HOME 国内、大学

2022.09.11

女子三段跳・船田茜理が13m56!学生記録保持者の貫禄「14mを目指す」/日本IC
女子三段跳・船田茜理が13m56!学生記録保持者の貫禄「14mを目指す」/日本IC

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)2日目

学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの2日目が行われ、女子三段跳は船田茜理(武庫川女大)が4年生で初優勝を飾った。

8月7日に行われたトワイライト・ゲームスで日本歴代2位(当時、現3位)、学生記録となる13m81(-0.2)を跳んでいた船田が実力を発揮。3回目に大会記録に9cmと迫る13m56(+1.0)を跳んだ。

それでもインタビューでは開口一番、「調子も良くて14mを跳ぶつもりだったので、とても悔しい」と唇を噛む。

不安定な風に各選手が悩まされるなか、落ち着いた跳躍で1回目に13m17(+2.4)をマークしてトップ8を確実にする。2回目以降は攻めの跳躍。2回目に13m36(+0.1)に記録を伸ばし、3回目のV記録につなげた。

武庫川女大勢は、船田と同じ4年生の岸野美雨が自己ベストを38cm更新する13m06(-0.1)で3位、院生の齋藤遥が12m95(+0.5)で4位と、表彰台の独占はならなかったものの力を示した。

「チームメートも力がありますし、私だけが飛び抜けた感じではなく、緊張感を持って臨めました」と船田。普段から切磋琢磨するチームメートとともに、最終学年のインカレで結果を残した。

13m81を跳んだ際は、「ほとんど跳んだ感触が残っていなかった」という。しかし、この日の5回目は、僅かなファウルで14m手前に着地。「5回目はいった感覚があり、14m前後を跳ぶ感覚をつかむことができました」と手応えを得た。「今回つかんだ感覚を次に生かしたい」と抱負を話す。

好調の要因に、「これまではケガが多かったですが、冬季にしっかり練習を積むことができ、助走スピードが向上しました。昨年までは助走と跳躍がうまくつながっていませんでしたが、今シーズンに入り助走からホップ・ステップとしっかり流れるようになった」ことを挙げる。

確実にアベレージもアップ。次戦は10月の田島記念を予定しており、「森本さん(麻里子)や同じ兵庫県出身の髙島さん(真織子・九電工)の前で記録を出したい」とライバル心を燃やす。

「これまで遠く感じていた世界も目の前に見えてきた感覚があります。今年中にベストを14m台に乗せて世界大会に出場できるようにがんばります」

今季に入り、森本が13m82、船田が13m81と日本歴代2、3位、髙島が13m47の同7位を跳ぶなど活況を呈する女子三段跳。船田は地元関西の地でつかんだ全国初タイトルをステップに世界へと羽ばたくつもりだ。

文/花木 雫

◇日本インカレ(京都・たけびしスタジアム京都:西京極)2日目 学生ナンバーワンを決める第91回日本インカレの2日目が行われ、女子三段跳は船田茜理(武庫川女大)が4年生で初優勝を飾った。 8月7日に行われたトワイライト・ゲームスで日本歴代2位(当時、現3位)、学生記録となる13m81(-0.2)を跳んでいた船田が実力を発揮。3回目に大会記録に9cmと迫る13m56(+1.0)を跳んだ。 それでもインタビューでは開口一番、「調子も良くて14mを跳ぶつもりだったので、とても悔しい」と唇を噛む。 不安定な風に各選手が悩まされるなか、落ち着いた跳躍で1回目に13m17(+2.4)をマークしてトップ8を確実にする。2回目以降は攻めの跳躍。2回目に13m36(+0.1)に記録を伸ばし、3回目のV記録につなげた。 武庫川女大勢は、船田と同じ4年生の岸野美雨が自己ベストを38cm更新する13m06(-0.1)で3位、院生の齋藤遥が12m95(+0.5)で4位と、表彰台の独占はならなかったものの力を示した。 「チームメートも力がありますし、私だけが飛び抜けた感じではなく、緊張感を持って臨めました」と船田。普段から切磋琢磨するチームメートとともに、最終学年のインカレで結果を残した。 13m81を跳んだ際は、「ほとんど跳んだ感触が残っていなかった」という。しかし、この日の5回目は、僅かなファウルで14m手前に着地。「5回目はいった感覚があり、14m前後を跳ぶ感覚をつかむことができました」と手応えを得た。「今回つかんだ感覚を次に生かしたい」と抱負を話す。 好調の要因に、「これまではケガが多かったですが、冬季にしっかり練習を積むことができ、助走スピードが向上しました。昨年までは助走と跳躍がうまくつながっていませんでしたが、今シーズンに入り助走からホップ・ステップとしっかり流れるようになった」ことを挙げる。 確実にアベレージもアップ。次戦は10月の田島記念を予定しており、「森本さん(麻里子)や同じ兵庫県出身の髙島さん(真織子・九電工)の前で記録を出したい」とライバル心を燃やす。 「これまで遠く感じていた世界も目の前に見えてきた感覚があります。今年中にベストを14m台に乗せて世界大会に出場できるようにがんばります」 今季に入り、森本が13m82、船田が13m81と日本歴代2、3位、髙島が13m47の同7位を跳ぶなど活況を呈する女子三段跳。船田は地元関西の地でつかんだ全国初タイトルをステップに世界へと羽ばたくつもりだ。 文/花木 雫

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.22

東京世界陸上のメダル制作開始!「記憶に残り、見るたびに思い出すデザイン」目指して都内の中学・高校生にインタビュー

東京2025世界陸上財団はは7月22日、大会で選手に授与されるメダルのデザインに向け、ジュニアアスリートへのインタビューを東京・城西高で実施した。 国際大会出場選手が卒業している都内の学校から選定され、パリ五輪代表である […]

NEWS 20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

2024.07.22

20km競歩の古賀友太 パリ五輪陸上の初陣「メダルを取ってチームを勢いづけたい」/パリ五輪

8月1日から始まるパリ五輪・陸上競技に向けて、日本代表選手団が出国する前に会見を開いて意気込みを語った。 男子20km競歩の古賀友太(大塚製薬)は初の五輪で「幼い頃から目標の舞台。身が引き締まる思い。自信を持って世界と戦 […]

NEWS 三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

2024.07.22

三段跳のレジェンド・テイラーが現役ラストジャンプ 「自分のキャリアにこれ以上言うことはない」

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックで男子三段跳のC.テイラー(米国)が現役最後の競技会に出場。16m14(±0)の5位でグラウンドに別れを告げた。 テイラーは12年ロンドン五輪、16年リ […]

NEWS 16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

2024.07.22

16歳・ウィルソン 男子400mで44秒20!自身のU18世界最高を更新 U20歴代でも3位の好タイム

7月19日、米国・フロリダ州で開催されたホロウェイ・プロ・クラシックの男子400mでQ.ウィルソン(米国)がU18世界最高の44秒20で優勝した。 従来のU18世界最高はウィルソン自身が6月にマークした44秒59。U18 […]

NEWS フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

2024.07.22

フリチェコワが女子100mHでU18世界歴代2位の12秒86! 男子400mH・ラダがU18欧州最高/U18欧州選手権

7月18日~21日、スロバキアのバンスカー・ビストリツァでU18欧州選手権が開かれ、女子100mハードル(76.2cm)ではL.フリチェコワ(スロバキア)が12秒97(+0.2)で優勝した。 予選ではU18世界歴代2位、 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top