HOME 国内

2022.10.08

北口榛花65m68のビッグスロー!「1cmでも日本記録超えたかった」/栃木国体
北口榛花65m68のビッグスロー!「1cmでも日本記録超えたかった」/栃木国体

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)3日目

3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会3日目に行われた成年女子やり投で北口榛花(北海道・JAL)が65m68の大投てきを見せて優勝した。

これがシーズン最終戦。オレゴン世界選手権銅メダリストでダイヤモンドリーグ・ファイナル3位の存在感を大いに発揮した。1回目に自身の大会記録61m07を更新する61m23を投げると、2回目62m71。

徐々に修正を加えた3回目に、会場が大きくどよめいた。日本記録のライン付近に刺さる。自らの日本記録66m00に迫る65m68。自己2番目、パフォーマンス歴代2位のビッグアーチだった。

「大会記録は越したいという気持ちがありましたが、予想以上にいってくれました」と言いつつ、「惜しかったので欲を言えば1cmでも日本記録を更新したかったです」と笑い飛ばした。

さすがにシーズン終盤で「ガス欠気味」というものの、「最後なので頑張りました」と北口。これで国体は高1(13位)から出場しているが、2年時から14、15、17、18、そして今回と出場した大会は5連勝で、「国体に強いんです」と笑顔を見せた。

若い選手たちと行動をともにし、「投てきの選手たちや若い子たちの励みになれればいいなと思います」。前日のミーティングではプレッシャーへの考え方などアドバイスを送ったという。

激動のシーズンを振り返り「海外の選手にブレークスルーと言ってもらえた。60mを安定して投げられて自信になりました」と北口。ブダペスト世界選手権は「今年よりいい色を取るために、もう一段階、体力面をアップしたいです」と意気込みを語った。

◇第77回栃木国体(10月6~10日/宇都宮市・カンセキスタジアムとちぎ)3日目 3年ぶりの開催となった国体が栃木県宇都宮市で開かれ、大会3日目に行われた成年女子やり投で北口榛花(北海道・JAL)が65m68の大投てきを見せて優勝した。 これがシーズン最終戦。オレゴン世界選手権銅メダリストでダイヤモンドリーグ・ファイナル3位の存在感を大いに発揮した。1回目に自身の大会記録61m07を更新する61m23を投げると、2回目62m71。 徐々に修正を加えた3回目に、会場が大きくどよめいた。日本記録のライン付近に刺さる。自らの日本記録66m00に迫る65m68。自己2番目、パフォーマンス歴代2位のビッグアーチだった。 「大会記録は越したいという気持ちがありましたが、予想以上にいってくれました」と言いつつ、「惜しかったので欲を言えば1cmでも日本記録を更新したかったです」と笑い飛ばした。 さすがにシーズン終盤で「ガス欠気味」というものの、「最後なので頑張りました」と北口。これで国体は高1(13位)から出場しているが、2年時から14、15、17、18、そして今回と出場した大会は5連勝で、「国体に強いんです」と笑顔を見せた。 若い選手たちと行動をともにし、「投てきの選手たちや若い子たちの励みになれればいいなと思います」。前日のミーティングではプレッシャーへの考え方などアドバイスを送ったという。 激動のシーズンを振り返り「海外の選手にブレークスルーと言ってもらえた。60mを安定して投げられて自信になりました」と北口。ブダペスト世界選手権は「今年よりいい色を取るために、もう一段階、体力面をアップしたいです」と意気込みを語った。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.24

東京マラソン2025の概要発表!来年3月2日、38000人規模で開催 8月16日から一般エントリー開始予定

東京マラソン財団は6月24日、定時理事会を開き、東京マラソン2025の大会要項を発表した。 東京マラソン2025は来年3月2日に開催。定員は38000人でフルマラソンは37500人。応募スケジュールの予定も発表され、6月 […]

NEWS 注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

2024.06.24

注目の100mはライルズ自己新V!男子棒高跳ケンドリクスが大会新5m92で3大会連続五輪代表に/全米五輪選考会

◇全米五輪選考会(6/21~30、米国オレゴン州ユージン・ヘイワードフィールド)3日目 全米五輪選考会の3日目が行われ、男子100m(+0.4)ではN.ライルズが9秒83の自己タイで優勝した。ライルズは200mで世界選手 […]

NEWS 女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

2024.06.24

女子棒高跳コードリーが世界歴代7位の4m92成功!世界室内女王が大ジャンプ 男子砲丸投トロが21m80のアジア新/WAコンチネンタルツアー

6月21日、世界陸連(WA)コンチネンタルツアー・ブロンズのトゥールーズ キャピトル・ペルシュがフランスで行われ、女子棒高跳ではM.コードリー(英国)が世界歴代7位、今季世界最高の4m92で優勝した。 コードリーは3月の […]

NEWS 十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

2024.06.24

十種競技・ドイツの22歳ステインフォースが200点以上自己新の8287点でV/WA混成ツアー

世界陸連(WA)混成ツアー・ゴールドのシュタットベルケ・ラーティンゲン混成大会が6月22、23日、ドイツ・ラーティンゲンで行われた。 男子十種競技はT.ステインフォース(ドイツ)が8287点(100m10秒41、走幅跳7 […]

NEWS 2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

2024.06.24

2028年ロサンゼルス五輪の陸上は第一週開催の「歴史的変更」!水泳と日程入れ替えで注目アップ狙う マラソンは最終週の伝統維持

世界陸連(WA)は6月22日、2028年に開催されるロサンゼルス五輪について、陸上を第一週に実施することを発表した。マラソンとメダル授与については最終週に行う伝統を維持するとしている。 これまで第一週に水泳、第二週に陸上 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top