月刊陸上競技が発信する陸上競技総合Webメディア

吉岡大翔が5000m7位入賞 栁田大輝100m予選通過 やり投辻萌々子は2位で決勝へ/U20世界選手権DAY1


◇U20世界選手権(8月1日~6日/コロンビア・カリ)1日目

U20世界選手権が開幕。初日は男子5000m決勝が行われ、吉岡大翔(佐久長聖高3長野)が14分10秒68で7位入賞を果たした。

レースは1000mを2分59秒、2000mを5分58秒で通過し、スローな展開。そこからペースが上がり、3000m8分46秒、4000m通過は11分31秒となった。先頭集団につけていた吉岡は9位で残り1周へ。そこから2人を抜いて、日本選手団今大会初入賞を決めた。U20日本記録保持者の佐藤圭汰(駒大)は3800m過ぎに先頭集団から離れ、14分26秒19で11位だった。2人は3日の3000m予選にも出場する見込み。

男子100m予選では8組に栁田大輝(東洋大)が登場し、10秒24(+0.8)で2着に入って準決勝進出。4組の藤原寛人(中大)は10秒41(+1.7)で2着通過した。なお、栁田に先着したのはマレーシアのM.A.ファーミで10秒09をマーク。前回覇者でU20世界記録(9秒94)保持者のL.テボゴ(ボツワナ)が、向かい風ながら大会新の10秒00(-0.6)で駆け抜けた。

女子やり投予選は、辻萌々子(九州共立大)が通過記録54m50を上回る56m07を放って全体の2位。村上碧海(日体大)は52m38にとどまったものの、全体8位の記録で、2人そろって決勝に進んだ。

この他、男子110mハードル予選では3組の阿部竜希(順大)が14秒10(+1.6)で4着。4組の真名子凌成(福岡大)が14秒70(+0.2)で6着に終わった。男子1500m予選2組に出場した間瀬田純平(早大)は3分52秒25で10着。男子走幅跳予選(通過記録7m80)はA組の渡邉希(筑波大)が7m32(+0.4)で9位。B組の北川凱(東海大)は7m54(-0.3)で7位に終わり、決勝進出はならなかった。

DAY2は午前セッションが日本時間2日22時30分、午後セッションが同3日4時50分に競技開始。男子100mの準決勝と決勝、男子400m予選、女子やり投決勝などが行われる。

o

月刊陸上競技最新号

WordPress Theme NATURAL PRESS by WEB-JOZU.com