HOME 国内

2022.08.29

男子20km競歩・山西利和 世界陸上連覇を振り返る「ここから何をしていくかが大事」
男子20km競歩・山西利和 世界陸上連覇を振り返る「ここから何をしていくかが大事」


8月29日、オレゴン世界選手権男子20km競歩で連覇を果たした山西利和(愛知製鋼)がオンラインでの会見に登壇した。

2019年ドーハ大会では同種目初の金メダル。昨年の東京五輪では銅メダルを獲得している。オレゴンでは1時間19分07秒で連覇。世界大会3連続のメダル獲得を成し遂げた。

「連覇という表現ですが、東京五輪の負けを挟んでいるので(東京五輪以降)ここまでは新しい1年だった」と振り返る山西。その一つである世界選手権を「優勝というかたちで終えることができてホッとしている」と笑顔を浮かべた。

レースでは東京五輪、オレゴン世界選手権でともに銀メダルに輝いた池田向希(旭化成)とラスト1kmまでもつれる展開に。「ハラハラ感もあり、ゴールテープを切れた時はうれしかったです」。その中で「ラスト1kmのスピードもまだ上げられる」と話し、レース展開についても「いろんなパターンを出していけると思う」とさらに自力をつけていくつもりだ。

今季については「余裕ができれば試合にも出場したい」と話し、さらには今回の世界選手権で50kmに変わって実施された35kmも「機会があれば秋以降にチャレンジしてみたい」と意欲も見せている。

身体の状態としては「疲れが抜けきった感じではない」とやや疲労も残っているとのこと。「ギアはまだ上がりきっていない」というものの、「ケガなく継続できている」と影響なく練習には取り組めているという。

2大会連続の金メダリストとなった山西。来年のブダペスト大会で3連覇への期待も懸かるが「プレッシャーは今のところ感じていません」。それよりも「ここから何をしていくかが大事」だと冷静に先を見据えている。

「毎年、世界大会が続いていくので大切にしていきたい」。そして昨年かなわなかった五輪での金メダル獲得へ。「パリ五輪では次こそ金メダルを取りたい。あと2年あるので、よりパワーアップして臨みたいです」と、今後も王者・山西の強さを発揮していく。

8月29日、オレゴン世界選手権男子20km競歩で連覇を果たした山西利和(愛知製鋼)がオンラインでの会見に登壇した。 2019年ドーハ大会では同種目初の金メダル。昨年の東京五輪では銅メダルを獲得している。オレゴンでは1時間19分07秒で連覇。世界大会3連続のメダル獲得を成し遂げた。 「連覇という表現ですが、東京五輪の負けを挟んでいるので(東京五輪以降)ここまでは新しい1年だった」と振り返る山西。その一つである世界選手権を「優勝というかたちで終えることができてホッとしている」と笑顔を浮かべた。 レースでは東京五輪、オレゴン世界選手権でともに銀メダルに輝いた池田向希(旭化成)とラスト1kmまでもつれる展開に。「ハラハラ感もあり、ゴールテープを切れた時はうれしかったです」。その中で「ラスト1kmのスピードもまだ上げられる」と話し、レース展開についても「いろんなパターンを出していけると思う」とさらに自力をつけていくつもりだ。 今季については「余裕ができれば試合にも出場したい」と話し、さらには今回の世界選手権で50kmに変わって実施された35kmも「機会があれば秋以降にチャレンジしてみたい」と意欲も見せている。 身体の状態としては「疲れが抜けきった感じではない」とやや疲労も残っているとのこと。「ギアはまだ上がりきっていない」というものの、「ケガなく継続できている」と影響なく練習には取り組めているという。 2大会連続の金メダリストとなった山西。来年のブダペスト大会で3連覇への期待も懸かるが「プレッシャーは今のところ感じていません」。それよりも「ここから何をしていくかが大事」だと冷静に先を見据えている。 「毎年、世界大会が続いていくので大切にしていきたい」。そして昨年かなわなかった五輪での金メダル獲得へ。「パリ五輪では次こそ金メダルを取りたい。あと2年あるので、よりパワーアップして臨みたいです」と、今後も王者・山西の強さを発揮していく。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.06.14

男子100mブロメルが全米選手権欠場 3大会連続の五輪代表ならず マクローリン・レブロンは400mHに専念

男子短距離のT.ブロメルが6月21日から開催される全米選手権を欠場することがわかった。 ブロメルは100mで15年北京・22年オレゴン世界選手権で銅メダルを獲得している28歳。今大会には100mにエントリーしていたが、5 […]

NEWS AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

2024.06.14

AIUがブダペスト世界陸上5000m銀・カティルを告訴 ドーピング違反に加え不正行為の疑い

6月12日、アスリート・インテグリティー・ユニット(AIU、世界陸連の独立不正監査機関)はブダぺスト世界選手権男子5000m銀メダルのM.カティル(スペイン)を不正行為で告訴することを発表した。 カティルはドーピングの居 […]

NEWS 棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

2024.06.14

棒高跳・諸田実咲が海外転戦で好成績 パリ五輪ランキングも浮上

女子棒高跳の日本記録保持者(4m48)諸田実咲(アットホーム)が世界陸連(WA)コンチネンタルツアーの海外転戦で好成績を残している。 6月4日のロイヤルシティ・フェスティバル(カナダ・グエルフ)ではセカンドベスト、パフォ […]

NEWS 400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

2024.06.14

400mH畠山このみが初60秒切りの大会新V2!男子5000mサミュエルと吉田が好記録/IH北海道

◇インターハイ北海道地区大会(6月11~14日/旭川市花咲スポーツ公園陸上競技場)3日目 福岡インターハイを懸けた北海道地区大会の2日目が行われ、女子400mハードルで大会新記録が誕生した。昨年の鹿児島国体300mハード […]

NEWS ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

2024.06.14

ハンマー投は岡村聡真が「攻めの投げ」で2連覇 走幅跳は近藤孝太がV 棒高跳は小林ひよりが制す/IH北信越

◇インターハイ北信越地区大会(6月13日~16日/新潟・デンカビッグスワンスタジアム)初日 福岡インターハイを懸けた北信越大会が開幕。男女フィールド4種目の決勝が行われ、男子ハンマー投は岡村聡真(穂高商3長野)が5投目に […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年7月号 (6月14日発売)

2024年7月号 (6月14日発売)

パリ五輪への道、最終局面
インターハイ都府県大会ハイライト

page top