月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

棒高跳の原口篤志が7位入賞! 男子4×100mRはトップタイムで決勝進出! 男子200mはアフリファーがテボゴを抑えV/U20世界選手権DAY4


◇U20世界選手権(8月1日~6日/コロンビア・カリ)4日目

U20世界選手権4日目が行われ、男子棒高跳では原口篤志(東大阪大)が5m15で7位入賞を果たした。

2日目の予選を5m20で通過した原口は、決勝で跳び始めの5m15の2回目に成功させると、次の5m25をパスして5m35に挑戦。5m45(U20日本歴代4位)のベストを持つ原口にとっては難しい高さではなかったものの、成功することはできなかった、それでも初の世界大会で堂々の7位入賞だ。

優勝はA.アミラティ(フランス)でU20世界歴代4位タイの5m75をクリアした。

日本勢では池下航和、藤原寛人、舘野峻輝、栁田大輝のオーダーで臨んだ男子4×100mリレーが予選の3組に出場し、39秒12の予選トップタイムで決勝に駒を進めた。

女子1500mでは高校2年生の澤田結弥(浜松市立高・静岡)が4分15秒29のU20日本歴代9位、高校歴代3位の好タイムで予選3組3着に入り、堂々の決勝進出。同種目に出場した柳樂あずみ(名城大)は予選2組で4分27秒81の7となり、決勝に進むことはできなかった。

男子400mハードル準決勝に出場した森髙颯治朗(近大)は自己ベストを0.09秒更新する50秒62で2組3着となり、記録上位のプラスで拾われて決勝へ。小川大輝(東洋大)は51秒22の組5着で準決勝敗退となった。

男子やり投では予選が行われ井上堅斗(九州共立大)と中村竜成(国士大)がそれぞれ69m84、68m88をスロー。ともに記録上位12位に入り、5日のファイナル進出を決めている。

また、男子800mに出場した後田築(創成館高)は1組6着(1分51秒16)、東秀太(広島経大)は3組6着(1分50秒22)で敗退となった。

海外勢では男子200mの決勝が行われ、B.A.アフリファー(イスラエル)が19秒96(-1.0)の大会新で優勝。男子100mで優勝したL.テボゴ(ボツワナ)を同タイム着差ありで下した。

※記事に誤りがあり、訂正しました。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com