、5位で5年ぶりの本戦出場を決めるなど、選手層は厚みを増し、個々の選手も着実に力をつけていた。

しかし、箱根駅伝に関して、現役選手は予選会突破の喜びを誰一人として知らないチームである。真名子監督も「練習はしっかりできていたので、ウチだけで言えば自信はありましたが、他の大学さんの方が良いタイムを持っていたり、経験値が高かったりしたので、良くても3位くらいかな」と思っていたという。

とはいえ、自分たちがやれることをやる以外に道はない。指揮官は緻密なレースプランを立てて選手を送り出した。

「大きく3グループに分けて、設定したタイムを刻みながら、(14km過ぎの)公園に入るまで余裕を持たせて、そこから余力がある者は上げていこうと。全体的には最初がスローペースだったので、この後がどういう展開になるか少し不安でしたが、選手たちはほぼ設定通りに行ってくれました」

広告の下にコンテンツが続きます

チームを牽引したのは、留学生のピーター・ワンジル(2年)だった。前回の予選会は後半の大失速でチーム10番手にも入れなかったが、宮城・仙台育英高時代も指導を受けていた真名子監督に対し、「練習では厳しいけれど、普段は優しい」と絶大な信頼を寄せ、今季は安定感に磨きがかかった。この日も他大学の留学生を競り合いを演じ、1時間2分16秒の5位でフィニッシュしている。

チーム上位の力を持つ大野と久保田徹(3年)が、ともに1時間3分10秒台の20位と24位で続くと、真名子監督は「公園に入って、第2グループから1人で飛び出してくれた。後ろを走る選手を助けてくれました」と、1時間3分27秒(32位)で好走した菊地駿介(3年)を高評価。菊地自身も「後半も余裕があってペースを上げましたが、最後まで粘り切れて良い走りができました」と胸を張った。

結果発表の1位で大学名が読み上げられた時は、4年分の思いを爆発させた。ただ、目指すゴールはここではない。数分後にはほとんどの選手たちが気持ちを切り替えていた。

「前半シーズンは全日本選考会で、チームが勢いづきましたが、今日の結果でもっと勢いがつくと思います。全日本や箱根でもその勢いで走りたい」(大野)

広告の下にコンテンツが続きます

「4年目ということもありますし、しっかり区間賞を狙って強さが見える走りをしたいです」(谷口)

ホッと安堵の表情を浮かべつつ、あくまでも「次」を強調したのは、真名子監督も同じだった。

「選手には『おめでとう』と言いたいですが、これが復活への第一歩。ここから次を見据えてやっていこうと伝えたいです。本戦に出る以上は将来的には優勝を目指したいですが、まず今年度はシード権を狙っていきたいです」

結果発表後には真名子監督のHonda時代の後輩で、仙台育英高時代の教え子である吉居大和・駿恭兄弟が在籍する中大の藤原正和駅伝監督が訪れ、「本戦で会いましょう」と固い握手を交わした。

