HOME 国内

2022.08.20

世界陸上代表・坂井隆一郎 10秒21でV!悪条件でも持ち味発揮「スタートをしっかり決められました」/福井ナイトゲームズ
世界陸上代表・坂井隆一郎 10秒21でV!悪条件でも持ち味発揮「スタートをしっかり決められました」/福井ナイトゲームズ


◇Athlete Night Games in FUKUI2022(8月20日/福井県営9.98スタジアム)

今年で4回目の開催となった、Athlete Night Games in FUKUI2022の男子100mで坂井隆一郎(大阪ガス)が10秒21(±0.0)で優勝した。

大会の目玉となる最終種目は、雨が降る中で選手たちがスタートラインに立つ。そんな悪条件でも坂井は持ち味を存分に発揮した。「雨が降っていても、スタートをしっかり決めることができました」と得意のロケットスタートで飛び出す。そのまま加速に乗るが「後半は少し脚が回らなかった」と坂井。それでも、デーデー・ブルーノ(セイコー)を0.04秒抑えてV。会場を盛り上げる圧巻の走りで、フィニッシュラインを駆け抜けた。

「タイムは狙っていなかったので、優勝できてうれしいです」と言うものの、「それでももう少し(タイムが)欲しかったです」と苦笑い。だが、「ナイトゲームで、観客の方もたくさんいたので楽しめました」と笑顔で締めくくった。

6月の布勢スプリントでは日本歴代7位タイとなる10秒02をマークし、オレゴン世界選手権では初の世界大会ながら準決勝に進出。予選では東京五輪金メダルのラモント・マルセル・ジェイコブス(イタリア)らがいるなか、前半でトップに立つなど「世界でも自分のスタートが通用することがわかった」と収穫を得た。

オレゴンから帰国後は「1週間ほど休養を取って」練習を再開。今回までも「ウエイトトレーニングはやりつつ、いつも通りの練習をしてきました」と言い、今後もさらに「スタートを今後も磨いていきたい」と強化をしていくという。

来年開催されるブダペスト世界選手権の参加標準記録は10秒00。世界へ挑むためには、10秒を切ることが必要となってくる。「世界選手権に出るためにも、9秒台は出さないといけない」と坂井。「(9秒台は)出せると思っていますが、今後の冬季練習をしっかり積むことからだと思っています」と着実に力をつけていくつもりだ。

桐生祥秀(日本生命)が日本人初の9秒台を出したのが、この9.98スタジアム。この舞台で勝ち切ったことをステップに、坂井は日本人5人目の9秒台へ突き進んで行く。

◇Athlete Night Games in FUKUI2022(8月20日/福井県営9.98スタジアム) 今年で4回目の開催となった、Athlete Night Games in FUKUI2022の男子100mで坂井隆一郎(大阪ガス)が10秒21(±0.0)で優勝した。 大会の目玉となる最終種目は、雨が降る中で選手たちがスタートラインに立つ。そんな悪条件でも坂井は持ち味を存分に発揮した。「雨が降っていても、スタートをしっかり決めることができました」と得意のロケットスタートで飛び出す。そのまま加速に乗るが「後半は少し脚が回らなかった」と坂井。それでも、デーデー・ブルーノ(セイコー)を0.04秒抑えてV。会場を盛り上げる圧巻の走りで、フィニッシュラインを駆け抜けた。 「タイムは狙っていなかったので、優勝できてうれしいです」と言うものの、「それでももう少し(タイムが)欲しかったです」と苦笑い。だが、「ナイトゲームで、観客の方もたくさんいたので楽しめました」と笑顔で締めくくった。 6月の布勢スプリントでは日本歴代7位タイとなる10秒02をマークし、オレゴン世界選手権では初の世界大会ながら準決勝に進出。予選では東京五輪金メダルのラモント・マルセル・ジェイコブス(イタリア)らがいるなか、前半でトップに立つなど「世界でも自分のスタートが通用することがわかった」と収穫を得た。 オレゴンから帰国後は「1週間ほど休養を取って」練習を再開。今回までも「ウエイトトレーニングはやりつつ、いつも通りの練習をしてきました」と言い、今後もさらに「スタートを今後も磨いていきたい」と強化をしていくという。 来年開催されるブダペスト世界選手権の参加標準記録は10秒00。世界へ挑むためには、10秒を切ることが必要となってくる。「世界選手権に出るためにも、9秒台は出さないといけない」と坂井。「(9秒台は)出せると思っていますが、今後の冬季練習をしっかり積むことからだと思っています」と着実に力をつけていくつもりだ。 桐生祥秀(日本生命)が日本人初の9秒台を出したのが、この9.98スタジアム。この舞台で勝ち切ったことをステップに、坂井は日本人5人目の9秒台へ突き進んで行く。

次ページ:

       

RECOMMENDED おすすめの記事

    

Ranking 人気記事ランキング 人気記事ランキング

Latest articles 最新の記事

2024.07.18

三浦龍司が五輪前に自信深めるレース「クオリティーの高いものができている。メダルが大きな目標」/ホクレンDC深川

夏の北海道を舞台とする中長距離のレースシリーズ、ホクレン・ディスタンスチャレンジ(DC)の第4戦深川大会が7月17日に開催され、男子3000m障害の日本記録(8分09秒91)保持者でパリ五輪代表の三浦龍司(SUBARU) […]

NEWS 西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

2024.07.17

西山雄介が東京マラソン以来のレースで日本人トップ 800m・岡村颯太が1分47秒05/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、男子10000mA組はオレゴン世界選手権マラソン代表の西山雄介(トヨタ自動車)が28分08秒53で日本人最上位の4位でフィニッシュした。 3月 […]

NEWS 国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

2024.07.17

国スポの2027年宮崎県開催が決定! 29年の群馬県開催も内定

日本スポーツ協会は7月17日、都内で理事会を開き、2027年(令和9年)の第81回国民スポーツ大会の開催地を宮崎県とすることを決定した。また、29年(令和11年)の第83回大会の開催地が群馬県に内定した。 今年度より、名 […]

NEWS 【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

2024.07.17

【プレゼント】ハーツ&ハーツクリニックの 「メタリックネックレスⅡ2024 IPバージョン(40㎝)」/2024年8月号

独自の「周波数加工®」…「ハーツ加工®」で体内の周波数を整えるハーツ&ハーツクリニックは、同社製品の基本であり最高峰の「メタリックネックレス」から、新たに「メタリックネックレス Ⅱ 2024」、「メタリックネックレス Ⅱ […]

NEWS 五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

2024.07.17

五輪代表・三浦龍司が5000mに出場 13分31秒61で日本人トップ「手応えを得られたのは自信になる」/ホクレンDC深川

ホクレン・ディスタンスチャレンジ2024第4戦の深川大会が7月17日に行われ、パリ五輪3000m障害代表の三浦龍司(SUBARU)が男子5000mA組に出場し、13分31秒61で6位に入った。 今季の三浦は5月以降、海外 […]

SNS

Latest Issue 最新号 最新号

2024年8月号 (7月12日発売)

2024年8月号 (7月12日発売)

W別冊付録
パリ五輪観戦ガイド&福岡インターハイ完全ガイド

page top