HOME 駅伝、箱根駅伝

2022.10.16

「15kmを45分で通過しよう」立大・上野裕一郎監督 55年ぶり本戦復帰に導いた魔法の言葉/箱根駅伝予選会
「15kmを45分で通過しよう」立大・上野裕一郎監督 55年ぶり本戦復帰に導いた魔法の言葉/箱根駅伝予選会

◇第99回箱根駅伝予選会(10月15日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km)

広告の下にコンテンツが続きます

一昨年の28位、昨年の16位、そして6位――。立大が異例のジャンプアップで55年ぶりの箱根駅伝本戦出場を勝ち取った。「史上最長ブランク」を乗り越えたのは、1~3年生のフレッシュなメンバーたちだ。

「才能ある選手が入りましたし、上野(裕一郎)監督は指導力がありますからね」。こう話したのは別の大学の監督。他の大学でも立大予選突破の話題は持ち切りだった。ライバル校の台頭を警戒しつつも、「意外ではない」と受け取める他大学関係者は少なくない。

上野監督は2018年の監督就任直前まで現役。就任後も自ら走って選手を引っ張り、レースにも出てペースメイク役を買って出た。今年3月には立川シティハーフマラソンで優勝している。「日本一速い監督」と話題になり、「本当は僕が目立っていてはいけないのですけど」と頭をかく本人。「やりたいようにやってきた」と、選手時代の奔放さは自ら認めるところ。記憶に新しいそんなイメージと、「指導力のある監督」の実像に、駅伝ファンはギャップを感じるかもしれない。

「監督の苦悩ですか? 全然ないです。苦しんだのは選手たち。選手たちの走りやすい環境を整えるのが監督の仕事ですから」。そんな風に、スマートなコメントを残す「監督」だ。

広告の下にコンテンツが続きます

遂行した作戦には、選手時代のらしさも垣間見えた。「15kmを45分で通過する」。ここに選手たちの意識を集中させた。「終盤のことは考えるな」と付け加えて。

前回の予選会でも、果敢にとばした。5km通過時では総合トップ。後半に失速して総合16位となったが、1年前のチャレンジが、今回の作戦の土台にある。

予選会では主流の集団走を行わず、個々人が自立してペースを作るスタイルは踏襲。「選手を縛りつけたくない」との信念に通じる。5kmを総合4位、10kmを総合3位で通過。15kmはやや下がって5位としだが、ここで11位チームに対するアドバンテージが2分58秒。これを生かすか殺すか。15kmでチームの先頭にいたのは1年生の國安広人だ。16kmで18位集団の前へ飛び出し、攻めの走りを敢行。本戦経験者らと堂々対峙し、個人21位に食い込んできた。

45位、53位に続いた中山凛斗(3年)と安藤圭佑(2年)も15kmから順位を引き上げてのフィニッシュ。林虎大朗(2年)、関口絢太(3年)、永井駿(1年)は、終盤の落ち込みを最小限に抑え、計6人が二桁順位に滑り込んだ。攻めてつかんだ本戦切符だ。

広告の下にコンテンツが続きます

立大は1936~68年の間に27回本戦出場し、最高順位は1957年に3位を記録。青学大の33年、筑波大の26年などを超えて、最長ブランクを経た復活になる。「東京六大学」のうち5校が同時出場した1984年記念大会で、1校だけ蚊帳の外だったのが立大だった。

大学の創立150周年にあたる2024年の本戦復帰を目指していたが、1年早い目標達成だ。「55年」の感想を問われた上野監督は、「多くのサポートが思い起こされます」と関係者への感謝を寄せる。

上野監督が忙しく取材対応している場所へ、東海大・両角速監督が歩み寄ってきた。長野・佐久長聖高時代の恩師が手を差し出し、がっちり握手で祝福。予選会成績で総合9位の東海大を上回った。「これで超えたなんてことは決してなく、まだ追いかける立場だと思っています」とは、上野監督の謙遜でなく本音だろう。

「今日1日は喜んでいいと思いますが、これで注目される立場になり、私も選手も気を引き締めて、緊張感を共有していきたい」。「自立した走り」を遂行した選手たちが、本戦もたくましく走り抜けるだろうか。

