HOME 学生長距離

2022.10.19

【鉄紺軍団Close-up】清野太雅 人より多く走る 〝練習の虫〟長い距離への適性光り 1年目から箱根駅伝エントリーメンバー入り


1500m専門の高校生が4年後マラソンランナーに
清野太雅は福島・喜多方高時代には1500mをメインとしており、同種目でインターハイにも出場している。それが、4年後の夏に、その約28倍の距離の北海道マラソンを走っているとは……「自分でもこんなことになるとは思っていなかった」と、4年前には想像さえしていなかった未来だった。

清野は強豪校出身ではなかったこともあり、入学当初は他の部員に比べて練習量が劣っていたという。ぶれやすいフォームを直すためにフィジカルトレーニングに取り組むなど地道な練習を重ねていくと、1年目から長い距離にも対応できるようになり、箱根駅伝の16人のエントリーメンバーにも選ばれた。そして、2年時、3年時と、箱根駅伝の10区を任され、それぞれ区間9位、2位と好走している。

広告の下にコンテンツが続きます

「各自練習で人より多く走ったり、休みの日にも軽く動かしたりしている」という練習の虫。今ではチームで一、二を争うほどの練習量をこなせるまでになった。そして、大学4年目の今年、酒井監督に北海道マラソン出場を提案されると、「練習の延長で出てみようと思いました」と出場を決めた。

マラソン挑戦は初めて尽くしだった。これまでレースでの最長距離は箱根駅伝10区の23㎞で、42.195㎞を走るのはもちろん初。練習でも30㎞走まではこなしたことがあったが、40㎞走に取り組むのも初めてのことだった。

「夏に実業団の合宿に参加して、初めて40㎞走をしました。ペースはキロ3 分40秒~ 30秒。1回だけでしたが、結構余裕を持って走れたのが大きかったです。自信になりました。マラソンに生かせたと思います。ただ、(夏は)マラソンに向けた練習というよりも、距離を踏むことを考えて練習をしていました」

マラソンを見据えつつも、その先にある駅伝シーズンをも意識して夏を送っていた。北海道マラソンの1週間前は疲労困憊で「これはやばいな」と思ったほどだったという。だが、東洋大にはこれまでに駅伝や競歩で実績を積み重ねてきたコンディショニングのノウハウがある。1週間を切ってからは、水分や食事を計画的に摂って本番に備えた。

広告の下にコンテンツが続きます

北海道マラソンでは度重なる〝給水の不運〟を克服

「今回の北海道マラソンは経験が目的で、練習の一環だったので、タイムはあまり気にせず、自分のいけるところまで行こうと思っていました」という清野は、当初はペースメーカーに付いていくつもりはなく、キロ3分10秒~ 15秒ペースをキープして走る予定だった。ところが、「周りの選手が全員、ペースメーカーに付いていってしまって、これは後半がきつくなると思ったので」と、単独走を回避するためにキロ3分05秒~ 06秒の集団で走る決断をした。

想定外のアクシデントはまだまだあった。後方を走っていたために、5㎞ごとの給水所ではスペシャルドリンクを入れたボトルが、前を走るランナーに落とされていることが多かった。序盤の5㎞、10㎞はボトルを取ることができなかった。

「給水は全部飲もうと思っていたので、さすがにこれはまずいなと思いました」

広告の下にコンテンツが続きます

東洋大は普段から栄養指導に力を入れており、水分補給の重要性についても同様に選手たちは承知している。

15㎞でも清野のボトルは落ちていたが、それを見つけるや、集団の最後方を走っていた清野は、拾って給水する判断をした。20㎞でも同じく、落ちていたボトルを拾って給水をしたため、集団から少し遅れる場面もあった。だが、結果的にはその機転が功を奏したと言えるだろう。パリ五輪のマラソン日本代表選考レースとなるMGCへの進出にはあと一歩届かなかったものの、最後まで粘り、2時間12分20秒の6位に入賞した。

「少し悔しさもありましたが、走り終えた時は達成感や楽しさが満ち溢れていました。夏のマラソンでこれだけのタイムで走れたことは自信になりました。ただ、今回のマラソンのペースでは、さすがに駅伝では通用しないので、マラソンから駅伝に切り替えて、速いペースに対応できる練習をしていきたい」


箱根駅伝では過去2年間アンカーの10区を務め、前回は区間2位の力走でチームを7位から4位まで押し上げた

広告の下にコンテンツが続きます

今度はチームで達成感を味わうために、駅伝での出番に向けて準備をしている。「ただ出走するだけではチーム目標の優勝に貢献できないと思うので、区間賞を目指したいと思います」

