HOME 国内

2022.09.25

福部真子100mH衝撃の12秒73日本新!「うれしさ大きい」来夏の世界陸上標準突破/全日本実業団
福部真子100mH衝撃の12秒73日本新!「うれしさ大きい」来夏の世界陸上標準突破/全日本実業団

◇第70回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)3日目

全日本実業団対抗選手権3日目に行われた女子100mハードルで衝撃の記録が誕生した。オレゴン世界選手権の準決勝で12秒82の日本記録を作った福部真子(日本建設工業)が、12秒73(+1.1)をマーク。自身の日本記録を0.09秒更新し、来年のブダペスト世界選手権の参加標準記録(12秒78)を突破した。

スタートから明らかに動きが際立ち中盤には高ピッチで刻んでいく。会場がどよめきに包まれる中でフィニッシュ。逆走で行われて追い風1.1m。タイムがなかなか表示されず、ようやく出されたのが12秒73だった。「ビックリ。驚いています」。大きな拍手が沸き起こった。

「風に押されているのもあって自己ベストは出るかなと思いましたが、アップなどでも身体が重かった。12秒7を狙える手応えはなかった」と言う福部。序盤は「スムーズに加速できた」が、後半は「コントロールできなくて」ハードルに脚を当てていた。それだけに一つのターゲットだった12秒78をクリアして笑顔。「出てしまった」世界選手権の日本新よりも「めちゃくちゃうれしい」と喜びを語る。

レース当日はやや不調だったそうだが、ここまでの練習では12秒7台の手応えがあったようで、「インターバル8mのタッチダウンタイムでも1秒を切る区間」が複数出ていたという。今季は「接地の感覚も数ミリ単位」で意識するなど再現性が研ぎ澄まされているからこそ、世界選手権以降も12秒台を連発するなど記録も安定している。

ただ、これで満足できないところまできたのも福部の強さ。世界選手権で世界記録を目の当たりにするなど、練習でも「常に斜め前に選手がいる」ことを意識。さらに「青木(益未)さんが来ると思って逃げていました」と言うように、寺田明日香(ジャパンクリエイト)を含めた国内の選手たちに比べ「自分はまだまだ」という考えを持つ。

これで12秒6台が「少し見えてきました」と福部。スプリントにも磨きをかけて「前さばきをしていけば」と具体的なイメージも湧いている。覚醒した天才ハードラーの勢いはまだまだ止まりそうにない。

■女子100mH日本歴代10傑
12.73 1.1 福部 真子(日本建設工業)    2022. 9.25
12.86 -0.2 青木 益未(七十七銀行)     2022. 4.10
12.87 0.6 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2021. 6. 1
13.00 0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)     2000. 7.16
13.00 1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設)   2021. 6. 6
13.02 1.4 池田久美子(スズキ)       2007. 4.29
13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協)      2013. 6. 8
13.02 1.1 清山ちさと(いちご)       2022. 7. 9
13.03 -0.6 木村 文子(エディオン)     2013. 6. 8
13.08 0.2 石野 真美(長谷川体育施設)   2006.10.22

◇第70回全日本実業団対抗選手権(9月23~25日/岐阜・長良川)3日目 全日本実業団対抗選手権3日目に行われた女子100mハードルで衝撃の記録が誕生した。オレゴン世界選手権の準決勝で12秒82の日本記録を作った福部真子(日本建設工業)が、12秒73(+1.1)をマーク。自身の日本記録を0.09秒更新し、来年のブダペスト世界選手権の参加標準記録(12秒78)を突破した。 スタートから明らかに動きが際立ち中盤には高ピッチで刻んでいく。会場がどよめきに包まれる中でフィニッシュ。逆走で行われて追い風1.1m。タイムがなかなか表示されず、ようやく出されたのが12秒73だった。「ビックリ。驚いています」。大きな拍手が沸き起こった。 「風に押されているのもあって自己ベストは出るかなと思いましたが、アップなどでも身体が重かった。12秒7を狙える手応えはなかった」と言う福部。序盤は「スムーズに加速できた」が、後半は「コントロールできなくて」ハードルに脚を当てていた。それだけに一つのターゲットだった12秒78をクリアして笑顔。「出てしまった」世界選手権の日本新よりも「めちゃくちゃうれしい」と喜びを語る。 レース当日はやや不調だったそうだが、ここまでの練習では12秒7台の手応えがあったようで、「インターバル8mのタッチダウンタイムでも1秒を切る区間」が複数出ていたという。今季は「接地の感覚も数ミリ単位」で意識するなど再現性が研ぎ澄まされているからこそ、世界選手権以降も12秒台を連発するなど記録も安定している。 ただ、これで満足できないところまできたのも福部の強さ。世界選手権で世界記録を目の当たりにするなど、練習でも「常に斜め前に選手がいる」ことを意識。さらに「青木(益未)さんが来ると思って逃げていました」と言うように、寺田明日香(ジャパンクリエイト)を含めた国内の選手たちに比べ「自分はまだまだ」という考えを持つ。 これで12秒6台が「少し見えてきました」と福部。スプリントにも磨きをかけて「前さばきをしていけば」と具体的なイメージも湧いている。覚醒した天才ハードラーの勢いはまだまだ止まりそうにない。 ■女子100mH日本歴代10傑 12.73 1.1 福部 真子(日本建設工業)    2022. 9.25 12.86 -0.2 青木 益未(七十七銀行)     2022. 4.10 12.87 0.6 寺田明日香(ジャパンクリエイト) 2021. 6. 1 13.00 0.7 金沢イボンヌ(佐田建設)     2000. 7.16 13.00 1.5 鈴木 美帆(長谷川体育施設)   2021. 6. 6 13.02 1.4 池田久美子(スズキ)       2007. 4.29 13.02 -0.6 紫村 仁美(佐賀陸協)      2013. 6. 8 13.02 1.1 清山ちさと(いちご)       2022. 7. 9 13.03 -0.6 木村 文子(エディオン)     2013. 6. 8 13.08 0.2 石野 真美(長谷川体育施設)   2006.10.22

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

U20日本選手権エントリー発表 8月のU20世界選手権を目指して有力選手集結 若菜敬、川口峻太朗、髙橋亜珠、林美希ら登録

日本陸連は6月14日、U20日本選手権(6月27日~30日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)エントリーリストの暫定版を発表した。 今回のU20日本選手権はU20世界選手権(8月27日~31日/ペルー・リマ)の選考競技 […]

NEWS 日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top