広告の下にコンテンツが続きます

明けない夜はない。信じて努力を重ねれば、必ず目標を達成できるのだ。〝山の大東〟が4年ぶりに箱根路に戻ってくる。

文/小野哲史

◇第99回箱根駅伝予選会(10月15日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 来年正月の第99回箱根駅伝の出場権を懸けた箱根駅伝予選会が行われた。伝統校や強豪校がひしめく中、10時間40分39秒で堂々のトップ通過を果たしたのが、前回まで3年連続で本戦行きを逃していた大東大だった。 関東学生連合で前回8区を走ったチーム唯一の箱根経験者・大野陽人(4年)は、「ボードの用意がなくて途中の順位がわからず、2位か3位と思っていたので……」と1位通過に驚きつつ、「いろいろな方々のサポートのお陰です」と語った際には思わず涙が頬を伝った。 ただ、1年前に流した悔し涙とは意味合いが全く違う涙だ。 1990年度に史上初の学生駅伝3冠を達成した大東大も、近年は苦戦を強いられ、悪い流れを変えるべく、今年4月にOBの真名子圭監督が就任。当初は「箱根を目指せるようなチームではなかった」というチームを毎日の生活やジョグの考え方から見直し、戦える集団へと変えていった。 その成果は、早くもトラックシーズンから発揮される。特に6月の全日本大学駅伝関東地区選考会では、10000m28分台の主将・谷口辰熙や木山凌(ともに4年)らを欠きながら、5位で5年ぶりの本戦出場を決めるなど、選手層は厚みを増し、個々の選手も着実に力をつけていた。 しかし、箱根駅伝に関して、現役選手は予選会突破の喜びを誰一人として知らないチームである。真名子監督も「練習はしっかりできていたので、ウチだけで言えば自信はありましたが、他の大学さんの方が良いタイムを持っていたり、経験値が高かったりしたので、良くても3位くらいかな」と思っていたという。 とはいえ、自分たちがやれることをやる以外に道はない。指揮官は緻密なレースプランを立てて選手を送り出した。 「大きく3グループに分けて、設定したタイムを刻みながら、(14km過ぎの)公園に入るまで余裕を持たせて、そこから余力がある者は上げていこうと。全体的には最初がスローペースだったので、この後がどういう展開になるか少し不安でしたが、選手たちはほぼ設定通りに行ってくれました」 チームを牽引したのは、留学生のピーター・ワンジル(2年)だった。前回の予選会は後半の大失速でチーム10番手にも入れなかったが、宮城・仙台育英高時代も指導を受けていた真名子監督に対し、「練習では厳しいけれど、普段は優しい」と絶大な信頼を寄せ、今季は安定感に磨きがかかった。この日も他大学の留学生を競り合いを演じ、1時間2分16秒の5位でフィニッシュしている。 チーム上位の力を持つ大野と久保田徹(3年)が、ともに1時間3分10秒台の20位と24位で続くと、真名子監督は「公園に入って、第2グループから1人で飛び出してくれた。後ろを走る選手を助けてくれました」と、1時間3分27秒(32位)で好走した菊地駿介(3年)を高評価。菊地自身も「後半も余裕があってペースを上げましたが、最後まで粘り切れて良い走りができました」と胸を張った。 結果発表の1位で大学名が読み上げられた時は、4年分の思いを爆発させた。ただ、目指すゴールはここではない。数分後にはほとんどの選手たちが気持ちを切り替えていた。 「前半シーズンは全日本選考会で、チームが勢いづきましたが、今日の結果でもっと勢いがつくと思います。全日本や箱根でもその勢いで走りたい」(大野) 「4年目ということもありますし、しっかり区間賞を狙って強さが見える走りをしたいです」(谷口) ホッと安堵の表情を浮かべつつ、あくまでも「次」を強調したのは、真名子監督も同じだった。 「選手には『おめでとう』と言いたいですが、これが復活への第一歩。ここから次を見据えてやっていこうと伝えたいです。本戦に出る以上は将来的には優勝を目指したいですが、まず今年度はシード権を狙っていきたいです」 結果発表後には真名子監督のHonda時代の後輩で、仙台育英高時代の教え子である吉居大和・駿恭兄弟が在籍する中大の藤原正和駅伝監督が訪れ、「本戦で会いましょう」と固い握手を交わした。 明けない夜はない。信じて努力を重ねれば、必ず目標を達成できるのだ。〝山の大東〟が4年ぶりに箱根路に戻ってくる。 文/小野哲史

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.29

グラスゴー世界室内がいよいよ開幕!多田修平、田中希実らがファイナル目指す メダルなれば日本勢27年ぶり

3月1日から3日まで、英国・グラスゴーで世界室内選手権が開催される。日本からは男子4名、女子4名の8人が出場する。 男子60mには多田修平(住友電工)と東田旺洋(関彰商事)が出場。多田はアジア室内選手権の予選で6秒53の […]

NEWS パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

2024.02.29

パリ五輪マラソン代表3枠目は誰の手に!?最後の大一番・東京マラソンに鈴木健吾、服部勇馬、山下一貴らが挑む

アボット・ワールドマラソンメジャーズの一つ、東京マラソン2024が3月3日に行われる。 JMCシリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャピオンシップ(MGC)ファイナルチャレンジの男子ラストレース。つまり、こ […]

NEWS 【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

2024.02.29

【学生長距離Close-upインタビュー】マラソンで花開いた早大・伊福陽太「早稲田の歴史に名前を残せてうれしい」

学生長距離Close-upインタビュー 伊福陽太 Ifuku Yota 早稲田大学3年 「月陸Online」限定で大学長距離選手のインタビューをお届けする「学生長距離Close-upインタビュー」。36回目は、早大の伊福 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

2024.02.29

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~日体大~漆畑徳輝「古豪復活を絶対にできる」山口廉「必ず2区でリベンジ」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走した選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏話 (3 […]

NEWS マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

2024.02.29

マラソンの川内 待望のGarminアンバサダーに就任! パリ五輪補欠の可能性は「ニュートラルな気持ちで待つ」

プロランナーの川内優輝(あおいおニッセイ同和損保、36歳)が29日、都内で行われたイベントに参加し、近況などを語った。 脚の故障で前週の大阪マラソンなどを欠場しており、「10日間ほど休んでジョグは始めていますが、スピード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top