HOME 国内

2022.09.28

大阪国際女子マラソンのコースがリニューアル 御堂筋の折り返しをなくし記録更新が狙いやすいコースに
大阪国際女子マラソンのコースがリニューアル 御堂筋の折り返しをなくし記録更新が狙いやすいコースに

大阪国際女子マラソン組織委員会は28日、来年1月29日に開催される「第42回大阪国際女子マラソン」からコースを変更することを発表。記録の出やすいコースに変更することで大会のさらなるレベルアップを目指す。

大きな変更点としては、これまでレースの中盤に御堂筋を往復し、道頓堀橋南詰で180度ターンの折り返しポイントが設置されていたが、これを廃止。減速を防ぐことでより記録を狙いやすくするという。

このほか、アクセントとなる高低差18mのアップダウンを設けるほか、中間点過ぎから約1kmほどの下り坂で、勝負所の後半に向けてスムーズにスピードアップを図るコースとなっている。

また、長堀通をコースに取り入れ、大阪城公園内の走路を2回走行し、御堂筋では側道のみを使用することで、選手にとってより身近に沿道の応援を感じることができる環境をつくり後押しすることとなる。

新コースについて、アテネ五輪金メダリストの野口みずきさんは「20km過ぎのアップダウンは、少しずつレースの流れが変わってくるポイント。近年は早い段階でスパートかけてみようとする選手も増えており、今までと違ったレース展開がみられるのではないでしょうか」とコメント。同大会で2度優勝している福士加代子さんは「個人的には折り返しの、行った道を戻る感覚が嫌いだったので折り返しがなくなるのはいいですね。減速して折り返すのではなく、カーブなら流れで走れるので、淡々と走る日本人選手向きでは。中間点付近の坂は、上りが苦しくても下り坂で加速していけるので、気分転換ができ、選手によってはリズムがとりやすいと思います」と話している。

なお、2023年に限り、ヤンマースタジアム長居が改修工事のため、発着点がヤンマーフィールド長居(長居第2競技場)に変更されれる。

大阪国際女子マラソン組織委員会は28日、来年1月29日に開催される「第42回大阪国際女子マラソン」からコースを変更することを発表。記録の出やすいコースに変更することで大会のさらなるレベルアップを目指す。 大きな変更点としては、これまでレースの中盤に御堂筋を往復し、道頓堀橋南詰で180度ターンの折り返しポイントが設置されていたが、これを廃止。減速を防ぐことでより記録を狙いやすくするという。 このほか、アクセントとなる高低差18mのアップダウンを設けるほか、中間点過ぎから約1kmほどの下り坂で、勝負所の後半に向けてスムーズにスピードアップを図るコースとなっている。 また、長堀通をコースに取り入れ、大阪城公園内の走路を2回走行し、御堂筋では側道のみを使用することで、選手にとってより身近に沿道の応援を感じることができる環境をつくり後押しすることとなる。 新コースについて、アテネ五輪金メダリストの野口みずきさんは「20km過ぎのアップダウンは、少しずつレースの流れが変わってくるポイント。近年は早い段階でスパートかけてみようとする選手も増えており、今までと違ったレース展開がみられるのではないでしょうか」とコメント。同大会で2度優勝している福士加代子さんは「個人的には折り返しの、行った道を戻る感覚が嫌いだったので折り返しがなくなるのはいいですね。減速して折り返すのではなく、カーブなら流れで走れるので、淡々と走る日本人選手向きでは。中間点付近の坂は、上りが苦しくても下り坂で加速していけるので、気分転換ができ、選手によってはリズムがとりやすいと思います」と話している。 なお、2023年に限り、ヤンマースタジアム長居が改修工事のため、発着点がヤンマーフィールド長居(長居第2競技場)に変更されれる。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.13

東大阪大敬愛高が4×800mRで日本新!日本選手権Vの久保凛 2分01秒台の激走に「自信になります」

7月13日、東大阪市第2回OV30陸上競技記録会が東大阪市のトライスタジアム(花園中央公園多目的競技場)で行われ、女子4×800mリレーに東大阪大敬愛高(大阪)の2チームが出場。北村凜(3年)、朝野流南(2年)、田村実彩 […]

NEWS 五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

2024.07.13

五輪代表・樺沢和佳奈 3000m8分53秒99の自己新! 後藤夢も8分台 男子3000mは中野翔太がトップ/ホクレンDC士別

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第3戦の士別大会が7月13日に行われ、女子3000mAではパリ五輪5000m代表の樺沢和佳奈(三井住友海上)が8分53秒99の自己新をマークした。 6月末の日本選手権以来のレースと […]

NEWS 男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

2024.07.13

男子走高跳のバルシム「パリが最後の五輪」と表明 東京五輪金メダリスト

7月12日、男子走高跳のM.E.バルシム(カタール)が自身のSNSを更新し、「パリ五輪が自身最後の五輪になる」と発表した。 6月に33歳となったバルシムは男子走高跳を長く牽引してきたジャンパー。2010年の世界ジュニア選 […]

NEWS 男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

2024.07.13

男子走幅跳・城山正太郎がシーズンベストでV 100mHオープン参加の寺田明日香13秒14/北海道選手権

7月13日、第97回北海道選手権の初日が網走市運動公園市営陸上競技場で行われ、男子走幅跳に日本記録保持者の城山正太郎(ゼンリン)が出場し、シーズンベストの7m86(+1.7)で優勝した。 昨年の世界選手権代表の城山。今季 […]

NEWS 【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

2024.07.13

【男子200m】井手友郎(済美高1) 21秒28=高1歴代8位

7月13日、第79回愛媛県選手権の2日目が行われ、男子200mで高校1年生の井手友郎(済美高1愛媛)が21秒28(+1.5)の大会新記録で優勝した。この記録は高1歴代8位の好記録となる。 井手は桑原中時代に全中200m5 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top