HOME 国内、大学

2022.09.11

女子100m青野朱李が4年目で初V!男子は順大・宇野が全国初タイトル/日本IC
女子100m青野朱李が4年目で初V!男子は順大・宇野が全国初タイトル/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)2日目

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの2日目が行われ、男女100mはいずれもインカレ初タイトルとなった。

女子100mを制したのは青野朱李(山梨学大)。先行する石堂陽奈(環太平洋大)をフィニッシュ直前でとらえ、11秒64(+0.4)をマークして優勝した。

高校時代には2年時の地元山形インターハイで200m優勝。「100mは少し苦手なところもあったので、優勝できてうれしいです」とひとしおだった。今大会の目標は「自己ベストで勝つこと」と、4月に出した11秒53の更新を目指していたという。それには届かなかったが、「まずは優勝できてよかった」と笑顔を見せ、「200mも自己ベストで勝ちたい」と意気込みを語った。

10秒36(+0.8)で男子100mの頂点に立ったのは順大3年の宇野勝翔。「去年は準決勝の9番目だった」ところからリベンジを果たした。

インカレ後の10月に左足首を痛め、練習に復帰できたのは今年5月。それまでは「ジョグもできなかった」と言うほどだった。その間は自重でのウエイトトレーニングを含めて、「できることをやってきた」と、地道なトレーニングを重ねた。

8月には100mで10秒40、200mで20秒95と自己新。「決勝に行く」とチームメイトに宣言して臨み、「有言実行できました」と胸を張った。総合優勝を狙うチームにあって、「すごく意識していました」と8点を取れたことに喜びを語る。

同期には三浦龍司、村竹ラシッドらがおり、「刺激を受けています」。北陸高時代にはインターハイ決勝進出もなかった宇野は、「まだまだフィジカル面で未熟な部分があります。この冬季で強化していきたい」と、日本インカレ優勝をステップに飛躍を誓った。

■日本インカレ2日目の優勝者一覧
・男子
100m 宇野勝翔(順大3) 10秒36(+0.8)
110mH 村竹ラシッド(順大3) 13秒36(+0.7)
4×100mR 筑波大 38秒86
走高跳 山中 駿(京大2) 2m15
砲丸投 奥村仁志(国士大4) 18m06=大会新
円盤投 山下航生(九州共立大4) 52m94
十種競技 川元莉々輝(立命大3) 7286点

・女子
100m 青野朱李(山梨学大4) 11秒64(+0.4)
100mH 田中きよの(駿河台大3) 13秒44(-0.4)
3000m障害 齋藤みう(日体大2) 10分14秒26
10000m競歩 梅野倖子(順大2) 47分10秒31
4×100mR 福岡大 44秒93
走高跳 諸隈あやね(日女体大3) 1m79
三段跳 船田茜理(武庫川女大4) 13m56(+1.0)
円盤投 齋藤真希(東女体大4) 54m72=大会新

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)2日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの2日目が行われ、男女100mはいずれもインカレ初タイトルとなった。 女子100mを制したのは青野朱李(山梨学大)。先行する石堂陽奈(環太平洋大)をフィニッシュ直前でとらえ、11秒64(+0.4)をマークして優勝した。 高校時代には2年時の地元山形インターハイで200m優勝。「100mは少し苦手なところもあったので、優勝できてうれしいです」とひとしおだった。今大会の目標は「自己ベストで勝つこと」と、4月に出した11秒53の更新を目指していたという。それには届かなかったが、「まずは優勝できてよかった」と笑顔を見せ、「200mも自己ベストで勝ちたい」と意気込みを語った。 10秒36(+0.8)で男子100mの頂点に立ったのは順大3年の宇野勝翔。「去年は準決勝の9番目だった」ところからリベンジを果たした。 インカレ後の10月に左足首を痛め、練習に復帰できたのは今年5月。それまでは「ジョグもできなかった」と言うほどだった。その間は自重でのウエイトトレーニングを含めて、「できることをやってきた」と、地道なトレーニングを重ねた。 8月には100mで10秒40、200mで20秒95と自己新。「決勝に行く」とチームメイトに宣言して臨み、「有言実行できました」と胸を張った。総合優勝を狙うチームにあって、「すごく意識していました」と8点を取れたことに喜びを語る。 同期には三浦龍司、村竹ラシッドらがおり、「刺激を受けています」。北陸高時代にはインターハイ決勝進出もなかった宇野は、「まだまだフィジカル面で未熟な部分があります。この冬季で強化していきたい」と、日本インカレ優勝をステップに飛躍を誓った。 ■日本インカレ2日目の優勝者一覧 ・男子 100m 宇野勝翔(順大3) 10秒36(+0.8) 110mH 村竹ラシッド(順大3) 13秒36(+0.7) 4×100mR 筑波大 38秒86 走高跳 山中 駿(京大2) 2m15 砲丸投 奥村仁志(国士大4) 18m06=大会新 円盤投 山下航生(九州共立大4) 52m94 十種競技 川元莉々輝(立命大3) 7286点 ・女子 100m 青野朱李(山梨学大4) 11秒64(+0.4) 100mH 田中きよの(駿河台大3) 13秒44(-0.4) 3000m障害 齋藤みう(日体大2) 10分14秒26 10000m競歩 梅野倖子(順大2) 47分10秒31 4×100mR 福岡大 44秒93 走高跳 諸隈あやね(日女体大3) 1m79 三段跳 船田茜理(武庫川女大4) 13m56(+1.0) 円盤投 齋藤真希(東女体大4) 54m72=大会新

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

日本選手権のエントリー発表! やり投・北口榛花が出場!! 田中希実は800m、1500m、5000mの3種目、豊田兼は110mH、400mHに登録

日本陸連は6月14日、今夏のパリ五輪代表選考会を兼ねた第108回日本選手権(6月27日~30日、新潟・デンカビッグスワンスタジアム)のエントリー選手を発表した。 一部の選手は5月にエントリーが発表されていたが、6月7日の […]

NEWS 男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top