広告の下にコンテンツが続きます

文/奥村 崇

◇第99回箱根駅伝予選会(10月15日/東京・陸上自衛隊立川駐屯地スタート、昭和記念公園フィニッシュ:21.0975km) 一昨年の28位、昨年の16位、そして6位――。立大が異例のジャンプアップで55年ぶりの箱根駅伝本戦出場を勝ち取った。「史上最長ブランク」を乗り越えたのは、1~3年生のフレッシュなメンバーたちだ。 「才能ある選手が入りましたし、上野(裕一郎)監督は指導力がありますからね」。こう話したのは別の大学の監督。他の大学でも立大予選突破の話題は持ち切りだった。ライバル校の台頭を警戒しつつも、「意外ではない」と受け取める他大学関係者は少なくない。 上野監督は2018年の監督就任直前まで現役。就任後も自ら走って選手を引っ張り、レースにも出てペースメイク役を買って出た。今年3月には立川シティハーフマラソンで優勝している。「日本一速い監督」と話題になり、「本当は僕が目立っていてはいけないのですけど」と頭をかく本人。「やりたいようにやってきた」と、選手時代の奔放さは自ら認めるところ。記憶に新しいそんなイメージと、「指導力のある監督」の実像に、駅伝ファンはギャップを感じるかもしれない。 「監督の苦悩ですか? 全然ないです。苦しんだのは選手たち。選手たちの走りやすい環境を整えるのが監督の仕事ですから」。そんな風に、スマートなコメントを残す「監督」だ。 遂行した作戦には、選手時代のらしさも垣間見えた。「15kmを45分で通過する」。ここに選手たちの意識を集中させた。「終盤のことは考えるな」と付け加えて。 前回の予選会でも、果敢にとばした。5km通過時では総合トップ。後半に失速して総合16位となったが、1年前のチャレンジが、今回の作戦の土台にある。 予選会では主流の集団走を行わず、個々人が自立してペースを作るスタイルは踏襲。「選手を縛りつけたくない」との信念に通じる。5kmを総合4位、10kmを総合3位で通過。15kmはやや下がって5位としだが、ここで11位チームに対するアドバンテージが2分58秒。これを生かすか殺すか。15kmでチームの先頭にいたのは1年生の國安広人だ。16kmで18位集団の前へ飛び出し、攻めの走りを敢行。本戦経験者らと堂々対峙し、個人21位に食い込んできた。 45位、53位に続いた中山凛斗(3年)と安藤圭佑(2年)も15kmから順位を引き上げてのフィニッシュ。林虎大朗(2年)、関口絢太(3年)、永井駿(1年)は、終盤の落ち込みを最小限に抑え、計6人が二桁順位に滑り込んだ。攻めてつかんだ本戦切符だ。 立大は1936~68年の間に27回本戦出場し、最高順位は1957年に3位を記録。青学大の33年、筑波大の26年などを超えて、最長ブランクを経た復活になる。「東京六大学」のうち5校が同時出場した1984年記念大会で、1校だけ蚊帳の外だったのが立大だった。 大学の創立150周年にあたる2024年の本戦復帰を目指していたが、1年早い目標達成だ。「55年」の感想を問われた上野監督は、「多くのサポートが思い起こされます」と関係者への感謝を寄せる。 上野監督が忙しく取材対応している場所へ、東海大・両角速監督が歩み寄ってきた。長野・佐久長聖高時代の恩師が手を差し出し、がっちり握手で祝福。予選会成績で総合9位の東海大を上回った。「これで超えたなんてことは決してなく、まだ追いかける立場だと思っています」とは、上野監督の謙遜でなく本音だろう。 「今日1日は喜んでいいと思いますが、これで注目される立場になり、私も選手も気を引き締めて、緊張感を共有していきたい」。「自立した走り」を遂行した選手たちが、本戦もたくましく走り抜けるだろうか。 文/奥村 崇

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.25

衝撃の初マラソン初V!平林清澄の快走にを指導した國學院大・前田康弘監督「妥協しない。努力をしてきましたから」/大阪マラソン

◇大阪マラソン2024(2月25日/大阪府庁前スタート・大阪城公園フィニッシュ) ジャパンマラソンチャンピオンシップ(JMC)シリーズGSで、パリ五輪代表選考会マラソングランドチャンピオンシップ(MGC)ファイナルチャレ […]

NEWS “初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

2024.02.25

“初代山の神”今井正人 大歓声ラストランに「こんなに幸せなことはない」今後は「一緒に考え、悩み、悔しがれる」指導者に/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

NEWS 山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

2024.02.25

山形愛羽 室内日本最高の11秒77!あこがれの鶴田玲美を上回る「日本選手権でメダル取りたい」春から福岡大へ/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

2024.02.25

豊田兼が60mHで7秒70!日本歴代9位タイでシーズンイン「ハードル2種目でパリを目指したい」/JAG大崎

◇2024Japan Athlete Games in Osaki(2月25日/鹿児島ジャパンアスリートトレーニングセンター大隅) 国内最大級の陸上競技専門の室内トレーニング施設を舞台に、国内唯一の室内100m公認レース […]

NEWS 男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

2024.02.25

男子は山口智規が29分16秒で優勝!井川龍人との早大現役・OBラスト勝負を制す/日本選手権クロカン

◇第107回日本選手権クロスカントリー(2月25日/福岡・海の中道海浜公園) 世界クロスカントリー選手権(3月30日/セルビア・ベオグラード)の代表選考会を兼ねた第107回日本選手権クロスカントリーが行われ、男子(10k […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top