月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

ベアーズが女子陸上部創設 日体大OB高柳祐也監督「2年後に突破します」2024年クイーンズ駅伝目指す


提供写真

株式会社ベアーズは4月1日に女子陸上競技部を創設、8月5日に都内で女子陸上競技部「ベアーズカメリア」の創設会見を行った。

家事代行サービスを扱う同社。監督は日体大時代に箱根駅伝総合優勝を経験している高柳祐也氏が就任した。13年からシスメックス、15年からは第一生命のコーチを務めている高柳監督は「チームとして目指せる大会は駅伝しかない。最大限の努力で結果を出して財産にしてほしい」と意気込みを語る。

現在は松井沙樹(神戸学院大卒)、上野璃々花(那須拓陽高卒)、河内彩衣琉(松山大卒)、須田笑瑠萌(大体大浪商高卒)、堀尾和帆(環太平洋大卒)の5人の選手が所属。選⼿全員が幹部候補の正社員で、将来的には同サービスを担当する社員、準社員のマネジメントを⾏うことを⽬指しながら、キャリア形成を図っていく。また、早稲⽥⼤学スポーツ科学学術院⽥⼝素⼦研究室と株式会社スポーツモチベーション(最⾼技術責任者 中野ジェームズ修⼀⽒)の協力のもと身体作りにも力を入れる。

高柳監督は「創部してすぐにプリンセス駅伝を突破できるチームはあまりないですが、24年の突破にこだわります」と目標を掲げた。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com