4年間で培ったスタミナを武器に、学生最後の駅伝シーズンに臨む――。

文/福本ケイヤ

※この記事は『月刊陸上競技』2022年11月号に掲載しています

広告の下にコンテンツが続きます
1500m専門の高校生が4年後マラソンランナーに 清野太雅は福島・喜多方高時代には1500mをメインとしており、同種目でインターハイにも出場している。それが、4年後の夏に、その約28倍の距離の北海道マラソンを走っているとは……「自分でもこんなことになるとは思っていなかった」と、4年前には想像さえしていなかった未来だった。 清野は強豪校出身ではなかったこともあり、入学当初は他の部員に比べて練習量が劣っていたという。ぶれやすいフォームを直すためにフィジカルトレーニングに取り組むなど地道な練習を重ねていくと、1年目から長い距離にも対応できるようになり、箱根駅伝の16人のエントリーメンバーにも選ばれた。そして、2年時、3年時と、箱根駅伝の10区を任され、それぞれ区間9位、2位と好走している。 「各自練習で人より多く走ったり、休みの日にも軽く動かしたりしている」という練習の虫。今ではチームで一、二を争うほどの練習量をこなせるまでになった。そして、大学4年目の今年、酒井監督に北海道マラソン出場を提案されると、「練習の延長で出てみようと思いました」と出場を決めた。 マラソン挑戦は初めて尽くしだった。これまでレースでの最長距離は箱根駅伝10区の23㎞で、42.195㎞を走るのはもちろん初。練習でも30㎞走まではこなしたことがあったが、40㎞走に取り組むのも初めてのことだった。 「夏に実業団の合宿に参加して、初めて40㎞走をしました。ペースはキロ3 分40秒~ 30秒。1回だけでしたが、結構余裕を持って走れたのが大きかったです。自信になりました。マラソンに生かせたと思います。ただ、(夏は)マラソンに向けた練習というよりも、距離を踏むことを考えて練習をしていました」 マラソンを見据えつつも、その先にある駅伝シーズンをも意識して夏を送っていた。北海道マラソンの1週間前は疲労困憊で「これはやばいな」と思ったほどだったという。だが、東洋大にはこれまでに駅伝や競歩で実績を積み重ねてきたコンディショニングのノウハウがある。1週間を切ってからは、水分や食事を計画的に摂って本番に備えた。 北海道マラソンでは度重なる〝給水の不運〟を克服 「今回の北海道マラソンは経験が目的で、練習の一環だったので、タイムはあまり気にせず、自分のいけるところまで行こうと思っていました」という清野は、当初はペースメーカーに付いていくつもりはなく、キロ3分10秒~ 15秒ペースをキープして走る予定だった。ところが、「周りの選手が全員、ペースメーカーに付いていってしまって、これは後半がきつくなると思ったので」と、単独走を回避するためにキロ3分05秒~ 06秒の集団で走る決断をした。 想定外のアクシデントはまだまだあった。後方を走っていたために、5㎞ごとの給水所ではスペシャルドリンクを入れたボトルが、前を走るランナーに落とされていることが多かった。序盤の5㎞、10㎞はボトルを取ることができなかった。 「給水は全部飲もうと思っていたので、さすがにこれはまずいなと思いました」 東洋大は普段から栄養指導に力を入れており、水分補給の重要性についても同様に選手たちは承知している。 15㎞でも清野のボトルは落ちていたが、それを見つけるや、集団の最後方を走っていた清野は、拾って給水する判断をした。20㎞でも同じく、落ちていたボトルを拾って給水をしたため、集団から少し遅れる場面もあった。だが、結果的にはその機転が功を奏したと言えるだろう。パリ五輪のマラソン日本代表選考レースとなるMGCへの進出にはあと一歩届かなかったものの、最後まで粘り、2時間12分20秒の6位に入賞した。 「少し悔しさもありましたが、走り終えた時は達成感や楽しさが満ち溢れていました。夏のマラソンでこれだけのタイムで走れたことは自信になりました。ただ、今回のマラソンのペースでは、さすがに駅伝では通用しないので、マラソンから駅伝に切り替えて、速いペースに対応できる練習をしていきたい」 箱根駅伝では過去2年間アンカーの10区を務め、前回は区間2位の力走でチームを7位から4位まで押し上げた 今度はチームで達成感を味わうために、駅伝での出番に向けて準備をしている。「ただ出走するだけではチーム目標の優勝に貢献できないと思うので、区間賞を目指したいと思います」 4年間で培ったスタミナを武器に、学生最後の駅伝シーズンに臨む――。 文/福本ケイヤ ※この記事は『月刊陸上競技』2022年11月号に掲載しています

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.02.21

箱根駅伝“山の神” 今井正人が引退! 日本選手権クロカンでラストレース マラソンでも結果残す

トヨタ自動車九州は2月21日、所属する今井正人が2月25日の第107回日本選手権クロスカントリーを最後に現役を引退すると発表した。 今井は福島県小高町(現・南相馬市)出身の39歳。小学生の頃から野球少年だったが、小・中学 […]

NEWS 「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

2024.02.21

「ワクワク感を届けるデザインを」東京2025世界陸上のロゴデザイン選定委員会を開催!

東京2005世界陸上財団は2月21日、2025年9月に開催される東京世界選手権の大会ロゴデザイン選定委員会を開いた。 11月30日から1月15日までの応募期間で受け付けられた368作品から、要件確認を経て、予備選定会で絞 […]

NEWS 走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

2024.02.21

走幅跳の“実測”ルール変更検討に対しカール・ルイス「私たちとは違うジャンプ」23年世界女王「アスリートの意見尊重を」

世界陸連(WA)が走幅跳のルール変更について検討していることについて、さまざまな声が上がっている。 現行ルールは、踏み切り板20cmと10cmの粘土板が敷かれ、踏み切り板と粘土板の境目から計測される。粘土板に跡がついた場 […]

NEWS 【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

2024.02.20

【第100回箱根駅伝】出場全230人の証言~法大~細迫海気「総合5位以内は必ず達成できる」小泉「トップ5入りへ導きます」

記念すべき第100回目の箱根駅伝に出場した23チームの、出走全230人にアンケートを実施。出走したすべての選手たちの声を刻みます! 【アンケート項目】 (1)大会を終えての感想、コースの攻略法など (2)今だから話せる裏 […]

NEWS 十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2024.02.20

十種競技・右代啓祐がニュージーランド混成選手権に出場 「冬の成果を感じることができた」

2月17日から18日にニュージーランド・ダニーデンでニュージーランド混成選手権が行われ、十種競技日本記録保持者・右代啓祐(国士舘クラブ)がオープン参加で出場し、6078点をマークした。 ニュージーランドで合宿中の右代は練 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年1月号 (12月14日発売)

2024年1月号 (12月14日発売)

豪華付録!
箱根駅伝ガイド、高校駅伝展望

page top